スターカードローンは、インターネットで契約が完結し、24時間いつでも申込みができる銀行カードローンなので多くの方が利用している人気の高いカードローンです。

しかし「スターカードローン」の返済延滞はご法度です。

当記事では返済期限を守れなかった場合に起こることと、どうしても返済が難しい時の対策をご紹介します。

詳しくは本文にて解説しているので、より詳しく知りたい方はこの記事をしっかりと読んで対策してください。

スターカードローンの返済遅れは1日でも危険ですか?
どのカードローンでも言えますが、返済遅れ1日でも危険です。遅延損害金という罰金を課されたり、返済に遅れた記録が何年もつきまとう可能性があります。
返済を遅れた記録が残るとどうなりますか?
スターカードローンを含むすべてのカードローンの利用ができなくなったり、限度額を減らされる、スマホの分割払いを断られる、住宅ローンやマイカーローンを組めないなどの事態になり兼ねません。
どうしてもスターカードローンの返済ができない時はどうすればいいですか?
当記事で4つの対策をご紹介します。

スターカードローンの返済延滞は1日でも 将来に悪影響! ?

銀行系カードローンを利用すると、毎月決まった期日までに月々の返済を行う必要があります。

返済方法には、口座引き落としのように自動的に銀行口座から引き落とされる場合には、返済日前に口座確認をするだけでよいですが、カード返済などの場合には期日までにATM返済や振込返済などで返済することになります。

スターカードローンの返済方法は、自動引き落としなので返済日時点の口座残高を意識しておく必要があります。

しかし、稀にうっかりミスで残高不足で引落ができない場合や、中には返済に窮するようになって返済できないというケースもあるでしょう。

毎月の返済日までに定められた返済額を返済できない場合には、契約時に決められている遅延損害金を支払う必要があり、遅延損害金の金利は借入金利よりも高い金利となっていますので相応の損害金を加算して返済することになります。

借入残高にもよりますが、うっかり忘れの場合の1~2日程度の遅延であればそれほど高額な金額にはなりませんが、毎月繰り返して遅延しているようなことになると結構な金額となってしまいますので要注意です。

銀行カードローンとは言え、無担保ローンの場合には借入金利も決して低いものではありませんので、出来るだけ無駄な利息は支払わないようにしなければなりません。

注意しなければならないのは、銀行カードローンの場合には、例え1日や2日の遅延であったとしても個人信用情報(通称ブラックリスト)に記録が残ってしまうということです。

中には、たかが1日や2日では信用情報には残らないだろうと勘違いしている人も多いのですが、銀行カードローンの全国銀行協会(JBA)の個人信用情報では例え1日の遅延であってもしっかりと記録として保存されることになります。

厄介なのは、この全国銀行協会(JBA)の個人信用情報の記録が素損されるのは5年間ということになっており、うっかり忘れが理由であったとしても例外なく5年間延滞記録が付いて回ってくるということです。

これは、事前に銀行カードローン会社に連絡して、1日遅れで返済しても、銀行カードローン会社から返済の連絡が来ることはありませんが、個人信用情報には1日遅れということが記録として残ることになります。

もちろん、人間である以上は誰しもうっかり忘れが1度くらいはあっても珍しいことではありません。

1回の延滞があったとしても後日にきちんと完済されているようなケースではそれほど不利にはなりませんが、何回も延滞を繰り返しているような場合には利用が制限されたりすることもあります。

では、次に個人信用情報にスターカードローンへの返済延滞の記録が残ると起こる事を具体的に解説していきます。

返済延滞記録が信用情報に記録されると起こることは?

スターカードローンの延滞が記録されることで、以下のような様々な不利益を被る可能性があります。

1~2回のうっかり忘れで、その後はきちんと返済しているケースや、事前に遅れることを連絡してその後に返済している場合には、現在利用している銀行カードローンについては利用制限を受ける可能性は低いです。

しかしどこの銀行カードローンでも言えるのが、延滞していると情け容赦なく利用制限がかかってきます。

まず、度々延滞しているケースや、あるいは数日だから連絡しなくても良いだろうと判断して延滞した場合には、いきなり利用限度額が減額されてしまうようなことにもなりかねません。

延滞が長期間にわたる場合には、最悪利用停止となったりしますので、枠が空いてももはや新規の借入はできなくなってしまいます。

また、全国銀行協会(JBA)の個人信用情報を確認されると、延滞記録が確認されてしまいますので、他の会社のカードローンやクレジットカードの利用に影響が出る可能性もあります。

特に、メガバンク系の場合にはグループ企業間の情報は共有されるでしょうから、グループ企業のクレジットカード利用などにも影響することも考えられます。

言うまでもなく、新規でカードローンやクレジットカードを発行する際には、必ず審査が実施されますので少なくとも延滞している事実を確認されることになります。

場合によっては既に契約しているカードローンやクレジットカードの利用まで停止されたり限度額を減額されることになります。

カードローンやクレジットカードの審査は、総合的な判断で行われます。

仮に延滞記録が確認されたとしても、それを上回るような信用力(収入、勤務先、他のカードの利用状況など)が良ければ問題なく審査に通る場合もあります。

しかし、延滞記録が確認されたうえに多重債務状態などの信用力が弱い状況にある場合には悪い影響を及ぼす可能性が高くなります。

もっと状況が悪い例として挙げられるのは、スマホの機種の分割払いを断られたり、住宅ローンやマイカーローンを組めないケースです。

そうなって来ると、普通の社会人としての生活ができなくなります。

カードローンだけでなく、クレジットカードも使えない、スマホも分割払いできない、住宅ローンやマイカーローンを組めない状況を想像すると怖いですね。

これからの人生で起こることに現金で対応しなければならにのは非現実的な方が多いと思います。

思いがけない病気やケガ、事故などに備えてカードローンやクレジットカードの利用は制限されずに生活したいですね。

ここからは返済延滞をしないための対策を解説していきます。

返済が難しい方、既に返済を延滞していまっている方必見です。

スターカードローンの返済を延滞しないために今すぐにやるべき事

このように、スターカードローンを延滞すると遅延損害金以外にも様々な不利益を被ることになります。

返済がちょっと厳しい場合に考えられる返済延滞対策にはどのような対策が考えられるでしょうか。

対策1:親兄弟、友人などから短期間だけお金を借りる

親兄弟や友人がいる場合には給料日には必ず返すという約束で1回だけ頼んでみましょう。

忘れてはならないのは無担保ローンの返済金のための資金ということで、なるべくなら親兄弟などのように無利息でお金を貸してもらえる人から借りることが重要だということです。

一般的には高金利であるカードローンの返済金のために新たに高い金利の借金をしてしまうようでは、将来的に完済することは難しくなってきます。

また、いかに親兄弟や親しい友人であったとしても、金銭問題から人間関係が崩れることは多々ありますので、依頼するのは最低限度としてしっかり返済しなければならないということを忘れてはいけません。

対策2:スターカードローンで追加で借入する

スターカードローンの枠が空いている場合には、返済日前に事前に追加で借り入れをするのも手です。

この方法は、一時しのぎ以外の何物でもありませんので、次の給料日などでは新規借り入れ分を必ず返済しておく必要があります。

延滞するよりはましですが、この方法は自転車操業を繰り返すことになり、返済しても返済しても借入残高が減少しないということになります。

対策3:クレジットカードの現金化

クレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法もあります。

通常、金券はクレジットカードで購入することはできませんが、新幹線の回数券やアマゾンギフト券などいくつかの商品券などについてはクレジットカードで購入できる場合があります。

これを金券ショップなどで売却することで現金化するという方法で、新幹線の回数券などは需要も多く、90%以上の換金率で現金化するここも可能です。

ただし、この方法は、クレジットカード会社との契約時に禁止行為として記載されていますので、現金化が発覚した場合にはクレジットカードの利用停止や一時利用停止となることもあり得ますのでおすすめはしません。

対策4:プロミスの30日間無利息サービスを利用する

前述のように、カードローンの返済額のために借金することは利息の二重払いとなるためタブーとなりますが、同じカードローンでも無利息で利用できる場合には話が異なります。

三井住友銀行グループのプロミスでは、はじめての利用者に限って、借入日から30日間の無利息サービスが提供されます。

つまり、30日間は無利息でお金が借りられるわけですから、スターカードローンの返済額のために借り入れたとしても利息の二重払いにはなりません。

プロミスはメガバンク系のカードローンとは言っても、銀行カードローンではなく貸金業者のキャッシングサービスとなりますので総量規制の適用を受けます。

複数社からの借入があっても総量規制枠内(年収の3分の1)であり、しっかりと返済していれば問題なく借り入れが可能となります。

■プロミスカードローンをおすすめする理由

  • 30日間無利息サービスあり(申込時にメールアドレスとWeb明細登録必須)
  • 50万円以下なら収入証明書不要で手間が少ない
  • 3項目入力で3秒お借入診断可能
  • Web契約なら最短即日融資可能

※ お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス