徳島銀行カードローン「ささっとカードローン」は、急な事故や入院・冠婚葬祭などに非常に便利で人気が高いカードローンです。

そんな地元に愛される徳島銀行カードローン「ささっとカードローン」ですが、返済延滞は絶対にしてはいけません

当記事ではその理由と返済額を捻出するための対策を分かりやすくまとめました。

詳しくは本文にて解説しているので、より詳しく知りたい方はこの記事をしっかりと読んで対策してください。

徳島銀行カードローン「ささっとカードローン」の返済延滞は何日までできますか?
カードローンの返済日は絶対厳守です。万が一1日でも返済延滞をしてしまうと、遅延損害金を請求されます。遅延損害金は返済が返済日から遅れた日数分高くなるペナルティのことで、利率は18.0%と高いです。さらに、あなた自身の信用情報に返済延滞の記録が残り、日本全国の金融機関にもその事実は知られてしまいます。
信用情報に記録が残るとどうなりますか?
他社カードローンの利用ができなくなったり、徳島銀行カードローン「ささっとカードローン」の利用を停止されたり、限度額を減らされたりと様々なシーンで不利益を被る可能性があります。
どうしても返済できない時はどうすればいいですか?
当記事で4つの対策をご紹介します。

徳島銀行カードローン「ささっとカードローン」の返済延滞は1日でも将来に悪影響!?

返済延滞を行うと以下の2つの悪影響が考えられます。

悪影響1:遅延損害金がかかる

銀行カードローンの返済を延滞すると、それに伴って遅延損害金がかかるようになります。

遅延損害金とは、簡単に言えば借入額に対して返済が遅れている分だけ、より高い利息がかけられるようになってしまうというペナルティのようなものです。

借入額は、いずれ返さないとならないものであることは間違いありません。

どうせいずれ返すのであれば、トータルで返す金額は少しでも安くなった方が良いはず。

でも、遅延損害金が発生してしまうと、それによって最終的な支払い金額も高くなってしまうんです。

だから、できれば遅れないように返すのが一番ですね。

悪影響2:信用情報に傷がついてしまう

また、返済を延滞してしまうことで、もう一つ大きな問題が起こります。

それが、信用情報に傷がついてしまうということです。

つまり、「この人は返済を延滞したことがある人だよ」という情報が、共有されてしまうようになるのです。

そういう情報が共有されてしまうと、様々な問題が生じてきます。

次に、どのような問題が生じるかを解説していきます。

徳島銀行カードローン「ささっとカードローン」の返済延滞の悪影響2つ

  1. 遅延損害金が発生してしまう
  2. 信用情報に記録が残ってしまう

信用情報に傷がつくと起こる事

信用情報に傷がついてしまうと、以下のような問題が生じてきます。

①カードローンやクレジットカードの審査に悪影響を与えてしまう

まず挙げられるのは、これから先クレジットカードにしてもカードローンにしても新たな借り入れをするのが難しくなってしまうということです。

それは、ちょっと想像すればわかるものです。

「この人は返済を延滞したことがあります」

ということが明記されているのに、その人を信頼してお金を貸すことができるでしょうか?

それはやっぱり厳しいです。

確かにお金を貸す側からしてみれば、とにかくたくさんお金を貸して、その利息で儲けていきたいと思うものです。

しかし、どれだけたくさんお金を貸しても、それが戻ってこないのであれば利益にはなりません。

だから、信用情報に傷がついている人にはお金を貸してもらえなくなるのです。

それは、今は別に困らないかもしれませんが後々にすごく困る可能性は大いにあります。

②「ささっとカードローン」のカードローンの限度額が下がってしまう

徳島銀行カードローン「ささっとカードローン」の限度額を急に下げられてしまう可能性があります。

特に審査が厳しくなりがちな銀行カードローンでは、よりそういうことが起こりやすいです。

限度額がいきなりられてしまうというのは、すごく困るものです。

たとえば、何かの支払いをする際に、その銀行カードローンの借入を当てにしていたとします。

そしてコンビニのATMなどに行きました。

そしてそこでいざ借入をしようとしたら、限度額が下げられてしまっていて借り入れることができなくなってしまっていた。

もしそんなことになったら、間違いなくものすごく焦ります。

そのような状況に陥らないためにも、返済を延滞しないで適切なペースで返済していくとはとても重要なのです。

③カードを使えなくなってしまうことも

返済を延滞して信用情報に傷がついてしまっていると、最悪の場合徳島銀行カードローン「ささっとカードローン」を使えなくなってしまうこともあります。

この人はお金を貸してもきちんと返してくれない人だと思われたら、「やっぱりこの人に貸すのはやめよう」と判断されても仕方ありませんね。

返済を延滞すると、新規の借入ができなくなってしまうことになるんです。

つまり、限度額が0の状態にされてしまうというわけです。

たとえそうなっても、いきなり全額を返せといわれるわけではありません。

少しずつ返済していくということには変わりはありません。

でも、今返済を延滞してしまっている人が新規の借り入れなしで生活していけるかというと、それはちょっと厳しいものです。

そして、こうしてカードの利用を停止されてしまっている中で、さらに返済を延滞してしまっていたら、今度はもう一括で今ある借入残高をすべて払えといわれてしまう可能性もあります。

それはもっと無理でしょう。

このように、カードの返済を延滞して信用情報に傷がついてしまうと、そのせいでどんどん生活が圧迫されていくことがあります。

だから、返済の延滞はなんとかして阻止しないといけません。

信用情報に傷がつくと起こる3つのこと

  1. カードローンやクレジットカードの審査が厳しくなる
  2. 「ささっとカードローン」のカードローンの限度額が下がってしまう
  3. 「ささっとカードローン」の利用を停止される

返済延滞対策はコレ!今すぐにやるべき事まとめ

では実際に返済を延滞しそうな時、あるいはもうすでに今延滞してしまっているけど少しでも早く返済したいという時には、どうしたら良いでしょうか?

すでに返済を延滞してしまっていたとしても、1日でも早く返せば何とかなる可能性はあります。

だから、少しでも早く返していきたいものです。

そのためにできることは、大きく分けて4つあります。

できること1:不用品をとにかく売る

返済を延滞しそうなときや、すでに返済を延滞してしまっている時には、とにかく手元に現金を作ることが大切です。

それも、スピーディーに。

ではどうすればそれができるのでしょうか。

すぐにお金が欲しいと思ったら、とにかく要らないものを集めて売りましょう

例えば服などは、

「これはまずまず高いブランドのものだけど別になくてもいいなぁ」

と思うようなものがたくさんあるのではないでしょうか?

カバンや靴やアクセサリーなどもしかり。

なので、そういうものを集めて売るのです。

そういうものをいくつか売るだけでも、2万円くらいは売り上げることがあります。

もちろんもともとの値段にもよりますが。

もし売れる服がないのであれば、電化製品でもなんでも良いです。

とにかく売れそうなもの、そして不要なものを探してみてください。

この時大切なのは、どこで売るかです。

より高く売れるのはメルカリやオークションですが、そこでは売れるまでに時間がかかることがあります。

だから、より早くお金が欲しいなら、一般的な電化製品買取店や洋服買取店の方が良いことがあるんです。

どちらを選ぶかは、自分に残されるている時間で選ぶと良いでしょう。

できること2:家族や友達に借りる

手っ取り早くお金を用意するには、借りるという選択肢もあります。

例えば友達や家族に借りるのです。

銀行カードローンの返済は、せいぜい1万円から2万円くらいであることが多いのではないでしょうか?

高いとしても5万円を超えることはそうそうありません。

そして、5万円以下くらいの金額であれば、本気でお願いすれば貸してもらえるかもしれません。

だから友達や家族に借りるという方法もありです。

ただこれは関係性が崩れてしまう可能性もあるので、その点には注意しないといけません。

できること3:日払いのバイトをする

どうしてもすぐにお金が必要ならば、日払いのバイトをするというのも手です。

夜勤であれば、翌日の日中に給料がもらえたりするものもあります。

そして夜勤であれば給料もまずまずはずみ、1日で1万円くらいは稼げる仕事も珍しくはないです。

だから急ぎでお金が必要でも対応できることはあります。

しかし、この方法はいつも使えるわけではないです。

いつも都合よく条件の良い日払いバイトがあるわけではないですから。そこがネックになります。

できること4:プロミスの30日間無利息サービスを使う

プロミスでは、30日間であれば無利息でお金を借りることができます。

つまりプロミスで借りて、30日以内に返せば、友達や親から借りているようなものになるのです。

プロミスでは銀行カードローンなどの複数社で借入をしていても、それをきちんと正しいペースで返済中でかつ借入合計額が総量規制にさえ引っかからなければ、借入をすることもできるんです。

つまり、プロミスの30日間無利息サービスを利用する方法は効果的であることは間違いありません

徳島銀行カードローン「ささっとカードローン」の返済期日を守れないと、遅延損害金の支払いは発生する上に信用情報に記録が残り、日本全国の金融機関にその情報を知られてしまいます。

そして信用情報に記録が残るとカードローンやクレジットカードの利用ができなくなり、「ささっとカードローン」の利用停止や限度額を減らされるなどの不利益が発生します。

そうなると、急な事故やケガ、入院時に現金で対応しなければいけなくなります。

すべての事態を現金で賄うというのはとても難しですね。

そのような事態にならないように、すぐにこれらの方法で対応しましょう。

■プロミスカードローンをおすすめする理由

  • 30日間無利息サービスあり(申込時にメールアドレスとWeb明細登録必須)
  • 50万円以下なら収入証明書不要で手間が少ない
  • 3項目入力で3秒お借入診断可能
  • Web契約なら最短即日融資可能

※ お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

promise