「住宅ローンを組みたいけど、審査落ちが心配」

「過去にカードローンの返済遅延をしたことがバレないか心配」

当記事では、カードローンの返済遅延をした場合住宅ローンは組めるのか解説していきます。

カードローンの返済を遅延した場合住宅ローンは組めない?

カードローンの返済を遅延した人が住宅ローンを組むことは不可能ではないですが、非常に難しいです。

カードローンの返済状況は「信用情報機関」に全て登録されています。

「信用情報機関」は利用者がどのようにお金を借り入れどのような返済をしてきたのか、滞納や遅延をしたことがあるのかという信用情報を管理する役割を担っている民間企業です。

全ての金融機関はこの「信用情報機関」と繋がっています。

利用者がローンの申し込みや借り入れや返済をすると、その情報は全て信用情報機関に送られます。

住宅ローンを組む際に金融期間はこの「信用情報機関」から情報をチェックし、利用者が過去に借りたお金をきちんと返済してきたか確認します。

そのため返済事故(遅延や延滞)を起こした人は、「信用情報機関」を通じて全ての金融機関にバレてしまいます。

過去に返済事故を起こした人には、金融機関は融資したくないでしょう。

友達に借りたお金を返さない人は、信用がなく誰もお金を貸さなくなるのと同じです。

信用情報機関に事故情報が載っていると、ほとんどの場合ローンの審査には落ちることになります。

住宅ローンは融資する額が大きく「この人はきちんと返してくれる」という信用がなおさら必要なので、事故情報の載っている人は審査に極めて通りにくくなります。

住宅ローンは様々な要因をトータルで判断して審査をしているので、高収入で信頼できる職業についているというケースでは審査に通る可能性はあります。

しかし、平均的な収入と平均的な安定性の場合審査に通ることはほとんどありません。

審査に少しでも通りやすくするためには、審査の比較的緩めな金融機関を選ぶという選択肢があります。

ここには注意点が一つあります。

審査の緩い金融機関はその分金利が高いため、払えなくなって事故情報がさらに増えてしまったら元も子もありません。

金利を低く抑えるためには、頭金を多めに用意しておいて出来るだけ融資額を減らすと効果的です。

住宅ローンを組むためには、今ある借金(クレジットカードの支払いやスマホの分割払いを含む)を確実に行い、信用情報機関に事故情報が記録されないよう細心の注意を払うことが何より大切なのです。

  • カードローンの返済遅延をした場合、住宅ローンを組むのは非常に難しいと言えます
  • 信用情報に事故情報(遅延や延滞)が載っているとローンの審査に落ちる可能性が高いです
  • 審査が緩いといわれている金融機関は金利が高いなどのデメリットがあります

信用情報を自分で確認できる

信用情報は自分で確認をすることができます。

思い当たる返済遅延などがある方は確認してから住宅ローンを申し込むことをおすすめします。

実は〇年経過していれば過去の遅延はバレない

実は、信用情報機関に登録されているデータは永遠には残りません

一般的に返済遅れや任意整理は5年後、個人再生や自己破産は10年後にデータが消去されます。

信用情報機関に登録されたデータは時間経過以外で消すことは決してできないため、事故情報のある人が住宅ローンを組む際はこれだけ長い間我慢をしないといけないのです。

事故情報が消えれば金融機関にバレることはなくなりますが、すぐに審査に通るようになることはありません。

返済事故を起こして信用情報機関に記録が残るとローンが組めず、クレジットカードも使えないためデータが消去されるまでの長い間返済の記録が積み重なりません。

そして一定期間経って事故情報が消去されると、信用情報はまっさらになります。
(これを一般的に「ホワイト」といいます)

実はこの状態のまま住宅ローンの審査を受けても、高確率で落とされてしまいます

「ほとんどの人がクレジットカードを持っているのに信用情報が真っ白なのは今時珍しい」と怪しまれ、「返済事故を起こしてカードやローンが使えなかったからだ」と疑われてしまうのです。

事故情報が消去された後で住宅ローンの審査に通りやすくするためには、スマホの分割購入や審査がゆるめのクレジットカードで信用情報(クレジットヒストリー)を作ってからにすることをおすすめします。

過去にクレジットカードを作ったことがない現金主義者も同じく疑われやすいため、クレジットヒストリーを積み上げてから住宅ローンを組むと良いでしょう。

  • 信用情報の記録は永遠には残りません
  • 遅延などは5年、自己破産などは10年で消えます
  • 事故情報が消えた後にすぐに審査に通るというわけではありません

妻が遅延をした場合、夫は住宅ローンを組める?

自分がきちんと支払いをしていても、家族がカードローンの支払いを遅延したら住宅ローンは組めないのではないか。

そんな心配がありますよね。

結論から言うと「本人名義の住宅ローンなら、審査に悪影響を及ぼすことはありません」。

妻がカードローンの支払いを遅延すれば妻本人の信用情報には傷がついてしまいますが、夫の信用情報には何の影響もありません。

ただし連帯債務やペアローンが使えないため、夫単独名義の住宅ローンを組むしか選択肢はなくなります。

購入した自宅は夫婦共有名義ではなく、夫名義になります。

一方、妻がカードローンを使っていても遅延せずきちんと支払っていれば共有の名義で住宅ローンを組む時にプラスになります。

ただし、妻が現在進行形でカードローンを使っている状態のまま住宅ローンに申し込んでしまうと審査には不利になってしまいます。

「カードローンの返済もしなければいけないのに、住宅ローンまで返済していく余裕がないのではないか」と思われてしまうのです。

また、返済が終わっていても借入枠が残っていると「いつでも借りられる」という状況であるため「現在もキャッシングをしている」と見なされてしまうことがあります。

  • 自分以外の家族がカードローンの返済遅延をしても自分の名義で住宅ローンは組むことが可能です
  • 妻が返済遅延をした場合、夫婦共有名義ではなく夫名義となる
  • 妻が現在もカードローンの借り入れがある場合は住宅ローンの審査は不利になる確率が高いです

たった1日の遅延なら影響はない?

厳しい金融機関では、「当日に支払ったものの銀行の閉まる15時に間に合わなかった」というケースでも遅延として扱われ、信用情報に傷がついてしまいます。

たとえ、たった1日の遅延でもカードローン会社の記録には「遅延」と残ります。

これを信用情報機関に登録するか否かは会社の判断次第です。

1日かつ初犯であれば「単なるうっかり」と見なされることが多いですが、銀行カードローンは厳しく1日の遅れでも信用情報に残ってしまいます。

もし遅延の情報が記録されてしまえば、住宅ローンを組む金融機関が信用情報をチェックした時に印象が悪くなることには変わりありません。

いくら注意していても、人間なら誰でも失敗はあります。

うっかり遅延してしまった時に信用情報機関への登録を避けるためには、迅速かつ誠実な対応が何より大切です。

まず、必ず金融機関から連絡が来る前にこちらから連絡するようにしましょう。

低姿勢で「申し訳ない」という思いを伝えつつ、払う意思があったことを必ず伝えましょう。

改めて支払いの約束をした後は、必ず期限通りに支払いましょう。

ベストな選択は、電話をした直後に支払うことです。

ただし、これはあくまでも緊急措置です。

「支払いは1日たりとも遅れない」

この心構えが何より大切なことには変わりありません。

  • たった1日の遅延でも記録に残ります
  • 遅延してしまったときは、こちらから連絡しすぐに対応することが重要です

事前の連絡をしても遅延記録は残る?

事前に連絡したとしても、返済日に払えなければ遅延の記録が残ることには変わりありません。

あくまでもカード会社が理解してくれたというだけのことであり、支払えなければ記録が信用情報に残ってしまい住宅ローンの審査でマイナスになります。

ただし、事前に連絡することで「今月は利息分だけ払い、元金分は待ってもらう」ことが可能なケースがあります。

俗に言う「ジャンプ」ですね。

カード会社としては「利息分さえ払ってくれれば催促はしない」「支払いさえしてくれれば信用情報には登録しない」という考え方なので、お金が足りなくて払えない時には相談してみる価値があります。

当然ですがこの方法は「支払わなかった元金分は減らない」というデメリットがあるため、出来る限り毎月きっちりと支払いましょう。

  • 事前に遅延の連絡をしても記録に残ります
  • ただ事前に連絡をすることで、利息分の支払いだけで済むケースもあります

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • カードローンの遅延をした人が住宅ローンを組むのは非常に難しいです
  • カードローンの返済状況は信用情報に記録されています
  • 信用情報は自分で確認できます
  • 信用情報は永久に残るわけではありません
  • 事故情報が消えた瞬間に審査に通りやすくなるわけではありません
  • 自分以外の家族の信用情報は自分名義の住宅ローンの審査には影響しません
  • たった1日の遅延でも信用情報には記録が残ります

遅延をして良いことは1つもありませんね。

金融機関はルール厳守です。

必ず返済日を守って、計画的にカードローンを利用しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。