• マンションの更新費が足りない
  • 引っ越しと更新どちらが経済的?

住宅の更新費用は払えない。

でも住民票を移したり、光熱費の契約、引越し業者とのやり取り、荷造り、、、引越しは考えただけでも面倒ですね。

当記事では、賃貸更新費用が払えない場合の対処法を解説していきます。

マンションの更新費用とは?払う義務はあるの?

マンションの更新費用とは、住まいを賃貸している場合に2年毎に発生する契約上支払いの義務がある費用のことを指します。

更新費用を支払うのは実はもともと関東と東海、関西の一部だけの風習で法律上は支払う義務はありませんでした。

しかし、近年は住み始めの契約で2年ごとの更新料の支払いを約束していることが多いです。

なので更新のお知らせが来て、「更新料なんて支払う義務あるの?」なんて騒いでもダメですよ。まずは契約書を確認してみましょう。

マンションの更新費用とは?払う義務はあるの?

更新費用とは、2年ごとの契約時に支払うお金です。たいていの場合は契約時に更新費用を支払うことを約束しています。(支払う義務があります)

延滞料は発生するの?

延滞料は契約している内容によって異なります。

延滞事態が許されない場合もあるので、契約書や大家、管理会社に確認をしてみましょう。

更新費用の相場

賃貸の更新費用の相場は家賃1ヶ月分~1.5か月分です。

もちろん毎月の家賃も支払わなければならないので、計2~2.5か月分の支払いが発生します。

もし家賃が10万円の場合は2年に1度、20万円~25万円の支払いをしなければなりません。

しかし、家賃の2か月分ともなると支払いができない方は少なくありません。

更新費用が支払えない場合はどうなるのでしょうか?

更新費用の相場

家賃1ヶ月分~1.5か月分が一般的です。

更新費用が支払えない場合

更新費用の支払いができない場合、まずは大家や管理会社に相談をしましょう。場合によっては分割や割引をしてもらえます。

しかし、多くの場合は退去を命じられます。そうなると引越しをせざるを得ませんね。

更新費用が支払えない場合

大家や管理会社に相談しましょう。

引っ越しは大変

引っ越しは非常に体力を使います。そして以下のようなリスクがあります。

  • 通勤、通学経路が変わる
  • お金がかかる
  • 生活環境が変わる

通勤や通学を考慮するとなると、電車の混雑具合なども気になります。

そして引越しにはお金がかかります。引越しにかかる相場は10万円~40万円です。更新料の方が安い方が多いのではないでしょうか。

そして生活環境も変わります。行きつけの飲食店、スーパーやコンビニ。さらには隣人がどんな人かも分からない場所に引っ越すというのは様々なリスクがあります。

これらを思うと、更新費用が支払えないので引越しするというのは現実的ではありませんね。

引っ越しは大変

更新費用が支払えないから引っ越すという選択は現実的ではない。

どうしても支払えない場合にすべきこと

まずは、更新費用の支払いにいくら足りないのか計算しましょう。きちんと計算して数字を出すと、あまたの中でスッキリ整理されて落ち着いた判断ができます。

そしていくら足りないかによって対処は異なってきます。

全額支払えない場合もなんとかなる可能性はあります。現実から目を背けてはいけません。現実をしっかり見て対処して解決しましょう。

どうしても支払えない場合にすべきこと

まずは更新費用の支払いにいくら足りないのか計算しましょう。

更新費用を工面する対処法

更新費用を工面する対処法として、以下の4つがあります。

更新費用を工面する4つの対処法

  1. メルカリやヤフオクで所持品を販売
  2. 親戚や友人に借りる
  3. 短期バイトをする
  4. カードローンを一時的に利用する

それぞれ解説していきます。

1.メルカリやヤフオクで所持品を販売

非常に価値の高いコレクションを保持している場合などは、この方法ですぐにお金が入ります。

ただ、売れるかどうかわかりませんし、登録や発送など面倒に感じる方はいるでしょう。

2.親戚や友人に借りる

当サイトで一番避けて頂きたいのがこの方法です。

お金で人間関係は簡単に壊れます。きちんと契約書を作成してもトラブルが起こる可能性があります。しかもお金を借りている事実を周りにバラされる可能性が付きまといます。

この方法を選択する場合は慎重に行いましょう。

ただ、利息や支払期限については融通がきく可能性があるのはメリットですね。

3.短期バイトをする

それなりの金額を稼げて誰にも迷惑をかけない方法が短期バイトです。

しかし、既に働いている方は副業をするということになるので業務規則に違反しないか、体力的に可能なのかが問題です。

しかも、短期バイトの収入がいつ入るのか、更新費用の支払い期限に間に合うのかも確認しておきましょう。

特に業務規則に違反して職場に居られなくなるような事態は絶対に避けましょう。

甘く見ていると痛い目に遭います。

4.カードローンを一時的に利用する

誰にも迷惑をかけず、知られずにまとまったお金を手に入れるのにベストな方法が”カードローンを一時的に利用する”です。

大手カードローンなら30日間、利息なしでお金を借りられるサービスがあります。

借入も銀行振込やコンビニのATMで行えるので周りの人に知られずにスムーズです。

カードローンを利用し、自分のペースで返済すれば引越しなど面倒なことをせずに現状を維持できます。

プロミスの無利息サービスなら30日間利息なし

有名芸能人のCMでお馴染みのプロミスなら誰もが知っていると思います。

プロミスの無利息サービスならメアドの登録とWEB明細の利用で30日間利息がありません。

つまり、一時的にプロミスを利用して更新費用の支払いを済ませ、30日の期間内に返済を済ませれば利息を支払わずに借りた分だけの返済で済みます。

引っ越しや友人・親戚に迷惑を掛けずにピンチを乗り切れます。

■プロミスカードローンをおすすめする理由

  • 30日間無利息サービスあり(申込時にメールアドレスとWeb明細登録必須)
  • 50万円以下なら収入証明書不要で手間が少ない
  • 3項目入力で3秒お借入診断可能
  • Web契約なら最短即日融資可能

※ お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • マンションの更新費用は払う義務がある場合が多い
  • 延滞料は契約によって異なる
  • 更新の相場は家賃の1ヶ月~1.5か月が相場
  • 更新費用が支払えない場合は大家や管理会社に相談しましょう
  • 更新費用が支払えないから引っ越しするという選択は現実的でない
  • どうしても更新費用の支払いができない場合の対処方は以下の4つです
    1. メルカリやヤフオクで所持品を販売
    2. 親戚や友人に借りる
    3. 短期バイトをする
    4. カードローンを一時的に利用する
  • プロミスの無利息サービスなら30日間利息なし

マンションの更新費用は経済的負担が大きいです。しっかり対処してピンチを乗り切りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。