転職をすることによって安定した収入を確保したり、これまで以上に高いモチベーションで仕事を行えるなどメリットが多いです。

しかし転職したばかりはお金に困ってしまう時もあり、カードローンの申込を検討する方もいます。

当記事では、転職したばかりの状態でカードローン審査を受けた時にどのような影響を受けやすいのか解説します。

また少しでも転職後に審査を通るコツも紹介していきます。

転職したばかりの審査は不利?

結論から言いますと転職したばかりのカードローン審査は、不利になるケースが多いです。

その理由として勤続年数がほとんどないので、安定した収入を確保できることを証明するのが難しいからです。

どんなに大手の企業に転職できても勤続年数が短い場合、急に退職する可能性があるのでどうしても敬遠されやすいわけです。

カードローンを行っている銀行やカードローン業者は、安定した収入を確保している方に融資をするために転職直後は影響を受けやすいです。

その他にも転職したばかりのカードローン審査で不利になりやすいポイントが転職回数になります。

これまでに一度も転職したことがなく、以前の職場を長い間勤務していた方はあまり悪い影響はありません。

しかし転職回数が多い方は、転職したばかりのカードローン審査に悪い影響を与えやすくまた転職をする可能性が高いと判断されます。

そのような状況が発生すると返済を遅延する恐れが出てくるので、審査に落とされる確率が高まります。

このように不利な状況になりやすいのですが必ずしも転職したばかりの審査が不利になるとは限りません。

審査基準は各社で異なっている為、あまり悪い影響を及ぼさない場合もあります。

  • カードローンの審査は転職で不利になるケースが多い
  • 審査は勤続年数や安定した収入が重視されます
  • 転職回数も見られます
  • しかし、各社で審査基準は異なるので必ず転職で不利になるとは言い切れません

転職前の会社名で申し込むのはバレる?

少しでも転職したばかりのカードローン審査の悪い影響を避けるため、転職前の会社で申込をする方もいます。

しかし、カードローンを提供している銀行やカードローン会社は、虚偽の申告をしていないかどうか徹底的にチェックしています。

ほとんどのケースでバレてしまうので、もしもバレた場合は虚偽の申告をする人物として判断されます。

審査を通過することが限りなく難しくなるので、転職前の会社名で申込をするのではなく転職後の会社名で申込することが必要です。

転職前の会社名で申込をしてもバレてしまう要因として、在籍確認が関係しています。

カードローンを提供している銀行やカードローン会社は、申込した方がその会社に在籍しているのか電話で確認をしています。

在籍している場合は、申込書類に会社関連のことで真実が書き込みされているのが分かるので審査を引き続き進めていきます。

すでに退職されている場合は、転職前の会社から退職されていることを伝えられるのでどうしてもバレます。

在籍確認を基本的に行っているので、転職前の会社に現状在籍しているのか見極められます。

虚偽の申告をする人物は審査に通ることはほぼありません。

申し込みの際には必ず正しい情報を入力しましょう。

  • 転職前の会社名で申し込むのはバレます
  • 虚偽の申告をすると審査に通ることは難しくなります

カードローンの申し込みは転職先にバレる?

基本的に申込者のプライバシー侵害を発生させないように細心の注意を払っているのが銀行やカードローン会社です。

カードローンの申込をした時、転職先にバレる可能性は限りなく低いので安心して申込することが可能です。

少なからずバレてしまう可能性として、カードローンを提供している銀行やカードローン会社の在籍確認が関係しています。

極力分からないように電話をしてくるのですが電話に対応した転職先の従業員によっては、違和感を感じる可能性があります。

それによってバレてしまう恐れがあるので、念のために注意しなくてはいけません。

どうしても転職先にバレるのが嫌という方は、在籍確認を行わないカードローンを選択することが必要です。

カードローンを提供している銀行やカードローン会社は、会社に在籍しているのか在籍確認を行うケースがほとんどです。

しかしカードローンによっては、在籍確認を行わないで審査を実施するケースがあります。

在籍確認を行わないカードローンを選択することで、転職先に電話をされることは無くなります。

転職先にバレる心配は無くなり、安心して申込ができるので在籍確認を行わないカードローンは高い人気を誇っています。

ただし在籍確認を行わないカードローンは、かなり数が限られていて在籍確認を行わない代わりに審査が厳しくなっている可能性があります。

その他にも審査完了するまでに時間がかかる可能性もあるので、よく確認してから審査を受けなくてはいけません。

  • カードローンの申し込みは転職先にバレる可能性は低いです
  • バレる原因は在籍確認があり得ます
  • 在籍確認が行われないカードローンに申し込みをするのも手段です

転職後に審査に通るコツ

転職後に審査を通過するためのコツを解説していきます。

転職後に審査を通過するためのコツ

  1. 幅広い層をターゲットにしているカードローンを選ぶ
  2. 口コミや体験談をチェックする
  3. 借入希望額を少なくする
  4. 転職先の所得証明書を提出する
  5. 信用情報にネガティブな記録がないか確認する

1.幅広い層をターゲットにしているカードローンを選ぶ

転職後に審査を通過するコツで、比較的幅広い層をターゲットにしているカードローンを選択することが大切です。

カードローンを提供している銀行やカードローン会社によっては、多くの人に利用してもらえるように利用条件を甘めに設定している場合があります。

利用条件をが甘めにしているカードローンを選択すれば、少しでも審査を通過する確率を高められるので重要です。

2.口コミや体験談をチェックする

その為にも転職後にカードローン申込を行った方の口コミや体験談を積極的にチェックしていき、どのカードローンが魅力的なのか判断することが必要です。

カードローン会社によっては、転職後の申込者に対して高確率で審査で落とす場合もあるので要注意です。

3.借入希望額を少なくする

その他にも転職後に審査を通るコツで、借入希望額を限りなく少なくすることも重要です。

基本的に借入希望額が大きくなるほど返済期間が長くなり、相応の返済力や個人情報に問題ないのか細かくチェックします。

そこで借入希望額を少なく申告することで、遅延や滞納の可能性が少なくなるので審査を通過できる確率がアップします。

万が一遅延や滞納をされた場合でも銀行やカードローン会社にとって、少額融資なのでそこまで負担が大きくないです。

転職直後で審査を通過できるのか不安を感じている方は、10万円以下で申込をすることがコツです。

4.転職先の所得証明書を提出する

また効果的な方法として、転職先で獲得した所得証明書を事前に準備して審査時に提出するという方法があります。

転職してある程度の期間しか経過していない場合でも仕事をしているので、ある程度の給料を貰えることが多いです。

その時に貰った所得証明証を提出することで、どのくらいのお金を毎月獲得しているのか証明できます。

カードローンを提供している銀行やカードローン会社は、申込者がちゃんと仕事をしているのか判断することも可能です。

少しでも安心感を与えられるようになり、返済能力が乏しい人物という印象を与えないで済むので効果的な方法です。

5.信用情報にネガティブな記録がないか確認する

もう一つ審査を通過するコツなのが信用情報に問題がないという部分になります。

過去にカードローンやクレジットカードを利用して、返済が滞った方は信用情報にキズが付いている可能性が高いです。

信用情報にキズがある人物は、銀行や消費者金融にとってリスクの高い人物として判断されるので審査に落とされます。

しかし信用情報に問題はない人物は、融資をしても大丈夫な人物として審査時に印象を与えられるので大切です。

特に遅延や滞納をしないで完済した実績がある人物は、転職後にカードローン審査を受けた時も良い影響を与えやすいです。

同じような境遇の方よりも審査を通過しやすくなるだけではなく、利用限度額も高めに設定してもらいやすいです。

このように転職後のカードローン審査は、収入問題や再び転職する可能性などがあるので厳しくなりやすいです。

しかしコツを掴めれば、少しでも転職後のカードローン審査を通過しやすくなります。

  • 転職後にカードローンの審査に通過するためのコツ
    • 幅広い層をターゲットにしているカードローンを選ぶ
    • 口コミや体験談をチェックする
    • 借入希望額を少なくする
    • 転職先の所得証明書を提出する
    • 信用情報にネガティブな記録がないか確認する

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 転職後のカードローン審査は不利になるケースが多いです
  • カードローン審査では勤続年数や安定した収入が重視されます
  • 転職回数も見られます
  • 転職前の会社名で申し込みをするのはバレます
  • 虚偽の申告をすると審査に通ることはほぼありません
  • カードローンの申し込みが転職先にバレる可能性は低いです
  • 転職後にカードローンの審査に通るコツがあります

転職をする前に審査を受けるのが一番のコツかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。