• 思っていたより奨学金の返済がきつい
  • 今月は出費が嵩み奨学金の返済がきつい
  • 滞納したらどうなるの?延滞金は?
  • 差し押さえや取り立てが来るって噂を聞いたけど…

このような状況に陥るのは珍しいことではありません。充実した生活を送っていると、ついお金のサイクルが狂ってしまうこともありますよね。

当記事では、そんな時に役立つ情報をまとめました。奨学金とは?奨学金は滞納できるの?返済できない時の相談先や対処法を解説してきます。

奨学金とは?

奨学金とは学校に通いたいけれど学費のことが心配そんな勉強をしたいと望んでいる学生をサポートしてくれるのが奨学金です

日本には大きく分けて

  • 利息のかからない一種
  • 利息のかかる二種
  • 学時特別増額貸与

合計3種類の奨学金があります

これらの奨学金は2004年に設立された文部科学省所管による行政法人日本学生支援機構によるもので日本全国にある大学短大その他専門学校のほとんどで申込みができます

日本育英会という名を聞いたことのある人も多いと思いますがここで行われていた奨学金事業を引き継いだ形になります

以下3種類の奨学金について詳細を説明します

一種奨学金

一種奨学金の一番の特徴は無利息であることです奨学金がいくら支給されるかは学校の種別」「進学形態によって月々いくらかの額が決まります

肝心の受けられる資格については成績」が基準となり成績が優秀かどうかは明確な基準が設けられていますその基準と家庭の収入状況が合わせて審査され採用されるかが選抜される流れとなります

無利息で本人のやる気を奮い立たせる奨学金ですが私立の大学や専門学校であった場合実際の授業料を賄えるかといえば足りない場合もあるので理解しておくことが必要です

一種奨学金の支給額は以下が一般的です。

自宅通いで国公立の場合

大学 45,000円
短大 45,000円
専門学校 45,000円

自宅外で国公立の場合

大学 51,000円
短大 51,000円
専門学校 51,000円

自宅通いで私立の場合

大学 54,000円
短大 53,000円
専門学校 53,000円

自宅外で私立の場合

大学 64,000円
短大 60,000円
専門学校 60,000円

二種奨学金

二種奨学金とは利息のかかる奨学金で進学先や形態に関わらず月額」で支給されます

これを受けられる資格に成績の基準はなく基本的には家庭の収入基準が審査されてオーバーしていなければOKです

奨学金の返済について利息は上限3%で在学期間には利息はかからない計算なります奨学金の支給を受けている人の7割がこの二種奨学金を受けています

二種奨学金の支給額について3・5・8・10・12万円から選択できますただし私立の医学歯学の場合12万円にさらに4万円を増額可能私立の獣医学薬学の場合12万円にさらに2万円を増額可能

入学時特別増額貸与奨学金

入学時特別増額貸与奨学金とは名前の通り入学した初年度に50万円までの一時金を借りられる利息のかかる奨学金です

一種や二種の資格の家庭の収入基準とはまた異なります

一つ気をつけるべきことは入学時とありますが進学後の支給の奨学金で入学前の入学費などにあてることができません

入学時特別増額貸与奨学金の支給額について10・20・30・40・50万円から選択できます以上が3種類の奨学金の説明となりますが一種と二種の奨学金は併用ができますただし一種と同じ成績基準で家庭の収入基準が一種よりも低くな一般的には支給を受けるのが難しい奨学金です

奨学金は滞納できるの?

勉強したい学生を手厚くサポートしてくれる奨学金ですが近年では奨学金の返済に関する問題がクローズアップされており返済に関する不安を抱いている人も多いでしょう

では実際に奨学金は滞納できるのでしょうか

奨学金は毎月27日に登録してある銀行の口座から引き落とされて返済する方式なっていますよって口座に残高がないと引き落としができず返済ができなくなります

この場合翌月に合わせて引き落としがされますがその間は電話連絡や通知の郵送がされます

よって滞納はできますが滞納している期間によって処置が変わり延滞金の請求もされますのでできるだけ滞納をしないことが大切です

滞納するとどうなるの?

きちんと返済を考えていてもどうしても返済ができなくなってしまうこともあるでしょうもしも奨学金の返済を滞納した場合どうなるのでしょうか

滞納している期間によってのケースを紹介します

1ヶ月返済を滞納した場合

口座に引き落としの額が不足していたそんなうっかりしてしまうこともあります1ヶ月滞納した場合はどうなるのでしょうか

まず10日後くらいに催促の電話がきますのできちんと返済する旨を伝えますもしも電話に出なかったり返済する意思を見せない場合は保証人や連帯保証人へ連絡行きます

電話できちんと対応しなかった場合は奨学金返還の振替不能通知郵送されてきます何かしらの理由で電話に出れなくて返済の意思があった場合は驚いてしまうかもしれませんがまだ慌てなくても大丈夫できるだけ早く振込をして返済をしましょう

1ヶ月の滞納では延滞金がかかることも差し押さえなどの心配もありません

3ヶ月返済を滞納した場合

督促状が来ているにも関わらず返済する能力がなかったり無視しているなどで3ヶ月滞納した場合1ヶ月滞納とはケースが異なり大きなリスクが発生します

まず年5%延滞金が発生します3ヶ月まで延滞金がかからないのではなく滞納している時点からの延滞金になります

無利子の一種の奨学金であっても延滞金はかかりますのでご注意ください次にブラックリスト載ります信用情報機関に金融事故として登録され自分の信用に傷がつきます

その後すぐに滞納を解消したとしても記載されたデータは抹消されず数年残るためクレジットカードが作れなかったりローンを組むことができなくなります

さらに取り立て始まりますこれまで電話や通知だけだった督促が日本学生支援機構から債権回収会社への債権が譲渡されるため、他のローンと同様の督促がされます

9ヶ月返済を滞納した場合

できることならここまで滞納をしてほしくはありませんがもしも9ヶ月滞納してしまった場合裁判所からの通知が届きます

まず支払督促申立書が送られてきますこの申立書は支払いが滞っているので返済できるように計画を立てましょうという内容で裁判所から自宅へ郵送されてきます

この支払督促申立書を2週間放置するとさらに裁判所から仮執行宣言付支払督促申立書が送付されてきますこちらは済の計画に応じないのであれば強制執行をしますが良いですかという最終確認のような内容です

さらに2週間放置すると仮執行宣言付支払督促申立書は裁判所から債務名義へ変更なります

債権を持った側がこの債務名義をもつと財産や給料を差し押さえる権利を持ちこの決定を変えることができませんよって支払督促申立書がきたら速やかに対応することですそれでもどうしても返済できない場合どうすればいいのかといえば同封されている意義申立書を返信することです

一括で支払いができない返済しないのは計算が異なるなどの意義を申立すると強制執行のリスクが減りますので裁判所からの通知が来たら放置しないことこれが一番重要です

滞納する前に相談できるのはココ!

奨学金を借りたのだけど途中でどうしても返済ができなくなってしまった場合滞納するよりも前に相談できるところがあります

奨学金を返済できない場合減額や猶予免除などの各制度がありまた各制度が利用できない場合は債務整理をする方法もあります

大切なことは返済が困難だと判断したら早急に適切なところへ相談すること大切です

奨学金返済が厳しい時の相談先一覧

奨学金返済相談センター 公式サイトへ
NPOPOSSE 公式サイトへ
奨学金問題対策全国会議 公式サイトへ

これらの相談窓口に相談して減額や猶予免除などの各制度に適用するかを確認しましょう

いずれかの制度に適用ができれば特に大きなデメリットはなく不安だった返済について解決策を導けます

減額や猶予免除に適用されなかった場合には債務整理をするために弁護士司法書士に相談することを勧めします

弁護士や司法書士の場合は依頼することで費用が発生することまた債務整理をすることで信用情報に登録されるため5年7年くらいの間クレジットカードを作ったりローンを組むことができなくなりますのでできることなら債務整理にならない段階で対処するべきです

一時的に返済が厳しい場合

「今月だけ返済が厳しい」「もう少ししたらお金が入る」

そんな一時的に返済が厳しい時を乗り切る方法をご紹介します。

奨学金返済が厳しい時の対処法

  1. オークション(メルカリやヤフオク)で所持品を販売する
  2. 親しい人から個人的にお金を借りる
  3. 短期アルバイトをする
  4. 一時的にカードローンを利用する

それぞれ解説していきます。

1.オークション(メルカリやヤフオク)で持ち物を売る

価値が高い物を持っている方は、スムーズに販売ができてお金が入ります。

しかし、思っていたより売れない場合もありますし、登録や発送など面倒に感じる方はいるでしょう。

運が悪いと取引の相手が悪質な行為をとり、お金が入らない可能性もあります。

2.親や友達にお金を借りる

当サイトで一番おすすめできない方法です。

お金の貸し借りで人間関係は簡単に壊れます。厳密に誓約書を作成しても人間関係が壊れることは珍しくありません。しかもお金を借りている事実を周りに話される可能性が付きまといます。

この方法は最終手段にしましょう。

ただ、利息や支払期限については融通がきくのはメリットと言えます。

3.短期アルバイトをする

人間関係を壊さずに、堂々とお金を稼ぐことができるのは短期アルバイトです。

しかし、本業が既にある方は副業をするということになるので業務規則を確認し違反にならない働き方をする必要があります。

また、短期アルバイトは当日払いの場合やお給料日が設定されている場合など現場によって異なります。

特に業務規則に違反して職場に居られなくなるような事態は絶対に避けましょう。職場によっては非常に厳しいので甘く見てはいけません。

4.カードローンを一時的に利用する

誰にも迷惑をかけず、誰にも知られずにまとまったお金を手に入れるのにベストな方法が”カードローンを一時的に利用する”です。

大手カードローンなら約一か月間、利息なしでお金を借りられるサービスがあります。利息なしということは、無駄なお金を支払わずにお金を借りることができるということです。

借入も銀行振込やコンビニのATMで気軽に行えるので周りの人にバレずにスムーズです。

カードローンを利用し、速やかに固定資産税を支払えれば安心ですね。

カードローンには自分のペースで返済すれば問題ありません。

プロミスの30日間無利息サービスがおすすめ

テレビCMでお馴染みのプロミスなら有名です。なので多くの初心者が最初に利用するカードローンと言えばプロミスです。

プロミスには30日間無利息でお金を借りることができるサービスがあります。(申込時にメアドの登録とWEB明細の利用をすることが条件です)

一時的にプロミスを利用して奨学金の支払いを済ませ、30日の期間内に返済を済ませれば利息を支払わずに借りた分だけの返済で済みます。

30日間で返済ができなくても、少しずつ返済を行えば問題ありません。奨学金を支払えないで不安な気持ちでいるより、堂々とカードローンを利用する方が気持ちが楽な方は多いと思います。

■プロミスカードローンをおすすめする理由

  • 30日間無利息サービスあり(申込時にメールアドレスとWeb明細登録必須)
  • 50万円以下なら収入証明書不要で手間が少ない
  • 3項目入力で3秒お借入診断可能
  • Web契約なら最短即日融資可能

※ お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

まとめ

当記事の内容をまとめました。

  • 奨学金には3種類ある
    • 利息のかからない第一種
    • 利息のかかる第二種
    • 前2つとは制度が異なる入学時特別増額貸与奨学金
  • 奨学金は滞納してしまう場合がある
  • 滞納した場合差し押さえや延滞金が発生する
  • 滞納する前に相談先はつある
  • 一時的に返済が厳しい時は単発でカードローンを利用して乗り切る方法がある

裁判所から郵便が来たり、債務整理などの大事に発展する前にカードローンで自力で対処したいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。