• 金欠で車検費用がない
  • 車検を安くしたい
  • 車検費用を捻出したい

当記事では知っているだけで車検を安くできる方法や、車検費用を簡単に捻出する方法をご紹介します。

車検を受けないとどうなるかについても解説していきますので、必ずチェックしてください。

車検をしないとどうなるの?

実は車検は必ず行わなければならないわけではありません。自身の車を車検に出していなくても法に反してはいません。

しかし、公道を走るとなると話は別です。

公道を走るには以下の3つの条件を満たす必要があります。

公道を走る3つの条件

  1. 車検を受ける
  2. 自動車重量税を納める
  3. 自賠責保険料を納める

これらを満たして、公道を走ることが許されます。

もし車検を受けずに公道を走ると違反点数として6点引かれ、30日間の免許停止処分が科されます。

それだけでなく、その後6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金という刑事罰も科されます。

自賠責保険も切れているとするとさらに6点引かれ、1年以下の懲役または50万円以下の罰金の刑事罰が科されます。

さらには重量税を払っていないとなると脱税行為と見なされ、催促や差し押さえが実行される可能性もあります。

しかも悪質な場合は交通刑務所に収監される可能性も出てきます。

車検が切れていると警察にバレるの?

車検が切れている車をただ運転している状態ではバレません。さすがに警察も外側から車検が通っている車かどうかを見抜くのは不可能です。

しかし、事故を起こしたり職務質問されたりの状況では車検切れはバレます。

そして先ほども触れましたが、罰金や刑事罰を科されるといった事態になります。車検切れのレベルによっては悪質と見なされる可能性もああります。

「バレなきゃいい」

という考えは捨てましょう。

車検が切れていると警察にバレるの?

事故などがきっかけでバレます。そしてバレた時は罰金や刑事罰を科されます。絶対に車検は受けましょう。

車検の相場

いざ車検に出してお金が払えないとなると恥ずかしいですし、困りますね。

当記事で車検の相場を知っておきましょう。

車検には法定費用・車検基本料の合計がかかります。

法定費用とは

自賠責保険・重量税・印紙代の合計金額でどこで車検を受けても変わりません。車種や車両重量、車検有効期間によって金額が異なります。

自賠責保険・重量税・印紙代はそれぞれいくらになるのか解説していきます。

自賠責保険の金額(2018年4月時点)

2年で25,830円です。軽自動車の場合は25,070円です。

他の自動車やバイクについてはこちらの自賠責保険料一覧を確認してください。

重量税の金額(2018年4月時点)

  • 軽自動車 6,600円
  • 500キロ 8,200円
  • 500キロ~1トン 4,600円
  • 1.5トン~2トン 32,800円
  • 2トン~2.5トン 41,000円

このように金額が設定されています。

その他の車種、エコカーについての重量税はこちらの自動車重量税一覧を確認してください。

印紙の金額(2018年4月時点)

印紙と一言で表現していますが、印紙と証紙です。

印紙は国に対し、手数料や税金を支払うために使われる証票です。

対して証紙は地方公共団体に対し、手数料の支払いをするために使われる証票です。

金額は以下のように設定されています。

  • 4・5ナンバー   印紙400円+証紙1,300円 合計1,700円
  • 普通車(3ナンバー)印紙400円+証紙1,400円 合計1,800円

では次に車検基本料について解説していきます。

車検基本料とは

点検や整備の費用を指します。どこで車検を受けるかによって金額が変わってきます。

また、車の状態によってもエンジンオイルやブレーキパッドの交換等にお金がかかります。

合計の車検の相場は?

このように、車種や車の状態によって異なってきますが、車検の合計金額は以下のようになる場合が多いです。

車検の合計金額

  • 軽自動車 安くて5万円
  • 1トン以下の普通車 安くて6万5千円

あくまで一般的な相場としてとらえてください。1トン以上になってくると7万円を超えてくると思われます。

車検用に8万円以上は準備しておきたいですね。

車検を安くする方法

当サイトでおすすめの車検を安くする面倒でない方法がいくつかの車検業者の見積もりを比較するという方法です。

  • 整備工場
  • ガソリンスタンド
  • ディーラー
  • カー用品店

近所にある、店舗をリストアップし実際に車で出向き車検を受けるならいくらかかるか見積もりを出してもらいましょう。

そしてこの見積もりを元に交渉してみましょう。そして一番安い店舗で車検を受けましょう。

車検費用を用意する方法

「どうしても車検費用が足りない」

そんな方におすすめの車検費用を捻出する方法をご紹介します。

車検費用を捻出する3つの方法

  1. メルカリやヤフオクで所持品を販売
  2. 親戚や友人に借りる
  3. 短期バイトをする

それぞれ解説していきます。

1.メルカリやヤフオクで所持品を販売

多くの方が一度は利用した経験があるのではないでしょうか。

洋服やスポーツ用品、家電、おもちゃなど様々な物を販売できます。しかも金額は自身で設定可能です。

断捨離にもなって非常に優れた手段ですが、まったく売れない可能性やトラブルになるなどの可能性はゼロではありません。

すぐにお金が必要な場合や何万円も必要な場合はおすすめできません。

2.親戚や友人に借りる

利子なしで何万円も借りることができることもありますが、人間関係が壊れることは珍しくありません。

あまりおすすめできません。

3.短期バイトをする

誰にも迷惑をかけずに確実に稼ぐ方法です。

しかし、本業が既にある方は業務規程などに違反しないように気を付けなければなりません。

会社に秘密で働くことは可能ですが、源泉徴収票などで本業以外で収入があったことはバレる可能性はあります。

バレた場合は会社に居づらくなる可能性もあるので絶対に会社の規定を確認しておきましょう。

これらの方法をとれない方

これらの3つの方法をとれない方にはカードローンを一時的に利用することをおすすめします。

はじめてのカードローンが不安な方でも、CMで有名な大手なら利用しやすいはずです。

しかも大手カードローンなら様々なサービスを上手に利用して利息なしでお金を借りることも可能です。

先ほどご紹介した、1(メルカリやヤフオクで所持品を販売)と3(短期バイト)も併用して行うのもおすすめの方法です。

とにかく車検を受けておかないと刑事罰、罰金といった法に触れる事態に発展してしまうので、カードローンを利用して車検を済ませてしまいましょう。

当サイトでおすすめできるカードローンの利用方法は、大手カードローンの無利息サービスを利用することです。

例えば、有名俳優がCMしているプロミスなら、はじめての利用なら最大30日間無利息です。

どの方法を選択するかは自由です。しかし、絶対に車検が切れてしまう前に準備しましょう。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 車検は公道を走るなら必須
  • 公道を走る3つの条件
    1. 車検を受ける
    2. 自動車重量税を納める
    3. 自賠責保険料を納める
  • 以上を行っていない場合は罰金や刑事罰が科されるケースも
  • 事故や職務質問がきっかけで車検を受けていないことがバレる
  • 車検は法軽定費用、車検基本料の合計
  • 車検の相場は5万円~7万円なので8万円は用意しておきたい
  • 車検を安くする方法として複数の車検見積もりを比較する方法が挙げられる
  • 車検費用を捻出するには以下の3つの方法がある
    1. メルカリやヤフオクで所持品を販売
    2. 親戚や友人にお金を借りる
    3. 短期バイトをする
  • これらの方法ではお金が足りない、実行できない場合はカードローンを一時的に利用するのがおすすめ
  • プロミスなら30日間無利息サービスがある※申込時にメールアドレス登録とWeb明細利用を選択すれば使えます。

いかがですか?

車検は受けておかないと非常に面倒な事態になります。必ず受けましょう。

所持品を売ったり、一時的にカードローンを利用するのはとても簡単なので、車検が切れる前に行動に移しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。