• 「外国人もSMBCモビットを利用できるの?」
  • 「日本国籍がないけど申込みができる?」

インバウンドという言葉がすっかり市民権を得るほど、訪日外国人観光客の存在は日増しに存在感を増してきています。

また2020年に開催される東京オリンピックの影響で、日本の国際化に拍車がかかり、日本国内で生活をする外国人の人数は今後も増加することが予想されます。

日本国内に居住する外国人であれども、突然の出費に頭を抱えている状況は日本人と変わりないのではないでしょうか?

想定外の出費に頭を抱える日本在住の外国人とカードローンの関係を考えます。

当記事では外国人もSMBCモビットでお金を借りれるのか?日本国籍は必須なのか、必要書類として何を準備すべきか分かりやすく解説していきます。

詳しくは本文にて解説しているので、より詳しく知りたい方はこの記事をしっかりと読んで対策してください。

SMBCモビットは外国人も利用できるの?
はい。条件を満たして審査に通った場合は利用ができます。
日本国籍は必須ですか?
日本国籍がなくても利用できます。
その他の条件は何ですか?
安定した収入があること、満20歳以上69歳以下の方、特別永住者証明書(永住カード)か在留カードを持っている方、日本語でのコミュニケーションがとれる方であることが条件です。

▼お申込みはこちらから▼

SMBCモビット

SMBCモビットは外国人でもお金を借りれる?日本国籍は必須条件?

まず、外国人もSMBCモビットでお金を借りることは可能です。

ただし日本人以上に利用条件は厳しいと言えます。

観光などの目的で来日した外国人は日本国内のカードローンの利用ができない?

結論から言いますと、日本に住んでいない場合は例え日本人であってもカードローンの利用は難しいと言えます。

日本人にとって想定外の出費を迫られた際に、カードローンは非常に心強い存在だと言えるでしょう。

しかし日本国内に居住する外国人にとってカードローンの存在は心強い存在と成り得るのでしょうか?

日本人がカードローンの新規利用申し込みを行う際には、運転免許証に代表される身分証明書が必要となります。

また新規利用申し込みをするカードローン会社で利用限度額を50万円以上を希望する場合や、複数のカードローン会社からの借入れ金額が100万円を超える場合は、新規利用申し込みの与信調査には収入証明書の提出が求められます。

外国人がカードローンの利用を希望する場合でも、日本人と同じように身分証明書の提出が必要となりますが、この時に重要なのが「日本国内に居住や就労の事実があるのか?」という点です。

逆説的には例え日本人であっても、現在海外に居住し日本国内で居住や就労の事実が無い場合、カードローン新規利用申し込みを行っても与信調査を通過することができません。

日本のカードローン会社のサービスを受けるのには日本国籍が必要なのか?

カードローンの利用に日本国籍は必須ではありません。

日本国籍がなくても日本国内における在留資格を証明する在留カードや永住権・特別永住権などを保有し、SMBCモビットの定める審査基準をクリアできる場合はカードローンの新規利用申し込みの与信調査を通過することができます。

SMBCモビットのカードローンと契約して利用できるのは満20歳以上69歳以下で、パートやアルバイトを含めて安定した収入があり、返済能力がある人です。

日本人がSMBCモビットのカードローンの新規利用申し込みを行うよりは、在留外国人の方がハードルが上がってしまうのは事実ですが、必要書類を揃えることができれば外国人でもSMBCモビットのカードローンを利用することは可能です。

  • 外国人もSMBCモビットの利用はできます
  • 日本に住んでいない方の利用は難しいです
  • 日本国籍は必須ではありません
  • 在留カードや永住権・特別永住権が必要です

申込みの条件と必要書類は?

既に紹介しましたがSMBCモビットのカードローン曽根育子を契約できるのは以下の条件を満たしている方に限られます。

SMBCモビットのカードローンの条件

  • 満20歳以上69歳以下
  • パートやアルバイトを含めて安定した収入がある

以上の条件をクリアしたうえに本人確認用の身分証明書の提出が必要となりますが、在留外国人の場合は日本の在留資格を証明する書類の提出も求められます。

日本の在留資格を証明する書類

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

パスポートと在留資格を証明する在留カードや特別永住者証明書などが該当します。

この際日本の滞在期間が長ければ長いほど有利になり、最低でも6ヶ月以上の在留実績と就労実績が求められます。

またSMBCモビットのカードローン契約後に、どのくらいの期間日本に滞在することができるかを証明することが求められます。

在留資格が最低でも1年以上残っていなければ、与信調査を通過することは難しいと言われています。

具体的に外国人がSMBCモビットの新規利用申し込みに必要な書類とは?

外国人がSMBCモビットのカードローン新規利用申し込み手続きを行う際に必要な書類は次に挙げる書類です。

  • パスポート
    顔写真や氏名・生年月日・パスポートナンバーなどが記載されているページと所持人記入欄のページ、場合によっては現在有効な日本の滞在ビザや日本への出入国履歴の判るページのコピーの提出を求められるケースもあります。
  • 在留カード
    日本の在留資格を証明するために在留カードのコピーの提出が求められます。

在留カードの両面のコピーが必要となりますが、在留資格の有効期限に気を付けてください。

在留資格の有効期限が切れが間近な場合は、在留資格を更新してからSMBCモビットのカードローン新規利用申し込み手続きを行うことをおすすめします。

また在留カードの「就労制限の有無」の欄が就労不可となっている場合は、日本国内での就労が許可されていないということになります。

例え実際に職を得ている場合でも安定した定期収入を有するとは判断されないので、与信調査を通過することができませんので注意が必要です。

外国人がSMBCモビットのカードローン新規利用申し込み手続きを行う際に必要な書類は上記の2つですが、職場での在職を証明するために社会保険の被保険者証などの提出を求められるケースも考えられます。

さらに日本国内で発行された自動車運転免許証を持っていると、与信審査に有利に働くとも言われていますので日本国内で発行された公的な身分証明証が多いほど、SMBCモビットのカードローン新規利用へのハードルが下がると言えるでしょう。

  • 満20歳以上69歳以下であること
  • パートやアルバイトを含む安定した収入があること
  • 在留カードか特別永住者証明書を持っていること
  • 1年以上の在留実績と就労実績がある方が望ましい
  • 在留資格の有効期限に注意する
  • 就労制限の有無が不可の場合はNG
  • 被保険者証の提出が求められるケースもある

外国人がSMBCモビットの審査に通るための3つのポイント

日本に居住する外国人でも一定の条件を満たすことができれば、カードローンサービスを利用することは可能です。

特にSMBCモビットのカードローンサービスは在留外国人にとって比較的利用しやすいカードローンサービスだと言えるでしょう。

しかし、SMBCモビットのカードローンの新規利用申し込みにはSMBCモビットが行う与信調査を通過する必要があり、日本人の新規利用希望者と比べると外国人の新規利用希望者に対する与信調査は日本人に対するものより厳しい傾向にあるのも事実です。

外国人がSMBCモビットの審査に通るためには以下の3点がポイントです。

外国人がSMBCモビットの審査に通るための3つのポイント

  1. 必要書類を用意できる
  2. 収入が安定している
  3. 日本語でコミュニケーションがとれる

それぞれを解説していきます。

ポイント①必要書類を用意できる

ここまでで、外国人がSMBCモビットの審査に申し込むには在留カードや特別永住者証明書、場合によっては在職証明が必要だと述べてきました。

では何故外国人がSMBCモビットの審査に在留資格を証明する必要があるのでしょうか。

まず在留カードですが、在留資格を持たずに日本に滞在し続ける外国人在留者は少なくないと言えます。

また在留資格を持っていても就労許可がない場合は、日本国内で働くことが法的に許可されていないため与信調査のポイントである「返済能力」を証明することができません。

与信調査を通過するためには安定した収入があることを証明し返済能力があることが絶対条件として求められます。

就労資格が無い外国人の場合は残念ながら日本国内のカードローンサービスを利用することは難しいと言えるでしょう。

在職証明の提出を求められるケースがあるのも、返済能力が証明されるからです。

在職証明を提出を求められた場合は在職証明を提出しなければSMBCモビットが行う与信調査の審査を通過することは難しくなります。

ポイント②収入が安定している

収入が安定しているかどうかは外国人に限った条件ではありません。

SMBCモビットは貸したお金を回収できなければ利益をあげるどころが赤字になってしまします。

安定した収入がある返済能力がある人だけはSMBCモビットからお金を借りることができるのです。

外国人の場合は在留期間や在職期間が日本人以上に重視されます。

国や仕事を転々としている外国人は審査に不利なのは想像できますよね。

継続して同じ国の同じ職に就いている外国人の方が審査に通りやすいわけです。

ポイント③日本語でコミュニケーションがとれる

SMBCモビットの審査では日本語のコミュニケーション能力も求められます。

SMBCモビットが行う与信調査の審査では、新規利用申し込みを行う外国人に対して日本語のコミュニケーション能力が求められます。

これはSMBCモビットに限ったことではなく、どのカードローンでも同様です。

借入れ金の返済回数や返済期間、返済が滞った際に発生する遅延損害金や利用利子などのカードローン利用に欠かすことができない契約内容を利用者に正確に理解してもらうには外せない条件です。

また実際に長期間日本に居住し就労しながら生活を送っているのであれば、専門用語が理解できなくても日常会話程度は理解できると考えられることから、新規利用申し込みの際に申告された内容と実際の居住内容に矛盾点が無いかを確認する意味合いもあると言えます。

日本語のコミュニケーション能力の高さはSMBCモビットの審査に大きく影響する重要ポイントの1つだと言えるでしょう。

外国人がSMBCモビットの審査に通る3つのポイント

  1. 必要書類を用意できる
    在留カードや特別永住者証明書、在職証明書など
  2. 収入が安定している
    在留期間や在職期間も安定していること
  3. 日本語でコミュニケーションがとれる
    カードローンのルールが理解でき、日本語での取引も問題なくできること

▼お申込みはこちらから▼

SMBCモビット