困ったときにお金を借りられるカードローン。

元気に働いて返済できるのならカードローンの利用に全く問題はありません。

しかし、人生一寸先は闇と言いますがある日突然突発的な事態が発生することも予想されます。

最悪の場合、カードローンでお金を借りた本人が死亡してしまうケースも考えられます。

借金した本人は死んでしまえばそれで終わりですが、カードローンでつくった借金はそのまま残っている状態です。

カードローンの名義人が死亡してしまった場合、借金の扱いはどうなるのでしょうか?

当記事では、カードローンの名義人が死亡した時の返済方法や相続についてわかりやすく解説していきます。

カードローンの名義人が死亡したら返済は免除されるの?

カードローンでお金を借りている名義人本人が死亡した場合、返済が終わっていない借金はどうなるのでしょうか?

結論から申し上げると、名義人が死亡しても借金は消滅せず返済義務も残ります。

カードローンの名義人が死亡したとしても借金には影響がなく、死亡した事実とは無関係に債務が継続します。

通常の借金と同様に返済義務が残るだけでなく完済までは金利も加算され続けます。

しかし、名義人が死亡してしまったら借金を返す人はいなくなってしまいます。

では残る借金がどうなるのかというとカードローンを含む負債はマイナスの価値を持つ財産、負の財産として扱われます。

財産を有する人が死亡すると所有していた財産は相続財産として相続人に分配されます。

相続財産として計算されるのは現金や預貯金、不動産など価値ある財産だけではありません。

被相続人の死亡時にあったカードローンなどの借金も負の財産として相続財産に含められ現金などと同様に相続人で均等に配分されます。

  • カードローンの名義人が死亡した場合でも返済義務は残ります
  • 完済まで金利も加算されます
  • 返済も相続財産として相続人に分配されます

大手カードローンの対応

負の財産を相続するにしろ相続放棄するにしろ借金を放置するわけには行きません。

カードローンの名義人が死亡したら借金を放置することなく適切な対応をとる必要がありますが、会社によって対応はまちまちです。

大手カードローン各社の対応はどうなっているのでしょうか。

プロミスの対応

プロミスのカードローンで借り入れている名義人本人が死亡したときは残された家族など相続に関係する者がすみやかに連絡する必要があります。

具体的な手続きについては個別のケースで異なるので、まずは連絡を入れてオペレーターと対応について相談しましょう。

借金の取り扱いに関しては死亡診断書など名義人の死亡を証明する公的書類が必要になる可能性もあるので、早めに連絡して取るべき対応を協議してください。

連絡を怠ると借金が延滞扱いになり不利益が生じる可能性もあります。

場合によっては返済日の先延ばしなどの猶予措置が受けられることもあるので希望を伝えましょう。

SMBCモビットの対応

借入中にカードローンの名義人が死亡したら家族や被相続人がSMBCモビットに連絡しなくてはいけません。

カードローン会社は名義人が生存しているか確認することはなく、死亡した事実は債務者の側から告げない限り債務者に情報が届きません。

返済日もあるのでできるだけ早く連絡を入れてください。

連絡が遅れると延滞金が加算されたり早期一括返済を求められる可能性もあります。

アイフルの対応

アイフルから借り入れをしていた名義人が死亡した場合、借金の詳細がわからなくてもいいのでとにかく早めに連絡することが重要です。

名義人本人が死亡したケースでは相続手続きなどが必要になるため連絡が遅れると多大なデメリットが生じるリスクが考えられます。

いつから借りているのか、借入金がいくらなのかがわからなくても借り入れがある事実だけわかっていればいいのですぐに連絡を入れてください。

連絡を入れるタイミングによっては名義人の死亡後に督促状などが届く可能性もあります。

カードローンなど負の財産に関しても相続財産として一括で取りまとめて扱うので個別の請求に答えて返済する必要はありません。

  • 名義人が死亡した後の対応はカードローン会社によって様々です
  • プロミス・SMBCモビット・アイフルどの会社の場合もすぐに状況を連絡することが大切

カードローンの利用は家族にバレる?

家族にばれずにカードローンを利用するのは不可能ではありません。

自宅に電話連絡しない業社を選んでカードローンを契約し、郵便物の宛先も自宅以外にしておけば家族に隠れて借入できます。

申込時に在籍確認が行われますが消費者金融だとは名乗らないのでばれる心配はありません。

問題なのは名義人本人が死亡した場合です。

名義人の死亡後もカードローンを利用していた事実を隠すのは簡単ではありません。

カードローンの借金は負の財産であり相続財産に含まなければならず、家族が知らなかった借金であっても返済義務を逃れることはできないからです。

死後も借金を隠し続けているとある日突然高額の遅延損害金と合わせて借金を一括返済するよう訴訟を起こされる可能性もあります。

どうしても死後もカードローンの利用を隠し続けたいのなら、死亡時に借金が完済されるよう準備を整えておくという方法があります。

まずは弁護士に相談し死亡時に借金に対応してくれるよう依頼をしておきます。

次に生命保険に加入し受取人として弁護士を指定します。

名義人が死亡したら依頼した弁護人の手で保険金からカードローンを完済してもらえば問題もなく死亡後も家族に借金を伏せておけます。

そんな依頼を引き受けてくれる弁護士が見つかるか、家族に内緒で生命保険に加入できるかなど解決すべき問題はありますがどうしても死亡後もカードローンを利用していた事実を家族に隠したいのであれば不可能ではありません。

  • 家族に内緒でカードローンを利用するのは可能ですが、死後も家族に内緒にするのは難しい
  • どうしても死後も家族に知られたくない場合は準備が必要
  • 弁護に、死後に返済をしてもらえるように依頼します
  • 生命保険の受取人を弁護士にしましょう
  • 以上の対策を実行するのは簡単ではありません

相続の種類は3つある

相続財産にカードローンの借金など負の財産が含まれる場合、相続人には3つの選択肢が与えられます。

相続人の3つの選択肢

  1. 単純承認
  2. 限定承認
  3. 相続放棄

それぞれについて解説していきます。

1.単純承認

第一の選択肢は全ての財産を相続する「単純承認」です。

単純承認では負の財産を含む全ての財産を法律に従って分配します。

死亡した被相続人の権利や義務すべてを認めて相続手続きを行うので、相続財産に含まれる借金に関しては相続人に返済義務が発生します。

金銭など相続人にとって利益となる正の財産が借金など負の財産を上回るようであれば単純承認にメリットが生じます。

全ての財産を相続し正の財産から借金を返済することで残る財産が相続人の取り分になります。

2.限定承認

第二の選択肢は相続財産を返済責任の限度として相続する「限定承認」です。

限定承認とは相続する財産のうち正の財産が負の財産を上回る場合のみ相続するという方法です。

限定承認が選択されるのは相続財産の詳細が明らかになっていないケースです。

相続では被相続者が権利を有する全ての財産が相続財産として数えられます。

しかし、相続対象となる財産の総額が不明瞭であるというケースは珍しくありません。

財産の詳細がわからない状態で相続を判断するのはリスクが伴います。

後になって被相続者名義の隠れた借金が見つかり相続財産が債務超過であると判明した場合、相続手続きを終えた相続人たちは借金も財産として相続しなければならず返済義務が生じてしまいます。

このような状況を避けるために用いられるのが限定承認です。

限定承認を選択すると 債務が相続財産の範囲内のみで完済できる場合はそのまま相続し、財産が債務超過である場合は相続を拒否することができます。

死亡した人物にカードローンの借金があったかどうかはっきりしない状況では限定相続が効果を発揮します。

3.相続放棄

第三の選択肢は相続の権利を放棄する「相続放棄」です。

相続放棄を選択すると全ての相続財産に対して相続の権利を放棄することができます。

カードローンの借金で相続財産が債務超過である場合は相続放棄することで返済義務から逃れられます。

ただし、相続放棄は全ての財産を一括で放棄しなければいけません。

借金だけを相続放棄して預貯金や不動産のみを相続することは不可能です。

  • 相続には3種類あります
    • 単純承認
    • 限定承認
    • 相続放棄
  • 正の財産と返済などの負の財産の額を調べあげ、選択しましょう

 

相続の手続き方法

相続の手続きはそれほど難しくはありません

相続人全員で話し合って財産の分配について合意を形成し、遺産分割協議書を作成したら所有権の移転や名義人の変更手続きをすれば相続は完了です。

手続きそのものは難しくはありませんが書類作成や事務手続きなど面倒な作業も多いので弁護士や司法書士に代理人を依頼するのが一般的です。

代理人は関係機関に問い合わせや照会をして預貯金や不動産、借金など全ての財産を洗い出し相続財産の目録を作成してくれます。

後になって借金が発覚する心配も解消されトラブルも防止できるので、スムーズに相続手続きを進めたいなら代理人を活用しましょう。

  • 相続の手続きは難しくないが、手続きは面倒
  • 代理人を活用したほうがスムーズ

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • カードローンの名義人が死亡した場合でも返済義務は残ります
  • 完済されるまで金利も加算されます
  • 返済は相続人に相続財産として分配されます
  • 各社の対応は様々です
  • プロミス・SMBCモビット・アイフルなどの大手はすぐに状況を連絡することが大切です
  • 家族に内緒でカードローンを利用することは可能ですが、死後も隠しておくのは難しい
  • どうしても死後も隠したい場合は準備が必要です
  • 相続には3つの選択肢があります
    1. 単純承認
    2. 限定承認
    3. 相続放棄
  • 相続は難しくありませんが面倒な手続きがあります
  • 代理人を活用したほうがスムーズです

名義人が死亡した場合も返済義務はしっかり残ります。

家族に迷惑をかけたくない方は、万が一のことも考慮して返済計画を立てましょう。

また、家族の返済を対応する状況の方はまずはカードローン会社に状況を連絡してすぐに対処しましょう。

相続には選択肢があるので、落ち着いて最適な選択をしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。