複数のカードローンに対して連続申込する行為は、成功すれば色んなカードローンを利用することが可能です。

しかしデメリットが存在しており、今後のカードローン申込に悪い影響を及ぼす可能性が出てきます。

そこで当記事では複数のカードローンに連続申込をした時に発生するデメリットや審査に通りやすい申し込み方法を紹介します。

カードローン連続申込は申込ブラックになる可能性があるので要注意

審査を通過できるのか不安を感じている方にとって、カードローン連続申込をすることで少しでも審査できる可能性がアップできます。

しかしカードローン連続申込は申込ブラックという状況になってしまい、申込してもすぐに落とされる恐れがあるので注意です。

連続申込の大きなデメリットになっていて、銀行やカードローン会社から怪しい人物として判断されやすくなります。

カードローンを実施している銀行やカードローン会社は、安定した収入に加えて信用情報に問題ない人物に融資を行いたいと考えています。

カードローン連続申込をするということは、申込完了できるのか不安を感じていて収入や信用情報など何かの問題を抱えている可能性があります。

そこで銀行やカードローン会社に悪い印象を与えてしまい、審査が通過しにくくなるのが気を付けないといけません。

残念ながら申込ブラックになった方は、どんなに収入が多い方でもカードローンの審査を通過するのは極めて厳しいです。

そのため申込ブラックにならないように気をつけながらカードローンの申込を実施することが大切になります。

  • カードローンの連続申し込みは申し込みブラックという扱いになり、審査に通ることが難しくなる
  • 申し込みブラックにならないようにカードローンの申し込みをすることが重要

複数申し込みをしていることがバレる理由

カードローンを提供している銀行やカードローン会社は、申込者がどのような人物なのかチェックするために信用情報機関の情報を確認しています。

信用情報機関には、現状クレジットカードやカードローンの滞納が発生しているのか簡単に確認することが可能です。

また申込に関しても記録が残されているので、いつどこに申込しているのかすぐに把握できるのが特徴です。

同時にカードローンの複数申込をした場合、信用情報機関にすぐ情報が記録されているのでバレてしまいます。

複数申込を実施した方は、それだけお金に困っている可能性が高くて怪しい人物の可能性が高まる為に銀行やカードローン会社は避けます。

このような要因があるので、カードローンの複数申込は審査に悪い影響を与えやすいです。

また複数申込以外にも滞納を頻繁に発生させている人物なのか簡単にチェックでき、リスクの高い人物なのか見極められます。

その他にも過去に債務整理を実施した人物は、信用情報にキズが付いているので残念ながらカードローンの利用が極めて難しいです。

信用情報にキズが付いている人物に対し、融資をしてしまうと銀行やカードローン会社はお金を返してもらえない可能性が出てきます。

そうなると安定した利益を確保することができなくなるので、そのような状況を回避するために信用情報を確認しています。

  • カードローンの申し込みがあると、金融機関は信用情報機関の情報を確認します
  • いつどこに申し込みをしているかバレます
  • カードローンの連続申し込みは必ずバレるの審査に影響します
  • 過去の滞納や債務整理などの情報も残ります

信用情報は自分で確認が可能

信用情報機関は主に以下の三つの機関があります。

3つの信用情報機関

  1. 日本信用情報機構
  2. CIC
  3. 全国銀行個人信用情報センター

以上のうち、どれか一つでも個人の信用情報にキズが付いているのとカードローンの審査に悪い影響を与えてしまうので、注意しなくてはいけません。

自分の信用情報が現在どのような状態なのか気になる方は、自ら確認することが可能です。

1.日本信用情報機構の場合

CICの次に開示しやすいのが日本信用情報機構です。

窓口と郵送の情報開示に対応しています。

2.CICの場合

CICは様々な方法で確認することができ、窓口での情報開示以外に郵送やネットでも情報開示をすることが可能です。

その人によって色んな方法を選択することができるため、もっとも情報開示しやすいのがCICです。

3.全国銀行個人信用情報センター

全国銀行個人信用情報センターは残念ながら郵送でのみ情報開示を受け付けていて、窓口やネット上で情報を確認することができないです。

それぞれ信用情報を管理しているところによって、情報開示方法が若干異なっているので確認する時は気を付けなましょう。

  • 信用情報機関は3つあります
    1. 日本信用情報機構
    2. CIC
    3. 全国銀行個人信用情報センター
  • いずれかにネガティブな記録が残っていると審査に悪い影響がある
  • 自分の信用情報は確認ができます

連続申し込みは何社までが限界?

どうしてもカードローンの連続申込をしたいという方は、2社までが限界です。

3社以上申込をしてしまうとカードローンを提供している銀行やカードローン会社がチェックした時、怪しい印象を与えやすくなります。

2社くらいならそこまで怪しい印象を与えないで済むので、申込ブラックになる可能性が低いです。

ただし気を付けないといけないのが初めて申込をしてから一ヶ月以内に3社以上申込してしまうと高確率で、申込ブラックになる可能性が高まります。

そこで3社以上申込をする前に何としても審査を通過し、カードローンの申込を完了させることが重要なポイントです。

残念ながら2社に申込をして、残念な結果になってしまった時は6ヶ月以上期間を空けることが大切になります。

申込ブラックとして信用情報に登録されている期間は、約6ヶ月ほどになっています。

申込ブラックになってしまった方は、6ヶ月後に申込ブラック状態が解消されるので他の方と同様に申込を実施できます。

そして少しでもカードローンの申込完了できるチャンスが生まれるので、ある程度期間を待たなくてはいけません。

その他にもカードローンの審査に何故落とされてしまったのか冷静に分析することも重要です。

収入が少ないもしくは職業に問題があるなど何かしらの問題が発生しており、審査に悪い影響を与えています。

申込ブラックの状態が解消されても以前審査に落とされた原因が改善しない限り、また審査に落とされる恐れがあるので注意です。

  • 連続申し込みは2社が限界
  • 1か月に3社以上の申し込みをすると申し込みブラックになる可能性があります
  • 3社以上の申し込みをする前に審査を通貨することが重要
  • 2社の審査に落ちた場合は6か月以上期間を空けてから申し込みをしましょう

審査に通りやすくする申し込みの方法

複数のカードローンに申込をすることで、少なからず審査を通過できる可能性を高めることができます。

しかし全て審査に落とされてしまった時は、申込ブラックという状態になるので6ヶ月間は信用情報にキズが付きます。

あまりにもリスクが高いので、カードローンの申込を考えている方は複数申込するのではなく、1社に絞ることが大切です。

1社に絞ることで、万が一審査に落とされてしまった時はどのような原因で落ちたのか冷静に分析できます。

そして他の銀行やカードローン会社のカードローンに申込する前に落ちた原因を解消できれば、審査通過確率を高めることが可能です。

審査を通過できて申込を完了できた場合、一定額のお金を融資してもらえるのでお金に困った状況を乗り越えられます。

しかし複数申込をした場合で審査に全滅した時は、原因が分かった場合でも6ヶ月間は申込するのが厳しいです。

お金に困っている方にとって、6ヶ月間お金を借りれないというのは深刻な問題なので何としても避けなくてはいけません。

少しでも審査を通過するポイントとして、安定した収入を確保することが必要です。

毎月獲得できる収入を増やせば、高い返済力を銀行やカードローン会社にアピールできるので審査を通過しやすくなります。

更に命のリスクが発生している職業は、銀行やカードローン会社に悪い印象を与えやすいので転職も視野に入れることが重要です。

また雇用形態もパートやアルバイトではなく、社員の方が銀行やカードローン会社に安心感を与えやすいです。

その他にもカードローンを実施している銀行やカードローン会社によって、どのような審査基準が設けられているのか異なっています。

何としても審査を通過したい方は、審査が甘めになっていると言われている銀行やカードローン会社を選択することで審査を通過できる可能性が高まります。

  • 審査に通りやすくするには複数の申し込みをするより1社に絞りましょう
  • 他社の審査に落ちた場合は原因を解消することで、次回からの審査通過確率を高めることができます
  • 審査に落ちた場合は6か月は申し込みをしないでおきましょう
  • 審査に通過する確率を高めるためには安定した収入を確保しましょう

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • カードローンの連続申し込みはデメリットがある
  • 1か月に3社以上の申し込みをすると申し込みブラック扱いになる可能性がある
  • 申し込みブラックになると審査に通るのが厳しくなる
  • 金融機関は信用情報を確認することができ、申込者がいつどこに申し込みをしたかがわかる
  • 過去の滞納や債務整理などの記録も見られてしまう
  • 信用情報機関は3つある
    1. 日本信用情報機構
    2. CIC
    3. 全国銀行個人信用情報センター
  • 自分の信用情報は自分で確認できます
  • カードローンの連続申し込みは2社が限界
  • 審査に落ちたら次の申し込みまで6か月以上期間を空けるのが大切
  • 審査に通りやすくするには1社に絞りましょう

カードローンの連続申し込みはデメリットしかないことが分かりましたね。

審査に通過する確率を上げるためにも1社に絞って申し込みをしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。