地元に愛される北海道銀行カードローン「ラピッド」ですが、家族バレを避けたい方は多いです

ラピッドの利用がバレて家族と大喧嘩になったり、親に心配をかけてしまうのは嫌ですよね。

カードローンを利用しているという事は、出来れば誰にも言いたくないですよね。

当記事では北海道銀行カードローン ラピッドはカードなしでも借りれるのか、家族バレを防ぐための対策は何かを分かりやすくまとめました。

詳しくは本文にて解説しているので、より詳しく知りたい方はこの記事をしっかりと読んで対策してください。

北海道銀行カードローン「ラピッド」はカードなしでも借入できますか?
はい。ラピッドはカードの発行は必須ですが、借入時にはカードがなくても口座振り込み形式で借入が可能です。
ラピッドの利用が家族バレする可能性がありますか?
家族バレの可能性は常にあります。しかし、対策を取る事で家族バレする確率はかなり下げられます。
家族バレしないための対策を教えてください。
当記事で4つの対策をご紹介します。

ラピッドはカードの発行は必須

ラピッド

ラピッド公式サイトより

ラピッドは契約完了後、カードが自宅に郵送されます。

そのカードを受け取り、電話連絡をしてからラピッドでの借入が利用できます。

つまりラピッドのカードは必須というわけです。

では、借入時はカードは必要なのでしょうか?

ラピッドの借入方法。カードなしでも借りられる?

ラピッドはカードなしでも借りられます。

ラピッドの借入方法は2つあります。

ラピッドの2つの借入方法

  1. ATMで借りる
  2. 口座振り込みで借りる

1.ATMで借りる

ラピッドは以下のATMで借入ができます

利用時間と併せて表にしました。

ラピッドの対応ATM
北海道銀行ATM 7時~21時
セブン銀行ATM 0時~24時
ローソンATM 0時~24時
イーネットATM 0時~24時
バンクタイムATM 0時~24時

注意点

  • 設置場所によっては利用可能時間が違う場合があります
  • 他の金融機関が設置している共同ATMは対象外です

2.口座振込で借りる

自分名義の既に指定している銀行口座に振込をしてもらえます。

申込みは電話とネットでできます。

万が一北海道銀行の口座を持っていない場合でも利用可能です。

カードの発行は必須ですが、カードなしでも借入が可能なラピッドですが家族バレの可能性はあります。

ここからは、ラピッドの利用が家族バレしない為の対策をご紹介します。

家族バレを防ぐための4つの対策

北海道銀行カードローン「ラピッド」の利用が家族にバレないようにする4つの方法をご紹介します。

対策①電話連絡に気を付ける

カードローンの利用が他人にバレやすいタイミングというのが、実はあります。

利用における審査や契約におけるタイミングで、本人確認などのために登録した電話番号にカードローン業者側から必ずと言っていいほど電話がかかってくるのです。

これを知っていないと、いざ電話がかかってきた時に会話の内容を他人に聞かれて、それで内容を察された場合に問い詰められることがありますから注意しましょう。

重要なのは電話連絡があった場合に、それを隠すことが出来るかどうかです。

では具体的に、どのようなシーンで電話連絡があるのかを見ていきましょう。

  • 申込用紙等、記入した書類に不備があった場合
  • 審査に通過したとき
  • ラピッド側からあなたへの質問があるとき(融資額やそのお金の利用目的など)

簡単ですが、これらの状況の時にラピッドからメールが来ます。そのメールで返信を行わないでいると電話連絡が来ます。

契約時は、特に気を付けるようにしましょう。

具体的な対策としてまず挙げられるのは、メールに気づくこと・登録する電話番号を自分の携帯電話に設定しておくことです。

そして登録したら、自分の体から肌身離さず持っている事です。

もしその辺の机などに放置していたら、着信を見た誰かに怪しまれますから注意しましょう。

そしてマナーモードなど、電話が来たことを悟られないようにしておき、もう一度あなたの側から安全な場所で業者側にかけ直すことです。

簡単な事ですが、まずは自分自身でバレないような環境づくりをすることが大切です。

他には予め業者側に「何時ぐらいに電話をかけてくるのか」など、電話がかかってくる時間帯を把握しておくことや、時間を指定しておくことなども有効です。

対策②郵送物に気を付ける

次に最もバレやすいと言えるのが、郵送物を家族に見られた場合です。

ここで言う郵送物というのは、契約後に送られてくるカードや案内・控えなどの書類一式です。

カードローンに限らず、お金などが絡む事案は郵送物が届くことが殆どなのですが、封筒内にカードが入っているせいで、異質な感じは持っただけで伝わります。

クレジットカードの更新と誤魔化せない訳ではないですが、残念ながら封筒の表紙にはクレジットカード会社ではなく北海道銀行のロゴや銀行名が印字されているので北海道銀行からの郵送物だとすぐにバレます。

一見スキがないくらいバレる要素が詰まっている郵送物ですが、これに対しても具体的な対策はあります。

その対策が、契約がWEB完結型でカードレスの業者を使用することです。

契約がWEB完結型でカードレスならば申込みから契約までがすべてインターネット内での操作で終わり、郵送物が自宅に届くことはありません。

ただし業者によってはWEB完結型と言ってもカードが存在する場合もありますから、カードレスが選択できるかどうか必ず確認をしましょう。

他には、前もって店頭受け取りを選択しておくことをお勧めします。

自分で店頭に直接受け取りに行けば、郵送物のように誰かに見られる可能性も低いですし、自分で様々な管理が出来るので、この対策もお勧めです。

WEB完結型・カードレスも、カードの店舗受け取りも場合によっては出来ない所がありますから、前もって調べておくとよいでしょう。

しかしこれらの対策を行っても、誰かに見られることでバレる可能性は残っています。

それは利用明細書やメールなどです。

まず利用明細書ですが、借り入れ後にATMなどから小さい紙で出てきますが、必ずその場で破棄するようにしましょう。

持ち帰って記帳する等管理したい気持ちも分かりますが、家族バレの原因となりますので破棄するのが無難です。

メールに関しても、ローン会社からの案内やお知らせが届く場合があります。

これを誰かに見られたりしたら危険ですので、メール配信の停止を選択して、証拠を隠滅するようにしましょう

対策③返済できずに延滞したとしても、放置しないこと

何らかの理由で期日までに返済ができなかった場合、ラピッドから登録した電話番号に連絡が来たり、それでも音信不通なら自宅へ督促状などが届く場合があります。

もしあなたがこれらの連絡に応答せずに放置した場合、自宅の電話番号や勤務先にまで催促が及ぶ可能性があります。

ここまでいくとバレるのは避けられないため、初めの連絡が来る段階できちんと応答するようにしましょう。

自宅や勤務先にまで連絡が来た後では取り返しがつきませんし、返済しないまま無視を決め込むのは極めて危険です。

ラピッドへ返済に関する相談を行う事が先決です。

対策④信頼できるカードローン会社を選択する

ここまで自分自身で気を付けられる方法についてお話してきましたが、最後にお勧めしておきたい対策方法としてはやはり、家族バレが防止しやすいサービスが整っているカードローン会社を選択することだと思います。

カードローン会社は世の中に数多ありますが、その中で一番のお勧めはどこなのか、ずばりそれは「プロミス」です。

プロミスをお勧めしたい点は二つあります。

一つは30日間無利息で最短一時間で融資を受けられることにあります。

借り入れというのは利息がつきものですが、短期間での返済の目途があるなら利用しない手はありません。

また融資も最短一時間で出来るのも強み。借り入れに手間取ったりもたついたりして、その様子を家族に見られたりしたら不審がられますよね。

プロミスなら簡単なステップで、スマートに融資を受けられますから、そういったリスクも減らすことが出来ます。

なお、初回の審査時間も最短30分で終わりますから、対策①で解説した電話に怯える必要もなく、少ない待ち時間で審査完了の如何を確認できます。

もう一つは、①~③の対策に手解説しましたWEB完結型・カードレスに対応しているという事。

ネットで申込みから契約を完了できるWEB完結は北海道銀行でも利用できますが、カードレスはプロミスならではのサービスです。

プロミスならカードが郵送されて家族にバレてしまうリスクを回避できますから、プロミスでの借り入れを選択しない手は無いと思います。

■プロミスカードローンをおすすめする理由

  • 30日間無利息サービスあり(申込時にメールアドレスとWeb明細登録必須)
  • 50万円以下なら収入証明書不要で手間が少ない
  • 3項目入力で3秒お借入診断可能
  • Web契約なら最短即日融資可能

※ お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

いかがでしたでしょうか。

この記事を読んでいただければ、数多くあるリスクを少し工夫するだけで減らすことが出来るという事がご理解頂けたかと思います。

皆さんも家族バレしないように、これらの事を工夫しながら自分に合った業者から借り入れを行うようにしましょう。