北海道銀行カードローン「ラピッド」は、急な出費に対応できる便利なカードローンです。

そんな北海道で愛されている「ラピッド」ですが、返済期限は必ず守りましょう

当記事ではその理由と返済額を捻出するための対策を分かりやすくまとめました。

詳しくは本文にて解説しているので、より詳しく知りたい方はこの記事をしっかりと読んで対策してください。

北海道銀行カードローン「ラピッド」の返済延滞は何日までですか?
一般的にカードローンの返済期限は必ず守らなければいけません。万が一返済しないまま1日でも返済期限を経過してしまうと、遅延損害金を支払わなければなりません。遅延損害金は返済日から遅れた日数分高くなる延滞料のことです。それだけでなく、あなた自身の信用情報に返済延滞の記録が残り、日本全国の金融機関にもその事実は知られてしまいます。
信用情報に記録が残るとどうなりますか?
新たに別のカードローンの利用ができなくなったり、「ラピッド」などの利用中のカードローンが停止されたり、限度額を減らされたりと様々な社会的制裁を受けます。
どうしても返済できない時はどうすればいいですか?
当記事で4つの対策をご紹介します。

北海道銀行カードローン「ラピッド」返済延滞は1日でも 将来に悪影響! ?

北海道銀行カードローン「ラピッド」の返済日にうっかりして講座に入金をしていなかったときに発生するのが遅延損害金です。

返済の請求が来るまで待っていればいいかとのんびりとしていたら、余分にお金を払わなくてはならないというデメリットの他に信用を失うという社会人としてはとても困る事態になるかもしれません。

延滞したしまった時は、とにかく延滞期間できるだけ短くし早く返済をしてしまいましょう。

遅延損害金とは、お金を借りている側が返済期日までに返済できていない場合に支払いの義務がある罰金のことです。

例えばレンタルDVDを返却期限までに返さないと、返却日の翌日から延滞料金を払わなければなりません。簡単にいうと、延滞料金がカードローンでいうところの遅延損害金です。

遅延損害金の金額は返済期日の翌日から計算されます。

銀行系のカードローンの遅延損害金の利率は銀行によって違うのですが、14%から20%近くになるところが多いです。

北海道銀行カードローン「ラピッド」の場合、遅延損害金の利率は18.0%です。

計算方法は以下の通りです。

遅延損害金の計算方法

[借入金額(円)]×[遅延損害金年率18.0(%)]÷[365日]×[各回の返済期日後の経過日数※]

※返済期日の翌日より遅延が解消した日までの日数

例えば、10万円借入ていて10日間延滞した場合の遅延損害金は以下のように計算できます。

10万円×0.18÷365×10=493円

意外に少ないと感じる方が多いと思いますが、借入の金額が多ければ多いほど、延滞期間が長くなるほど遅延損害金は高くなりますから、できるだけ早く返済するようにしましょう。

また、将来的に痛手を負うのが、返済を延滞してしまうとカードローンの追加融資を受けられなくなってしまう可能性がでてくることです。

途中で限度額の増額をしたいと思っても増額できなくて困ることになります。

それよりももっと深刻な事態になるのが信用情報に延滞履歴が記録されることです。

信用情報に延滞履歴が記録されると今後の生活に大きな影響を与えます。

それはクレジットカードの新規申し込みや各種ローンの新規貸付などの審査が通りにくくなってしまうからです。

デメリットが多い返済延滞はできるだけしないようにしたほうがいいですし、もしも返済延滞を起こしてしまったら、出来るだけ早く返済をするようにしましょう。

では、信用情報に延滞履歴が記録されると何が起こるのか、詳しく解説していきます。

信用情報に傷が付くと起こる事

先ほども言いましたが、カードローンの返済を延滞してしまうと信用情報に延滞履歴が残ります

信用情報とは個人信用情報機関のことで、ここに延滞した記録が残ってしまうのです。

一般的に銀行系カードローンが加盟しているのは「CIC」という個人信用情報です。

「CIC」は1ヶ月毎の利用状況が保存、共有されています。

ということは延滞情報が「CIC」に記録されたときから、他銀行等にマイナスな情報を共有できるため、新たにカードローンの契約時の審査が厳しくなってしまいます

これは他社での借入時の審査が厳しくなるということだけでなく、今使っているカードローンの限度額を減らされる事態になる可能性も出てきます。

返済期日に入金を忘れたなどのうっかりミスで1回延滞をしてすぐに返済をしたのであれば、そのようなことになる可能性は低いです。

ただ何回も何回も延滞を繰り返して返済が遅れがちになっている場合は限度額を減額される場合もあります。

返済を延滞することで一番怖いのがカードローンの使用停止や強制解約になることがあるということです。

使用停止を強制解約が何回延滞を繰り返してしまえば起こるのかは各銀行の裁量なのでここでは何回と提示することはできません。

しかし、厳しいところは1回の延滞でカード停止になることもあるので気をつけなければいけません。

それだけではなく信用情報ですからそこに多数回の延滞情報が記録されれば、他のカードローンを利用してる場合、他の会社でも早めに限度額を下げたり契約を終了にもっていったりという状態にになる可能性があるのです。

信用情報に延滞履歴が残ると起こること

  • 新たなカードローンの審査が厳しくなる可能性がある
  • 使用中のカードローンの限度額が減らされる可能性がある
  • 使用中の使用停止や強制解約になる可能性がある

ラピッドの返済延滞対策はコレ!今すぐにやるべき事まとめ

銀行口座にお金を入れ忘れたということなら良いのですが、お金がなくて返済延滞中になってしまった、またはこのままでは延滞してしまいそうだというときにすべき対策は以下ようなものがあります。

対策1:身の回りの物を現金化する

身の回りの不用品や今使っていないものをオークションやメルカリなどのフリマアプリで販売して現金化するのが手っ取り早い方法です。

他に即現金化できるのがブックオフなどの中古買取店です。

こちらに売れるものを持ち込んで現金化できます。

しかし、買取店は比較的安い金額での取引になるので、ヤフオクやメルカリの方が高く売れるのでオークションを利用したほうがいいでしょう。

高くメルカリなどで売れるものがあれば現金化することができるのですが、入金が数日かかることもあります。

その時にはその間も遅延損害金が加算されていくので、とにかく早く現金化する必要があります。

対策2:単発のアルバイトをして現金を手にする

とにかく早くお金を稼ぐには単発のアルバイトが有効です。

単発のアルバイトはいろいろとあります。

ネットでもお小遣い稼ぎができますから、仕事が終わってからネットのアルバイトをするという方法もあります。

しかしオークションと同じでアルバイト代金が後払いであれば、入金があるまで遅延損害金が発生し続けるので、当日アルバイト代金が支払われる仕事を探さなければなりません。

対策3:他行のカードローンやクレジットカードのキャッシングを使い借り入れする

延滞をしているカードローンのほかにカードローンやクレジットカードがある場合、そちらから返済延滞している金額だけ借り入れして返済をしておくのも対策です。

ただし、他のカードローンやクレジットカードのキャッシングを使うと利息が当然発生しますから、結果的に返済額が多くなります。

対策4:プロミスの30日間無利息サービスを利用する

延滞をしていて遅延損害金が加算されている、またはこのままでは延滞しそうだというときにはプロミスの30日間無利息サービスを使って返済をしておき、無利息の30日の間に現金を用意するのが現実的な対策です。

プロミスの30日間無利息サービスは初回契約に限るサービスです。

30日間の期間であれば利息がつかないので、借り入れをして30日以内にプロミスに返済すれば無利息でお金をかりることができます。

契約はWEB上で簡単な入力をして、そのあと電話で確認するカンタン入力と、WEBですべて入力して完了するフル入力の2通りあります。

ただ、契約について他社の借入状況によっては契約できないのではと思われるかもしれません。

しかし総量規制の範囲内なら問題ありません。

総量規制とは貸金業法で制定された規制のことです。

借入するときには年収に対して3分の1が上限という制限をつけたものです。

ただ、この総量規制は住宅や自動車などの購入なども対象になればあっという間に規制額に達するため、対象になるものとならないものがあります。住宅や自動車は対象外です。

対象になるのはカードローンやクレジットカードのキャッシングなどの借入です。

そして、実際に借入している残高の合計が年収に対して3分の1を超えていれば規制されます。

3分の1を超えていなければ借り入れできることになります。

ですから複数の会社から借り入れをしている場合でも、総量規制内での借り入れであり、他社の借り入れを問題なく返済している場合は、契約可能です。

現実的な対策としてプロミスの30日間無利息サービスを利用して、延滞分の返済にあてます

そのあと30日以内に対策1と2の方法で現金を作り、プロミスに返済するという方法をとれば返済延滞を解決することができます。

■プロミスカードローンをおすすめする理由

  • 30日間無利息サービスあり(申込時にメールアドレスとWeb明細登録必須)
  • 50万円以下なら収入証明書不要で手間が少ない
  • 3項目入力で3秒お借入診断可能
  • Web契約なら最短即日融資可能

※ お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

promise