• 楽天銀行カードローンの審査に他社借入はどう影響する?
    影響します
  • 他社借入がないから審査に有利?
    →NO。他にも金融事故の有無など様々なポイントが審査されます
  • 他社借入は何件までなら審査に影響しない?
    →はっきりとは言えませんが少ない方が良いです

「他社借入があるけど楽天銀行カードローンも居利用してみたい」

そんな方は当記事をチェックしてから審査に申込みをしましょう。

楽天銀行カードローンの審査で他社借入以外にも確認されるであろうポイントをまとめました。

楽天銀行カードローン公式ページへ

借入件数は少ない方が審査に有利?

楽天銀行カードローンは、銀行法に基づき融資を行う利用限度額設定型の無担保ローンとなっています。

信販会社や消費者金融とは異なり、銀行カードローンは他社借入件数が多いほど審査通過が難しくなる傾向にあり、他社借入件数が少ない方が有利言われています。

なぜなら、楽天銀行カードローンの審査に通過するためには、保証会社の審査に通過する必要があるからです。

楽天銀行カードローンの利用規約を確認すると、保証会社として楽天カード株式会社と株式会社セディナのうち一方の保証会社と保証契約を結べた場合に限り楽天銀行カードローンの契約が出来ることになっています。

保証会社は、利用者が楽天銀行カードローンの返済を長期延滞させた時に、楽天銀行が保証会社に代位弁済を求めればすぐに代位弁済を行う義務を負います。

貸し倒れリスクを保証会社が負担することになるので、僅かな保証料のみで保証契約を引き受ける保証会社の審査は厳しくなるわけです。

他社借入件数が多ければ、年収に応じた可処分所得から楽天銀行カードローン返済に回せるお金が少なくなるので、返済能力を判断する時には他社借入件数と他社借入可能額の合計額を返済能力から差し引いた上で判断しなければなりません。

このため、他社借入件数が0件ならば、現在の年収と家族構成などから得られる返済能力を考慮して審査が出来ますが、他社借入件数が多ければ審査内容が複雑になり、リスク回避のために審査落ちとなる可能性が高まります。

例えば、年収が400万円ある会社員の返済能力が130万円と判断しても、他社で設定されている利用限度額が70万円と80万円ならば合計で150万円借入出来ることになります。

楽天銀行カードローンの審査に通してしまうと、更に借金を重ねることになるので、130万円-150万円の結果がマイナス20万円となるために、審査落ちとなるわけです。

全く同じ条件で他社借入件数が0件ならば、130万円の返済能力があるので審査に通過し、初めての取引だからという理由で最初の1年間は利用限度額50万円の設定を行うという判断が行われます。

このため、アルバイトのみの収入しか無いために、年収160万円だったとしても他社借入件数が0件ならば20万円程度の利用限度額設定が行われても不思議ではありません。

楽天銀行カードローンの審査は、保証会社として信販会社が入ることにより過去のデータベースを利用した詳細な審査を経験則に基づき行うことが出来るので、他社借入件数の多さは返済能力判断で不利になるわけです。

他社借入がなくても金融事故の有無が重要

楽天銀行カードローンの審査を受ける際に、他社借入が現在全く無くても審査落ちするケースがあります。

返済能力が十分にあれば審査に通過する筈だと考えがちですが、現在の返済能力があっても、過去の金融事故情報の有無が審査に影響しています。

なぜなら、現在借入が無い理由として債務整理を実施した直後のために、他社からの借入が無いだけであって、既に他社へ債務整理により事実上の借金踏み倒しを行っている可能性があるからです。

金融事故の有無は、各金融機関ごとに加盟している個人信用情報機関へ照会を行うことで、楽天銀行カードローン審査でも活用されています。

楽天銀行カードローンの審査で用いられる個人信用情報機関は、銀行が加盟するKSCと消費者金融が多く加盟するJICCです。

国内には他にも信販会社が多く加盟するCICが存在しますが、改正貸金業法が完全施行された2010年以降は、CICとJICCのデータは相互参照が可能となっているので、JICCに加盟していれば事実上CICのデータも参照可能となっています。

個人信用情報機関に登録されている情報の中でも、異動情報欄に記録されている情報は、3ヶ月以上の長期延滞情報や債務整理を行った事実が記録されているので、現在他社借入件数が0件となっている理由が債務整理によるものだとすぐに判明するわけです。

異動情報は、加盟している個人信用情報機関と内容により5年または10年間掲載されているので、過去5年~10年以内に起こした金融事故をすぐに確認出来ます。

現在の返済能力が十分あると考えられていても、直近で金融事故を起こしている申込者が再度金融事故を起こす可能性が高いので、個人信用情報機関へ異動情報登録があれば審査落ち判断となります。

楽天銀行カードローンは、信販会社や消費者金融よりも低金利で融資を行うので、他社借入件数が無く金融事故情報が個人信用情報機関へ掲載されていなければ、たとえアルバイトやパートのみの収入であっても審査に通る可能性が高まるわけです。

楽天銀行カードローン公式ページへ

その他楽天銀行カードローンの審査で影響する点は?

楽天銀行カードローンは、総合的な審査が行われるので、他社銀行カードローンで審査落ちした人であっても審査に通る可能性があります。

なぜなら、自社で過去に取引があった履歴を審査に利用することは認められているので、多少信用履歴が悪くても重要な顧客と判断すれば審査に通すことがあるからです。

他社借入と金融事故以外の楽天銀行カードローンの審査で影響する可能性がある2つのポイントをご紹介します。

楽天銀行カードローンの審査で影響する可能性がある2つのポイント

  1. 楽天会員ランク
  2. 携帯電話料金の滞納有無

それぞれについて解説していきます。

楽天会員ランクによる影響

個人信用情報機関へ信用情報照会を行った時に、入と返済履歴が全く無いスーパーホワイトと呼ばれる状態の会員が時々出てきます。

預金が十分にあり、現金主義で生活を続けてきた申込者と、債務整理を行ったために他社から全く借り入れできない状態だった人は、個人信用情報機関に借入と返済履歴が無い状態です。

スーパーホワイトと呼ばれる状態では、与信力の判断が出来ないためにカードローンの審査落ちをすることがあります。

楽天銀行カードローンでは、楽天PointClubの会員ランクにより審査優遇措置を行っていると言われています。

楽天銀行に預金口座を持ち、楽天市場で多数の買物を行っていたり楽天アフィリエイトにより楽天市場商品の宣伝活動に貢献しているなど、楽天会員ランクが高い状態にあれば楽天銀行にとっても取引が多い顧客です。

現金主義を貫いていたために与信力が低いと判断されているだけならば、会員ランクが高いほど審査優遇を行っても良いと考えられるわけです。

保証会社として楽天カード株式会社と株式会社セディナが使い分けられているのは、会員ランク優遇を行う時に楽天カード株式会社を保証会社として付けることを意味しています。

携帯電話料金の滞納有無も関係する

楽天銀行カードローンの審査で注意しなければならない点として、過去の携帯電話料金滞納有無が挙げられます。

なぜなら、携帯電話料金にはスマートフォン購入時に割賦販売契約の割賦料金が含まれていることがあるので、携帯電話料金を3ヶ月滞納して延滞状態となると、個人信用情報機関へ延滞履歴が異動情報として登録されるからです。

携帯電話本体を一括払いで購入していれば、携帯電話料金を滞納していても個人信用情報機関へ延滞履歴が登録されることはありません。

しかし、利用している携帯電話会社が格安SIMの楽天モバイルだった場合には、残念ながら過去の滞納有無が審査に影響してしまいます。

楽天銀行カードローンへ申込する前に、過去に携帯電話料金を割賦販売契約込みの状態で3ヶ月以上滞納したことがある場合は一度個人信用情報機関KSCとJICCに信用情報開示請求してチェックしてみると即座に確認可能です。

楽天銀行カードローン公式ページへ

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 楽天銀行カードローンの審査は借入件数が少ないほうが有利と言われています
  • 審査に通過するためには保証会社の審査に通過する必要があります
  • 借入件数が0件なら、収入と家族構成などから得られる返済能力から審査されます
  • 過去の金融事故情報の有無が審査に影響します
  • 金融機関の有無は個人信用情報機関で照会されます
  • パート・アルバイトも他社借入がなく、金融事故がない場合は審査に通る可能性が高まる
  • 当記事で紹介している楽天銀行カードローンの審査に影響するポイントは以下の4点です
    1. 他社借入の有無
    2. 金融事故の有無
    3. 楽天会員ランク
    4. 携帯電話料金の滞納の有無

いかがでしたか?

「他社借入が2件以上ある」状況の場合は、しっかり他社の返済を終えてから楽天銀行カードローンの審査を受けることをおすすめします。

楽天銀行カードローンならではのポイントは楽天会員ランクの部分だけで、他の内容はどのカードローン会社でも関係があるポイントです。

貸す側も返済が行われないと経営が成り立たなくなるので、貸す相手を選ぶのは慎重です。こちらもそれなりの準備を終えてから審査に受けるべきです。

申込みから利用までスムーズに行えるようにしましょう。

楽天銀行カードローン公式ページへ