• 楽天銀行カードローンはマイナンバーカードでの審査は可能か
    可能です
  • マイナンバーカードで審査するポイントは?
    年齢は大きなポイントです
  • マイナンバーカードの作り方は?
    個人番号通知を受け、マイナンバーカードの申請を行います
  • マイナンバーカードの申請の注意点は?
    即日発行ではありませんので前もって申請しましょう

運転免許証やパスポートと違い、マイナンバーカードは無料で発行できる本人確認書類です。

カードローンやクレジットカードの申請に非常に役立つので気になりますね。

当記事では、楽天銀行カードローンはマイナンバーカードで審査は可能なのか?マイナンバーカードの作り方、マイナンバーカードで審査を受けるデメリットなどをまとめました。

楽天銀行カードローン公式ページへ

楽天銀行カードローンはマイナンバーカードでの審査は可能?

マイナンバーカードでの審査は可能

楽天銀行カードローン公式サイトより

楽天銀行のホームページを見ると、カードローン申し込み時に必要な本人確認書類としては「運転免許証、健康保険証、パスポート、その他当行が指定する本人確認書類のいずれかの写し」と記載されています。

マイナンバーカードは「その他当行が指定する本人確認書類」に該当します。

楽天銀行は、審査上、必要とする個人情報は「氏名、住所、生年月日、性別」と考えています。

また、できれば顔写真を欲しいと考えています。

このため、マイナンバーカードは、本人確認書類として問題ないのです。むしろ、マイナンバーカードは欲しい個人情報が詰まっているため問題ないのです。

楽天銀行は何を審査するのか

楽天銀行がマイナンバーカードや運転免許証の提出を求めてくる理由は、信用情報の名寄せをする点にあります。

楽天銀行の場合は、銀行ですから、銀行系の信用情報センターである「全国銀行個人信用情報センター」に加盟しています。

楽天銀行は、カードローン申し込み者について、まず全国銀行個人信用情報センターに照会し、過去に別の銀行から借りた住宅ローンやカーローン、カードローンの滞納をしていたことの有無や、債務整理の有無を調べます。

そして、提携している別の信用情報機関にも照会をかけます。

貸金業やクレジットカード会社などが加盟している株式会社日本信用情報機構や、割賦販売などのクレジットカード会社が加盟している株式会社シー・アイ・シーです。

これらに対して、消費者金融会社やクレジットカード会社に対して返済の延滞をしているか否かや、携帯電話料金の延滞の有無などを調べるのです。

この調査をした結果、楽天銀行がカードローンの利用申し込み者に対して、問題ないと判断できたときだけ審査を通過させるのです。

無担保で、お金を貸すのですから、この信用調査が実施されることは当然といえば当然です。

マイナンバーカードで審査できるポイント

楽天銀行が、カードローンの利用申し込み者について、マイナンバーカードの項目に基づいて審査するときは、年齢という要素は加味されます。

20歳未満の人の場合は、審査段階で落ちてしまいます。

また、審査を通過しても、カードローンの利用限度額を設定するにあたって、年齢が考慮されるケースは多々あります。

基本的には、年齢が低くなればなるほどポイントは低くなり、年齢が高くなればなるほどポイントは高くなります。

信用度が高い申し込み者は、年齢が高い人物なのです。

このため、仮に年収が同じ600万円であっても、25歳の人と、40歳の人を比較すれば、40歳の人のほうがカードローンの利用限度額は高く設定される傾向があります。

マイナンバーカードの作り方

マイナンバーカードの作り方は以下の2ステップが必要です。

マイナンバーカードの作り方2ステップ

  1. 個人番号の通知
  2. マイナンバーカードの申請

それぞれ解説していきます。

1.個人番号の通知

自治体から住民票を持っている人に対して、12桁の個人番号が通知されます。

これが通知カードと呼ばれるもので、住民票の住所宛に簡易書留で地方公共団体情報システム機構から郵送されます。

なお、個人番号の通知については、すでに手続きが完了しています。

2.マイナンバーカードの申請

2016年1月から、希望者に対してはマイナンバーカードが交付されています。

マイナンバーカードの交付を希望する場合には、地方公共団体情報システム機構へ交付申請書を郵送して、申請する必要があります。

申請方法は郵便・PC・スマホ・まちなかの証明用写真機の4つの方法から選択できます。

なお、初回のマイナンバーカード発行については手数料は無料となっています。

>>マイナンバーカードの申請方法詳細は公式ページで確認しましょう<<

なお、2015年10月から送付された通知カードに同封されている個人番号カード交付申請書の返信用封筒で、差出有効期間が「2017年10月4日まで」とされているものは、「2019年5月31日まで」有効となりました。

そのため、切手を貼らずに郵便ポストに投函することができます。

マイナンバーカード申請の注意点

マイナンバーカードは、市役所や区役所などでは発行していません。

地方公共団体情報システム機構のみで、発行していますので注意が必要です。

また、住民基本台帳カード及び通知カードと、マイナンバーカードの両方を同時に持つことはできない点も注意が必要です。

さらには、申請をしても、ただちにマイナンバーカードが発行されるわけではありませんので、時間的に余裕を持ったほうが無難です。

マイナンバーカードを作ることのメリット

マイナンバーカードには、住所・氏名・生年月日・性別・個人番号・有効期間・顔写真などが記載されるため、本人確認書類として使用できるメリットがあります。

マイナンバーカードの受け取り方法

マイナンバーカードの交付申請をし、完成すると、地元の自治体(市役所や区役所)から交付準備ができたことを知らせるマイナンバーカード交付通知書(ハガキ)が送られてきます。

そして、交付通知書に記載されている交付場所に出向いて、マイナンバーカードを受け取る必要があります。

なお、自治体によっては休日でも休日窓口で受け取ることが可能です。

また、マイナンバーカードの受け取り時に必要なものは次のとおりです。

マイナンバーカードの受け取り時に必要なもの

  • 個人番号カード交付通知書
  • 通知カード
  • 住民基本台帳カード(保有者のみ)
  • 本人確認書類

マイナンバーカード受け取り時の注意事項

マイナンバーカードには暗証番号を設定する必要があるため、あらかじめ番号を決めておく必要があります。

6文字以上16文字以下の英数字で、英字は大文字のみ設定可能です。

そして、英字と数字の両方を必ず用いた暗証番号としなければなりません。

マイナンバーで審査を受けるデメリットは?家族バレは?

マイナンバーで審査を受けるデメリット

マイナンバーカードの場合は、すべての個人情報が網羅されて掲載されているといって過言ではありません。

そのため、楽天銀行側へ顔写真を含めた個人情報を把握されるというデメリットがあります。

一方、運転免許証やパスポート、そしてマイナンバーカードといった顔写真が掲載されている本人確認書類をいっさい所有していない人の場合は、健康保険証と住民票の2種類の公的書類を用意して楽天銀行カードローンに申し込み、審査を受けることも可能です。

マイナンバーカードで審査を受けるデメリットを挙げれば、顔写真を把握されてしまうという点が挙げられます。

しかし、楽天銀行に顔を知られても普段の生活に支障があるわけではないので、特に気にする必要はないかもしれません。

家族バレがあるのか?

楽天銀行のカードローンに申し込み、審査を通過すると自宅宛に「楽天銀行スーパーローンカード」が送付されてきます。しかも簡易書留です。

このため、申込者が留守のときに家族が簡易書留を受け取った場合には、家族にバレてしまうことはありえます。

一方、家族が留守のときが多いご家庭の場合は、簡易書留を自分自身で郵便局に受け取りに行くことが可能なため、家族にバレる心配は少ないと思われます。

また、楽天銀行の場合は、審査を通過したと申し込み者本人に連絡した翌営業日に、楽天銀行スーパーローンカードを簡易書留で発送しますので、配達日をあらかじめ予測することが可能です。

可能であれば、配達されると予想できる日に在宅していれば、家族にバレることなくカードを受け取ることは可能と思われます。

しかし使用開始のタイミングの楽天銀行スーパーローンカードの郵送以外は基本的に郵送物はないので、ここを乗り切れば家族バレの可能性は低くなります。

楽天銀行カードローン公式ページへ

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • マイナンバーカードでの審査は可能です
  • 楽天銀行側はマイナンバーカードなどの本人確認書類で信用情報を確認します
  • 過去に滞納などの金融事故がないか、債務整理の有無などが見られます
  • マイナンバーカードの作り方は2ステップです
    1. 個人番号の通知
    2. マイナンバーカードの申請
  • マイナンバーカードの申請は地方公共団体情報システム機構のみで発行します
  • マイナンバーカードは即日発行されるわけではないので、時間に余裕を持って行いましょう
  • マイナンバーカードを作ると、今後本人確認書類として使用できるメリットがあります
  • マイナンバーカードで楽天銀行カードローンの審査を受けるデメリットは個人情報を把握される点です
  • 楽天銀行スーパーローンカードが送付される時は家族バレ対策を行いましょう

マイナンバーカードでも審査を受けられるので、この機会に作っておいて損はありません。むしろ便利かもしれませんよ。

マイナンバーカードの申請も楽天銀行カードローンの申請も時間に余裕を持って行いましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

楽天銀行カードローン公式ページへ