• 免許証がなくても楽天銀行カードローンの申込みはできるの?
    できます
  • 免許証以外に認められている本人確認書類とは?
    健康保険証など4つの本人確認書類が認められています
  • 郵送するのが面倒
    →楽天銀行カードローンなら専用アプリで画像を送信で済みます
  • 本人確認書類以外に必要な書類があるの?
    収入証明が必要です。自分の状況に合った収入証明は当記事で解説しています。

CMでよく目にする「楽天カードローン」は手続きが簡単で専用のアプリなどが大好評です。

免許証がない方は楽天銀行カードローンの申込みができるのか、代わりの本人確認書類として何を用意すればいいのか、その際の注意点、必要書類の提出方法、楽天銀行カードローンの申込みから利用までの流れを解説していきます。

楽天銀行カードローン公式ページへ

楽天銀行カードローンは免許証なしでも借りれる?

結論から言いますと、もちろん免許証なしでも申込みは可能です。

現在、多くの金融系サービスの申込みには必ず本人確認が必要となります。

その本人確認書類の中で一番便利なものは「運転免許証」です。

本人確認に必要である「氏名・生年月日・住所・顔写真」がすべて一枚で確認できる優れものです。

しかし、東京や大阪など都市圏で車の必要ない生活を送っていらっしゃる方も多いでしょう。

運転免許証をお持ちでない方、本人証明に苦労したことはありませんか?

なんといっても一番のネックなのは「顔写真」ですよね。

他に顔写真の記載がある本人確認書類としては、「パスポート」がありますが、こちらも全員が全員所持しているものではないですよね。

ご安心ください。なんと楽天カードローンの申し込みに「運転免許証」は不要です。

もちろん、運転免許証をお持ちの方は本人証明としてご利用できますので、ご安心ください。

では、運転免許証がない場合は何を本人確認書類として用意すればいいのでしょうか?

免許証がない方の本人確認書類とは?

楽天銀行カードローンでは以下の5つのうちどれか一つをご用意できれば申し込みは可能です。

楽天銀行カードローンで認められている5つの本人確認書類

  1. 運転免許証(表面の写し)
    ただし発行後に住所変更をされたかたは、裏面の住所変更の表示も必要となります
  2. 健康保険証(表面の写し)
  3. パスポート(顔写真があるページの写し)
    ※ただし日本で発行されたものに限ります
  4. 住民基本台帳(顔写真つきの写し)
  5. 個人番号カード(表面の写し)
    ※こちらは顔写真が必要となりますので、「通知カード」では不可です

運転免許証がなくても、これだけの本人確認書類が認められているとなると嬉しいですね。

続いては、これらの本人確認書類の注意点を解説していきます。

本人確認書類の注意点

楽天銀行カードローンでは上記の5つのうちいずれかが用意できれば本人確認書類の準備は完了です。

本人確認書類に求められている情報としては「氏名・生年月日・現住所」になります。

ただ、ここで気を付けたい注意点があります。

最近引っ越しをされた方で本人確認書類の住所と現住所が異なる方は要注意です。

本人確認書類記載の住所と現住所が異なる場合は申し込みが受理されないこともありますので、しっかりとご確認をしましょう。

→楽天銀行カードローンの問い合わせ先はこちら

また、楽天銀行カードローンでは本人確認書類の提出方法を

  1. 郵送
  2. スマートフォンのアプリで撮影してからデータでの送信

どちらか選ぶことができます。

コピーをする際や撮影をする際に影になってしまって「氏名・生年月日・現住所」のどれかが隠れてしまうと、再度お申込みになる可能性があります。

くれぐれもコピーや写真は自分の目で「氏名・生年月日・現住所」がしっかり読み取れるかどうかをチェックしてください。

次に、申込手続きの際に本人確認書類以外に必要な書類について解説していきます。

本人確認書類以外の必要書類は?

これはどのカード会社でローンを組むにしても同じなのですが、収入証明書類(現在の収入が確認できる書類)が必要です。

また、皆様が「従業員」なのか「事業主」なのかで必要な書類が異なりますのでくれぐれもご注意ください。

  • 従業員の方(パート、アルバイト含む)
    1. 最新の源泉徴収票(写し)
    2. 給与明細書(写し)
    3. 年収所得の記載がある課税証明書(写し)

3つのうちいずれか1つの書類が必要になります。

  • 事業主の方
    1. 課税証明書
    2. 確定申告書

2つのうちいずれか1つの書類が必要になります。

上記の収入証明書類も郵送またはスマートフォンのアプリでの送信が必要になります。

くれぐれも読めない部分ができていないか、自分の目で確認してから提出しましょう。

楽天銀行カードローン申込の流れ

さて、上の「本人確認用書類」と「収入証明書類」を用意できた方はあとはお申し込みをするだけです。

楽天カードローンの申し込みは非常に簡単なので一緒に確認していきましょう。

1.公式ホームページにアクセスします

公式ホームページにアクセスしてください。

2.自分の状況に合ったボタンをクリック

「楽天会員(楽天IDをお持ち)のかた」、「楽天銀行の口座をお持ちの方」、「楽天ID・楽天銀行口座をお持ちでないかた」の中から当てはまるものをクリックします。

3.必要事項を入力して、お申込み完了です

これで楽天のほうでカードローンの審査が始まります。

4.勤務先に在籍確認の電話が来る

勤務先に電話がかかってくることがあります。

「周りにローン組んでいることばれたくないなあ。」という方もご安心ください。

あくまで在籍確認の電話なので、「〇〇様はいらっしゃいますか?」の確認のみで、楽天側が申込者のプライバシーに関することを話すことはありません。

5.本人に審査結果の電話

この瞬間が一番緊張しますよね。

万が一審査に通らなかった場合も連絡は来ますので、必ず確認しましょう。

6.楽天銀行から届くメール「書類送付手続きのお願い」の確認をする

電話がかかってきた時には、楽天銀行から「書類送付手続きのお願い」というメールが届いていると思いますので、確認をしてみてください。

その中に記載されている「受付番号」がこの後必要になりますので、メールは削除しないでください。

7.必要書類の送付

さて、ここで「本人確認書類」と「収入証明書類」が必要になります。

その書類を楽天に送るのですが、送る方法は先ほど解説した通り2通りあります。

1つは郵送、もう1つは専用アプリでデータ送信です。

どちらを利用するかは、審査結果の電話が来た際に自由に選べるようになっています。

今回はどちらのやり方も紹介します。

  • 郵送の場合
    電話で郵送の旨を伝えると、書類送付用の封筒を申込者の現住所に郵送してくれます。
    あとはその封筒の説明通りに必要書類(写し)を返信用封筒に入れて、ポストに投函するだけです。
    手間はかかりませんが、郵送の時間がかかるため、アプリに比べてやや遅い対応になってしまうのが難点です。
  • アプリの場合
    まずは「楽天銀行」でアプリを検索し、ダウンロードします。
    ダウンロードが終わったらアプリを起動し、「書類を送る」ボタンをタップします。
    この時、ログインを求められますが、ログインはしなくても大丈夫です。
    次に「スーパーローン」ボタンをタップします。
    すると「受付番号」と「生年月日」の入力を求められるので、入力してください。
    「受付番号」は7.で確認した番号を間違えないように気を付けましょう。
    最後に「必要書類」の添付を求められるので、指示通りに写真を撮り、送信してください。
    もしこの時に写真が不鮮明になってしまっても、撮り直しができるので安心して撮影してください。

8.「楽天ローンカード」と「口座振替依頼書」が郵送される

いよいよ手元に楽天ローンカードが届きます。

しかし、利用までひとつだけやるべきことが残っています。

それが「口座振替依頼書」です。

基本的には同時に届くようになっていますが、時折、カードより後に届くこともあります。

9.「口座振替依頼書」の記入

どの口座からローンの支払いをするかを決定する書類です。

自分の口座の情報を記入し、返信用封筒に入れ、ポストに投函してください。

以上で手続きのほうは終了になります。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 免許証が無い方も楽天銀行カードローンの申し込みは可能です
  • 楽天銀行カードローンでは以下の5つの本人確認書類が認められています
    1. 運転免許証
    2. 健康保険証
    3. パスポート
    4. 住民基本台帳
    5. 個人番号カード
  • 本人確認書類と現住所が異なる場合は問い合わせをして確認する必要があります
  • 本人確認書類の提出方法は以下の2通りあります
    1. 郵送
    2. スマートフォンのアプリでデータ送信
  • 本人確認書類の他に収入証明書が必要です
  • 楽天銀行カードローンの申込みはとても簡単です
    1. 公式ホームページのカードローンページを開きます
    2. 「楽天会員のかた」「楽天銀行の口座をお持ちの方」「楽天ID・楽天銀行口座をお持ちでない方」のいずれかを選択します
    3. 必要事項を入力をします
    4. 在籍確認が行われます
    5. 審査結果の連絡が来ます
    6. 書類送付手続きを確認
    7. 必要書類の送付
    8. 楽天ローンカードと鋼材振替依頼書が届く
    9. 鋼材振替依頼書の記入

楽天銀行カードローンでは免許証がなくてもお金を借りられることが分かりました。

そして楽天銀行カードローンの申込みは非常に簡単にできることも分かりました。

しかし、本人確認書類の内容や写りなど注意点は必ず確認をしておきましょう。

また、申込みは簡単とは言えカードローンは信用第一です。

審査に通って利用が開始してから、必ずルールを厳守して返済計画をして利用しましょう。

楽天銀行カードローン公式ページへ