• 楽天銀行カードローンの審査結果は申込みから何日後に来るの?
    →通常2日~7日程度です
  • 楽天銀行カードローンの審査結果が来ない=落ちたってことですか?
    →審査結果は必ず来ます。来ない場合は5つの原因が考えられます。
  • 楽天銀行カードローンの審査結果が来ない時は何をすればいいの?
    4つのやるべきことがあります

カードローンの審査結果の連絡がこないと、もしかしたら審査に落ちたのではないかと思って不安になりますよね。

そのまま不安でいるのはやはり精神衛生上辛いですし、実は楽天銀行カードローン側はあなたに連絡が取れなくて困っているなんて可能性もあります。

当記事では、楽天銀行カードローンの審査結果の連絡がこない原因や、できることはあるのかを解説していきます。

楽天銀行カードローン公式ページへ

通常の楽天銀行カードローン審査結果が来るスピード

まずは楽天銀行カードローンの通常の審査時間について把握しておかないとなりません。

「なかなか連絡が来ない」と思って、落ち込んでいたけど、実はそれは楽天銀行カードローンにおいては普通のことだったということもあるものです。

実際銀行系のカードローンは、楽天銀行を含めて審査が厳しいです

審査が厳しいということは当然審査に時間がかかるということ。1週間くらい返事が来ないこともあるのです。

最短でも、翌営業日以降になります。

つまり、楽天銀行カードローンの審査結果の連絡が来るのは、通常であれば2日から7日程度と考えておくと良いでしょう。

続いては、楽天銀行カードローンの審査結果が来ない場合の原因を解説していきます。

楽天銀行カードローンの審査結果が来ない原因

通常であれば遅くとも1週間くらいで連絡が来る楽天銀行カードローンですが、中には「もう1週間以上待っているけどまだ連絡がこない」という方もいるでしょう。

ではなぜそういう方の審査には時間がかかっているのでしょうか。それには、いくつかの理由が考えられます。

楽天銀行カードローンの審査結果が来ない5つの原因

  1. 審査に通るかどうかぎりぎりのラインである
  2. 勤務先と連絡がつかない
  3. 申し込みが殺到している
  4. 連休中や前に申し込みをしてしまった
  5. メールを受け取れなくしてしまっている

それぞれの原因を解説していきます。

1.審査に通るかどうかぎりぎりのラインである

まず、楽天銀行カードローンは、日本国内に住んでいて安定した収入のある20歳から62歳までの方であれば、誰でも申し込みができるカードローンです。

つまりそれだけ間口は広いのです。しかし、だからと言って誰もが審査に通るわけではありません

楽天銀行側が決めたラインを超えれば審査に通り、そのラインを超えないと通らないということです。

明らかにそのラインを超えている場合は、問題なく審査に通るでしょう。

例えば年収1000万円で金融事故もない、さらには勤続20年というような方であれば、審査がスムーズなのでその分連絡も早くなります。

しかし逆に、収入と希望限度額のバランスが悪いような審査に通るかぎりぎりのラインの場合には、もっと細かくいろいろ精査して慎重に考えないとなりません。その分、審査に時間がかかるわけです。

楽天銀行側はできれば貸したいと思っています。それが利益になりますから。だから、ぎりぎりのラインでも時間をかけて通せないか審査をするのです。

2.勤務先と連絡がつかない

楽天銀行カードローンの審査では、勤務先に在籍確認をします。在籍確認が取れないと、当然審査を通すことはできなくなります。

つまり、その確認が取れるまで、審査は滞ることになるのです。

だから、審査結果の連絡がなかなか来ない時には、会社と連絡が取れなくて在籍確認が進まないからであるということもあります。

たとえば土日休みの会社などの場合は、木曜日とか金曜日に申し込みをすると、その分在籍確認に時間がかかるようになる可能性も高くなるでしょう。

3.申し込みが殺到している

楽天銀行カードローンは、人気のカードローンです。楽天という企業の安心や親近感もあって、年々知名度も増しています。

そうなると当然、申込者も多くいることになります。しかし、審査は慎重です。

なので、申し込みが殺到しているとその分だけ審査に時間がかかるようになることがあるのです。

たとえばキャンペーン中や視聴率の良い番組でCMが流れた直後、カードローンの申込者が多いと言われる2月~4月などは申し込みが殺到している可能性は高くなります。

4.連休中や前に申し込みをしてしまった

楽天銀行カードローンの審査は、土日祝は行っていません。なので、連休中や連休前に申し込みをした場合には、その分だけ連絡が遅くなるのです。

例えば年末12月の27日くらいに申し込みをすると、28日には審査が進む可能性もありますが、そこから少なくとも年明け3日までは審査は止まります。

そして年明け4日になるとまた審査は進み、さらに4日~5日後にしんさ結果が出る流れになります。

そうなったら、12月27日に申し込みをして、連絡が来るのが1月9日とか10日になることもあり得ます。

このように、連休と重なるとどうしても時間がかかってしまうのです。

5.メールを受け取れなくしてしまっている

楽天銀行カードローンの審査結果は、メールで来ることが多いです。でも何らかの設定により楽天からのメールが受け取れなくなってしまっていることがあります。

例えば迷惑メールが多すぎて、パソコンからのメールを拒否している場合や、そこまで強固ではないにしてもフィルターをかけている場合などです。

もしそういう設定をしているならば、申し込み前にその設定は解除してから申し込みをするのがおすすめです。

楽天銀行カードローンの審査結果が来ない時にやるべきことリスト

「なかなか楽天銀行カードローンから連絡がこない。」

そんな時にはどうすればよいでしょうか。

確かにそのまま待っていれば、いつかは連絡が来るでしょう。でもやはりいつまでもそうして待っているのは心苦しいものですし、少しでも早く審査結果の連絡が欲しいものです。

審査結果の連絡がなかなか来ない時にやるべきことをまとめました。

楽天銀行カードローンの審査結果が来ない時にやるべきこと

  1. メールで問い合わせをしてみる
  2. 電話で問い合わせをしてみる
  3. 在籍確認がスムーズにできるように根回しをする
  4. 情報を確認してみる

それぞれ解説していきます。

1.メールで問い合わせをしてみる

まずするべきことは、メールで問い合わせをしてみるということです。メールで問い合わせをすることには、二つの意味があります。

一つは当然、連絡の催促です。

めったにあることではありませんが、たまたま忘れていて遅くなっているという可能性も0ではありません。なので、連絡が来ていないことをアピールするのです。

二つ目は、楽天銀行側からのメールがフィルターにかかっていないかを確認できます。

その確認は、やはり向こう側から連絡をしてくれないとわからないものです。しかし待っていても連絡がないから確認ができない。

こちらから連絡を入れれば、その返事はまずきますから、それで確認できます。そのためにあえてメールで連絡をするのも効果的なのです。

→楽天銀行カードローンの問い合わせ先はこちら

2.電話で問い合わせをしてみる

メールで問い合わせをしても、全然返事が来ないこともあります。その場合には電話で問い合わせをしてみるのも当然ありです。

電話での連絡の利点は、なんといっても確実に連絡が取れることです。メールの場合は、LINEではありませんから既読などもつきません。

つまり連絡がきちんと届いているのかわからないのです。でも電話であれば確実です。

3.在籍確認がスムーズにできるように根回しをする

例えば、会社の個人情報の関係で、在籍確認がスムーズにいかないということもあります。

なので会社側に「楽天銀行から電話があるかも」といっておいて、スムーズに在籍確認が取れるようにしておくことも一つの対処法です。

営業時間などは変えられなくても、そのくらいであればできるでしょう。

4.情報を確認してみる

それでも連絡がこない時には、情報を確認してみることが大切です。

入力情報を確認して、何か問題が無いか改めて検討してみましょう。そして次の申し込みに活かしていくのが、賢いやり方です。

楽天銀行カードローンの審査結果がこないのには、以上のような理由が考えられます。

10日以上連絡が来ない場合は、自ら動く方が賢明かもしれません。少しでもスムーズに申し込みが完了するようにしていきましょう。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 通常の楽天銀行カードローンから2日~7日程度で審査結果の連絡が来ます
  • 楽天銀行カードローンの審査結果が来ない原因は以下が考えられます
    1. 審査に通るかギリギリのライン
    2. 勤務先と連絡がつかない
    3. 申込みが殺到している
    4. 連休中や連休前に申込みをした
    5. メールを受け取れない
  • 楽天銀行カードローンの審査結果が来ない時にやるべきこと
    1. メールで問い合わせをする
    2. 電話で問い合わせをする
    3. 在籍確認がスムーズにできるように根回しをする
    4. 情報を確認してみる

いかがでしたか?

申込みから10日以上、審査結果の連絡が来ない場合はいずれかの行動をすることをおすすめします。

申込みから利用までスムーズに行えるといいですよね。

楽天銀行カードローン公式ページへ