• 借入希望額によって審査は厳しくなるの?
    厳しくなると言えます
  • 借入希望額は高めに記入すべきではないの?
    →はい
  • 審査通過後に利用限度額を増やすことが可能?
    →可能です
  • 楽天銀行カードローンの審査に通りたいけど、限度額はいくらがおすすめ?

楽天銀行カードローンの申込みの際に”限度額”はいくらを設定すべきでしょうか。借入希望額を高めに記入すべきではない理由を解説していきます。

楽天銀行カードローン公式ページへ

借入希望額によっては審査が厳しくなるの?

結論から言いますと、借入希望額によって審査は厳しくなります。

あまりにも収入に見合っていない額を希望するのは審査に通りにくくしていまいます。

楽天銀行カードローンの借入最大限度額は800万円になっています。しかし、申込みをすれば誰でも800万円を借りられるわけではありません。

申込みをする人の

  • 年齢
  • 職業
  • 年収

などのを審査して、限度額が決まるのです。

つまり、借入希望額がどこまで認めらるのかは、申込みをする人の条件によって変わります。正社員で務めている企業の安定性が高く、他社からの借入がなくて年収が高い人の方が頻繁に転職している人より借入できる金額は高くなります。

せっかく借入するのであれば、できるだけ高い金額で申し込みをしようと考える方もいるかもしれません。しかし、自分の年収などの条件とくらべてあまりにも高めの借入希望額で申込みをするのはやめましょう

なぜなら、さきに解説したとおり借入限度額は申し込みをした人の条件を審査して決まるからです。

楽天銀行カードローン側も、貸したお金をしっかりと返済してもらわないといけません。ですから、返済が難しくなるような高い金額を貸してくれることはありません。

たとえば年収200万円の人が借入限度額いっぱいの800万円で申し込みをしても、審査が通る可能性はほとんどないのです。

続いて、借入希望額は高めに記入すべきでない理由を詳しく解説していきます。

借入希望額は高めに記入すべきではない理由

借入希望額は高めに記入すべきでない理由は、審査が厳しくなり、落ちた場合他社カードローンの審査も厳しくなるからです。

先ほど、借入希望額は年収に比べてあまりにも高くしない方がいいお話をしました。借入希望額によって審査が厳しくなるからです。

カードローンは再審査まで半年以上は空けるのが鉄則です。(一般的に、半年以内の再審査に通るケースは少ないです。)

さらに、カードローンやクレジットカードの申込みをして審査落ちすると、金融業界で共有している信用情報に記録されます。(これは楽天銀行カードローンだけではなく、どの銀行系カードローンでもクレジットカードでも同じように記録されます。)

そしてこの履歴は、他のカードローンなどに申し込みの審査の際に見られます。

”いくつものカードローンやクレジットカードに申し込みをして審査落ちしている”ということが信用情報に載っていると、「この人は他社の審査に何度も落ちているからお金に困っている可能性がある。返済能力もないのかもしれない」と思われてしまい、審査に落ちやすくなってしまいます。

このようにカードローンの審査落ちは自分の信用情報に傷をつけてしまうリスクがあることです。

例えば10万円だけ借入できれば良い状態だったのに、100万円の枠を申し込みをして審査落ちしてしまうと、楽天銀行カードローン以外でも審査落ちしてしまう可能性が高くなるのです。

そんなことにならないように、最初から必要最小限の金額を申し込んでおくことをおすすめします。

審査通過後に利用限度額を増やすことが可能?

楽天銀行カードローンの審査に通った後に、もっと利用限度額を増やしたいと思うこともあるでしょう。

利用限度額の増額は、以下の条件を満たしていれば申し込み可能です。

  • 新規利用開始から半年以上経過している
  • 前回の増額審査を受けてから半年間経過している

つまり、利用限度額の審査を受けてから半年以上経っていれば利用限度額を増やせる可能性があるのです。

ちなみに、半年以上空けていれば前回の増額申込時に審査落ちしていても問題ありません、

では、いくらまでなら利用限度学を増やせるのか気になる方もいるでしょう。こればかりは、楽天銀行カードローンの審査内容が明かされていないので明確な数字を紹介することはできません。

一つの基準としては「総量規制」という法律が参考になります。

総量規制とは

貸金業者に適用される法律で、「年収の3分の1までしかお金を貸してはいけない」という内容です。

この法律によって、貸金業者は申し込みをした人の年収の3分の1以上は貸し出さないことになっているのです。

ただし、楽天銀行カードローンは名前からもわかるとおり、いわゆる貸金業ではなく銀行業なので、実はこの総量規制は適用されません。

ですから、たとえば年収300万円の人は貸金業者からは年収の3分の1である100万円までしか借入できませんが、楽天銀行カードローンからなら100万円以上借りられる可能性もあるのです。

とはいえ、「年収の3分の1」というのは利用限度額の目安を予測する上で、ひとつの目安にはなります。

もちろん、楽天銀行カードローンでの利用実績や職業などによって差はでますが「年収の3分の1」を一つの目安として考えておきましょう。

楽天銀行カードローン増額の方法

楽天銀行カードローン増額は、問い合わせ窓口から申し込みできます。

また、一定の利用実績がある利用者に対して楽天銀行カードローン側から増額の案内が来る場合も稀にあります。

楽天銀行カードローンメンバーズデスクから申し込みをする場合は、会員サイトからそのまま増額申し込みができます。電話の場合も、本人確認などを行って増額申請をします。

楽天銀行カードローン側から電話で増額の案内をされた場合は、そのまま電話で申し込みすることもできます。

ただし、楽天銀行カードローン側から増額の案内が来た場合でも、審査の結果増額できない可能性もあります。

申込みをする場合は、本人確認書類と収入証明書(限度額が300万円以上の場合のみ)を提出します。また、勤務先への在籍確認の電話も入るので、必要に応じてあらかじめ勤務先に伝えておきましょう。

増額の審査は年収や勤務状況、他社借入状況などにくわえて、楽天銀行カードローンの利用実績(借入と返済)も重視されます。

ある程度の金額を借り入れして、しっかりと返済しているという実績がないと増額される見込みはあまりないと考えておきましょう。

審査の結果、通過した場合は電話連絡によって通知を受けます。万が一審査落ちしてしまった場合は、メールか郵送での通知になります。

なお、楽天銀行カードローンの増額審査は2営業日以上かかります。申込みをしてその日のうちに増額してくれることはないので気をつけましょう。

また、増額申込みをするときには注意しなくてはいけないことがあります。

増額申込みの際の注意点

  1. 利用制限がかかる可能性
  2. 利用限度額が下がる可能性

それぞれ解説していきます。

1.利用制限がかかる可能性

新規で申込みをした時点より、信用情報の内容が悪くなっている場合に起こり得ます。

最悪の場合は利用停止です。

2.利用限度額が下がる可能性

以前の審査をしたときよりも他社借入件数や額・年収などの条件が悪くなっていると、今よりも利用限度額が下がる可能性もあります。

以上の2点の可能性があると自覚がある方は、増額の申請はしない方が今の利用限度額を維持できるかもしれません。

増額申請に必要な書類

増額申請に必要な書類は、以下の本人確認書類1点です。

増額申請に必要な書類は以下の1点

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • その他楽天銀行カードローンが指定する書類

一般的なカードローンなどでは本人確認書類は申込時に提出を求められますが、楽天銀行カードローンでは、審査に通過した後に提出書類の案内を受けてから提出します。

なお、外国籍の方は永住権を証明するための書類として「特別永住者証明書」などの提出を求められる可能性があるので、準備しておきましょう。

また、借入限度額が300万円を超過する場合は以下の収入証明書1点が必要になります。

借入限度額が300万円を超過する場合に必要な書類

  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細

これらの書類が手元にない場合は、申込みをしたあとに手配しておきましょう。

まとめ

楽天銀行カードローンの申込の際は借入希望額は必要最小限の金額にしておくことが重要です。

欲張って収入に見合っていない借入希望額を記入すると、審査のハードルは高くなると思っておきましょう。

万が一、楽天銀行カードローンの審査に落ちた場合、他社カードローンの審査のハードルも高くなる可能性があります。

そうなってくると”結局どこからもお金を借りることができない”という状況になりかねません。

楽天銀行カードローンの審査に通り、半年以上利用実績があれば限度額を増やすことができるかもしれません。

まずは審査に通ることを考えましょう。

楽天銀行カードローン公式ページへ