• 楽天銀行カードローンの年齢申込み上限と下限は?
    満20歳以上62歳未満
  • 年齢制限がある理由は?
    お金の回収不能を防ぐため
  • 高校生年金受給者は申込み可能?
    高校生はNG、年金受給者は条件次第でOK
  • 申込み年齢で審査に有利不利はある?
    あります

楽天銀行カードローンは金利がかなり低く抑えられているのが特徴です。

一方で、年齢制限が存在するため、申込者の年齢によっては審査落ちしてしまう可能性があります。

年齢確認は基本中の基本になるため、年齢が低すぎる場合や高すぎる場合は注意が必要です。

当記事では、楽天銀行カードローンの年齢制限、高校生と年金受給者は申込みできるか・年齢制限が厳しい理由・申込み年齢と審査の関係について解説していきます。

楽天銀行カードローン公式ページへ

楽天銀行カードローンの年齢制限:年齢上限と下限

楽天銀行カードローンを利用するには、満20歳以上62歳未満であることが求められます。

借入額が大きく、完済年齢が70歳を超えてしまうと借り入れができなくなるのもポイントです。

年齢制限がある理由の一つが、未成年の法律上の定義です。

未成年者は契約時の責任が薄く、金銭的な責任を追及することが難しくなります。特にローンに関する法律は厳しくなっていて、安易に貸付を行った場合に全額が戻ってこない可能性が高くなるのです。

楽天銀行カードローンは低金利が大きな魅力になっているため、リスクが高い未成年を顧客として扱ってしまうと低金利が維持できなくなります。

未成年者への貸付はリスクが大きいため、満20歳未満の場合は年齢の時点で審査が通らなくなるのです

年齢上限が62歳未満になっているのも、支払いの確実性を確保するためです。

銀行系ローンの多くは60歳から65歳までの間に上限年齢を設定していることが多く、楽天銀行カードローンはそれでも若干ゆるめになっています。

60歳以上になると定年してしまう人が増えてしまい、収入の安定性が失われる可能性が高くなります。

それでも貸付を行ってしまうと回収不能のリスクが高まるため、完済年齢も70歳までと制限が設けられているのです。

借入額が大きすぎれば年金収入を圧迫し、自己破産などのリスクが高まるという理由もあります。

ローンを申込む場合は楽天銀行カードローンに限らず、年齢を確認した上で申込むのが基本です。社会人であれば余り影響はないものの、年齢が低い場合や高すぎる場合は注意が必要なのです。

次に、高校生や年金受給者は楽天銀行カードローンを利用できるのか解説していきます。

高校生は申込みNG:年金受給者は条件次第

楽天銀行カードローンは、高校生の申込はできません

年金受給者の場合は条件によって申込が可能ですが、パートやアルバイトなどで収入があることが前提になってきます。

年金収入のみの場合は申込自体ができず、審査に通ることもなくなってしまいます。

楽天銀行カードローンは学生でも申込みが可能ですが、基本的にアルバイトやパートなどの定期収入があることと、満20歳以上であることが求められます。

満年齢で20歳を越えている必要があるため、高校生である時点で申込の対象から外れてしまうのです。大学生や専門学校生などは条件を満たせば申込めますが、まずは働いていることが前提になります。

年金受給者であっても、パートやアルバイトなどの定期的な収入があれば申込むことができます。

あくまで年金以外の収入源があることが前提になることと、年齢が高すぎれば年齢上限が問題になってくる可能性があることがポイントです。

年金は生活維持の基本になるため、年金の支払い能力を担保に楽天銀行カードローンに申込むことができないのです。

年金収入に頼っている場合は、お金を借りるよりは生活を維持することが重要になります。

どうしてもお金に困った場合は、生活費や医療費に限定して年金を担保にお金を借りる方法などもあるため、まずは公的な機関を頼ることが重要です。

では、楽天銀行カードローンの年齢制限が厳しい理由を解説していきます。

楽天銀行カードローンの年齢制限が厳しい理由

楽天銀行カードローンの年齢制限が厳しいのは、お金の回収不能を防ぐためです。

楽天銀行は非常に低い金利でお金を借りられるのが強みです。

運用コストを減らすことで一般的な銀行やカードローンよりも金利を下げることに成功していますが、貸付の回収不能が多ければ金利を維持できなくなります。

お金の貸付は、収入が少ない人を相手にするほど回収不能のリスクが高くなります。収入が高いほど返済能力も高いため、自己破産や債務整理などを行う確率が減るからです。

年齢が極端に低い場合や高齢者であればそれだけ収入を得ることが難しくなるため、低金利を維持するためには避ける必要がでてきます。

貸付条件をゆるくする場合は、それだけ金利が高くなることが一般的です。

一般的な金融業界の金利は15%から18%が目安になります。特にカードローンは金利が高く、小額であれば18%が標準になってきます。一方で、楽天銀行カードローンの場合は、14.5%とかなり低い金利に抑えられています。金利が低いので楽天銀行カードローンは人気が高まっています。

しかしこの金利にするには、未成年や高齢者ではなく働き盛りの利用者にお金を貸して、確実に返済をしてもらわなければ成り立たないのです。

どの程度のリスクを受け入れられるかは金融機関の戦略によって異なります。採算がとれなくなればカードローンサービスを提供すること自体ができなくなるため、年齢制限も厳しくなっているのです。

それでは、申込み時点の年齢が審査に有利不利かの影響を及ぼすのかどうかを解説していきます。

申込年齢で審査に有利不利の存在はあるか

楽天銀行カードローンは上限年齢や下限年齢が設けられているように、申込年齢が影響を与えます

注意したいのは、年齢も影響を与えますが勤続年数なども影響を与える点です。特にカードローンの上限額を大きくする場合は、年収や勤続年数が問われるようになります。

勤続年数が重要になるのは、長く同じ企業などに勤めている人ほど収入が安定しているとみなされるからです。

年収が高くても転職を繰り返している場合は平均収入を差し引きで見なければならないケースもでてきます。

少額の借入の場合はほとんど影響がないものの、金額が大きいほど同じ場所で長く働いているかが重要になるのです。

楽天銀行のカードローンの上限額は800万円までと、かなり高額になっています。

800万円の上限までお金を借りるためにはかなりの年収が必要で、それだけ審査も厳しくなります。

年収の面で条件をクリアしていても、転職直後など勤務期間が極端に短い場合は審査落ちする可能性がでてくるのです。

ただし、年収と勤続年数がどの程度審査に影響しているかは公開されていないこともポイントになります。

カードローンの審査は申込み者の借入状況や勤続年数、年齢、持ち家かどうかなど様々なポイントで審査されるます。年収が変わらなくても、同じカードローンに申込んで審査に通るケースなども存在します。

勤続年数が影響を与えることがあるだけでなく、銀行側の審査基準が年々変わっている可能性もあります。

多くの口コミから分かるのは、楽天銀行カードローンの審査を通すためのコツは少なめの金額で申込むことです。

カードローンを申込んだ後に審査を受けなおし、上限額を上げるといった手法も存在するので、まずは少額で申込みし、審査に通ることが重要です。

注意しなければならないのは、審査落ちを繰り返してしまえば申し込みブラックという状態になり、しばらくカードローン自体の審査が通らない状態になる場合です。

パートやアルバイトであれば最低限度額で、正社員として仕事をしていてもあくまで必要最低限の申し込みを行った方が審査落ちのリスクが少なくなります。

まとめ

楽天銀行カードローンは金利が低く、非常に人気です。その金利の低さが年齢制限と関係していることが分かりましたね。

そして、申込み年齢は審査に非常に影響があることも分かりました。さらには申込み年齢だけでなく勤続年数なども審査には影響します。

カードローンの審査に通るには、返済能力があり、借りすぎにならない限度額を希望することがポイントとなります。

このような審査に通りやすくするコツは知っているのと知らないのでは雲泥の差があります。これからカードローンに申し込む方は当サイトの記事をチェックしてから申込みすることをおすすめします。そして申込みから借入まで、スムーズに進めましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

楽天銀行カードローン公式ページへ