• プロミスカードが見当たらない
  • 盗難被害に遭ったバッグの中身にプロミスカードが含まれていた!

そんな時は今すぐ対処して悪用を防ぎましょう。

当記事では、プロミスカードを紛失した事態にすぐにやるべきことをまとめました。

警察への届け方法や緊急連絡先も分かりやすくまとめたので、落ち着いて対応していきましょう。

プロミスカードを無くしました。どうすればいいですか?
今すぐプロミスに連絡しましょう。連絡先はこちらです。
プロミスカードを再発行するまでの流れを教えてください。
プロミスに連絡、警察へ盗難届を出す、再発行手続きを行うです。
再発行の手続きがどうやってできるんですか?
自動契約機・お客様サービスプラザ、プロミスコールのいずれかで行うことができます。

今すぐ行うのはプロミスへの連絡

盗難やどうしても見つからない場合など、プロミスカードを紛失した方は今すぐプロミスコールに連絡をいましょう。

▼▼プロミスコール最新の連絡先はこちら▼▼

プロミス

プロミスカード紛失、盗難時の流れは以下の通りです。

プロミスカード紛失や盗難時の流れ

  1. プロミスコールに電話します
    プロミスがプロミスカードが利用されないように利用停止処置をとってくれます。
    余裕がある方は再発行の旨も伝えておきましょう。
  2. 最寄りの警察へ紛失届を提出します
  3. プロミスカードの再発行手続きを行う

プロミスコールに電話すれば、カード紛失・盗難の連絡は24時間対応してもらえるので安心ですね。

とにかくプロミスコールへ電話しましょう。

プロミスへの連絡が済みましたら、次はすぐに警察署へ行き、盗難届を提出しましょう。

プロミスカードを紛失した時は、すぐにプロミスに連絡を

もしも警察への届け出を怠ってしまった場合には

もしもプロミスカードを紛失してしまったにもかかわらず、プロミスや警察への届け出を怠っており、カードの不正利用が発覚した場合にはどうなるのでしょうか。

プロミスのカードローンの規約によると”利用者がカードを紛失したり盗難されたりした結果、カードを不正利用された場合には利用者がその責任を負うという旨が第32条に掲載されています。

カード紛失後速やかにプロミスや警察に連絡を入れていれば補償してもらえる可能性があります。

しかし、もし連絡を怠った場合にはこの規約と照らし合わせて考えてみると、補償してもらえる可能性は限りなくゼロに近いと考えられます。

これらのことからもしもプロミスのローンカードを紛失してしまった場合には速やかにプロミスと警察に連絡をすることが自分を守るために大切と考えられます。

プロミスカードの再発行手続き3つの方法

新規で申込みをした時のプロミスカードの発行がとてもスピーディーだったので、再発行も同様にスピーディーに出来ると勘違いする方は多いです。

しかし、プロミスカードの再発行は最大2週間程度かかる場合がありますので、受け取り方法とかかる時間を確認しておきましょう。

再発行受取りの方法は以下の3通りあります。

プロミスカードの再発行手続き3つの方法

  1. 自動契約機で手続きと受取りをする
  2. お客様サービスプラザ(店頭窓口)で手続きと受取りをする
  3. プロミスコールで手続きを行い、郵送で受け取る

ここで注意していただきたい点が、メールで再発行手続きは行えないということです。

リアルタイムでやり取りができる自動契約機・店頭窓口・電話でプロミスカードの再発行を行いましょう。

また、自動契約機とお客様サービスプラザ(店頭窓口)は営業時間が設定されているので向かう前に確認しておきましょう。

自動契約機とお客様サービスプラザの営業時間

店舗 営業時間
自動契約機 9時~22時
お客様サービスプラザ 10時~18時

店舗によっては営業時間が異なるので、プロミス公式サイトで確認をしてください。

場所もこちらで検索できます。

→プロミス公式HPで店舗検索をする

自動契約機とお客様サービスプラザ(店頭窓口)での手続きの場合は、その場でプロミスカードを再発行して、受け取りもその場で可能です。

しかし、プロミスコールで再発行の手続きを行う場合は後日郵送でプロミスカードを受け取ることになります。

そうなると、郵送が届くまでの期間、最大約2週間はプロミスカードを利用できません

それに郵送物で家族バレする可能性もあります。

この辺を理解した上で、再発行方法を選択しましょう。

続いて、気になる再発行手続きについて解説していきます。

プロミスカードの再発行手続き

プロミスカードの再発行には手数料が発生します。金額は以下の通りです。

プロミスカード再発行手数料

  • 紛失、盗難、破損の場合
    300円+消費税
  • その他磁気が弱くなった等
    無料

この金額なら安心ですね。

手数料も変更になる場合があるので、手続きの際に確認しておきましょう。

続いては、プロミスカードの再発行で必要な書類を解説していきます。

プロミスカードの再発行時に必要な書類

プロミスカードの再発行時には指定された必要書類の提示が求められます。

スムーズにプロミスカードの再発行を行いたい場合は、手続き前に必ず準備をしておきましょう。

プロミスカードの再発行に必要な書類は”本人確認書類”です。

プロミスで認められている本人確認書類とは以下の通りです。

プロミスで認められている本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

新規発行の時と同様にプロミスで認められている本人確認書類とは運転免許証が一般的です。

運転免許証がない方はパスポート、または健康保険証+住民票などが適しています。

本人確認書類は時代に合わせて変化しているので、必ずプロミス公式サイトも確認しておきましょう。

→プロミス公式サイトで本人確認書類を確認する

とにかく早くお金を借りたい方はこちら

プロミスのローンカードを紛失してしまった場合、プロミスコールへ電話をかけることで紛失したカードの利用停止手続きができると同時に新しいローンカードの再発行手続きも行えます。

しかしプロミスコールでカードの再発行手続きを行った場合、自宅に新しいローンカードが届くまで一週間以上の期間がかかるため、紛失直後に現金が必要となった場合に困ることとなります。

もしもプロミスのローンカードを紛失した後、すぐにお金を借りたい場合にはどうすればよいのでしょうか。

最もおすすめできる方法の一つが、大手消費者金融の一社であるSMBCモビットのキャッシングサービスを契約し、借り入れる方法となります。

SMBCモビットのキャッシングに申込みをした場合、契約をしてお金を借りるまで最短30分です。

プロミスカードの再発行より早いのは明らかですね。

次に、SMBCモビットのサービスにはどのようなメリットがあるのかを詳しく確認していきましょう。

SMBCモビットの借り入れまでのスピード

SMNBモビットは審査にかかる時間が最短で30分です。

最短で即日融資に対応しているので、急いでお金を借りたい場合に非常に便利です。

SMBCモビットはインターネットからの申込みに対応しているので24時間いつでも申し込みができます。

ネット申し込みを行った後でフリーダイヤルへ電話をかけて急いでいることを伝えることで優先的に審査を開始するシステムがあるので、このシステムを利用することで申し込みから借り入れまでをスムーズに行えるのです。

また審査完了後はそのままネットで契約手続きを済ませることもできますし、ローン申し込み機で手続きを済ませることもできます。

さらにSMBCモビットはメガバンクである三井住友銀行の系列の金融機関ということもあり、三井住友銀行内に設置されているローン契約機を利用しての契約手続きにも対応しています。

契約締結手続きが行いやすいことも、SMBCモビットの大きな強みの一つとなっています。

SMBCモビットは契約締結手続きが行いやすい

Web完結申込ならよりスピーディーに契約できる

SMBCモビットのキャッシングサービスはネットから申し込みを行い、その後来店などは一切不要で契約できるWeb完結申込という方法での契約も可能となっています。

来店不要で契約できるので忙しい人でも無理なく契約ができま。

契約手続きが済んだ直後からネットで手続きを行い、指定の口座への振込キャッシングが可能となるのでよりスピーディーに借入ができます。

忙しくて来店する余裕がなく、急いで資金調達をしたい場合にはWeb完結申込で契約するが絶対的におすすめです。

なおWeb完結契約で申し込み・契約を行うためには本人確認書類や収入証明書類のほか、現在の勤め先の確認書類として社会保険証若しくは組合保険証の写しと直近一か月分の給与明細書の写しが必要です。

さらに、返済用口座として三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの銀行の普通預金口座が必要となる点に気をつける必要があります。

  • Web完結申込ならすべてインターネットで申込みが完結します
  • 本人確認書類や収入証明書類を準備しておきましょう

Web完結申込で契約をするメリット

Web完結完結申込で申し込み・契約を行えば来店不要で契約ができるメリットがあるのですが、実はWeb完結申込には他にも他社のキャッシングサービスにはない多くのメリットが多数あります。

さらなるメリットとは一体どのようなものなのでしょうか。

Web完結申込の最も大きな強みと考えられるのが、職場へ在籍確認の電話がかかってこないことになります。

銀行のカードローンでも大手消費者金融のキャッシングサービスでも、審査の際にはほぼ例外なく現在の勤務先として申請した職場へ電話連絡があり、申し込み者がその職場に本当に在籍しているかどうかの確認があります。

在籍確認の電話では最大限にプライバシーに配慮してくれますが、職場に電話がかかってきては困る人も多いでしょうし、職場の同僚で勘の鋭い人が電話を受けてしまった場合には会社内にキャッシングの申し込みをしたことがバレてしまう恐れがあります。

その点SMBCモビットのWeb完結申込であれば職場への在籍確認の電話がないため、職場にキャッシングの申し込みを行ったことがバレてしまう可能性は限りなく低いと考えられますし、在籍確認の電話がない分スピーディーに審査が済むと考えられます。

またWeb完結申込で契約をすると専用のローンカードの発行がなく、自宅に郵送物が一切届かないというメリットも享受できます。

カードの発行がないため、受領の手間が省けますし、契約後にローンカードを紛失してしまうリスクもゼロにできます。

またローンカードも含めて契約確認書類などの郵送物も届くことがないため家族に内緒で契約と利用がしやすいと考えられます。

  • SMBCモビットのWEB完結は在籍確認が基本的にない
  • 郵送物も一切届かない

ただし、返済を延滞した・SMBCモビットからの連絡に応じないなどの例外は除きます。

今すぐお金を借りたい方はSMBCモビット

とにかく今すぐお金を借りたいけどプロミスカードの再発行が必要な方は、SMBCモビットに新規申込をする方が早くお金を借りられる可能性があります。

モビットで一時的にお金を借りて対処しておくのが一番スムーズかもしれません。

モビットのWeb完結申込なら、カードの発行をせずに利用が出来るのでカードの紛失をすることもありませんのでおすすめですよ。

mobit

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • プロミスカードを紛失した場合にすべき行動は以下の通りです
    1. プロミスへ連絡する
    2. 警察署へ紛失届を提出する
    3. プロミスカードの再発行手続きを行う
  • プロミスカードの再発行受取り方法は以下の3つです
    1. 自動契約機で手続きと受取りを行う
    2. お客様サービスプラザ(店頭窓口)で手続きと受取りをする
    3. プロミスコールで手続きを行い、郵送で受け取る
  • 営業時間
    • 自動契約機 9時~22時
    • お客様サービスプラザ 10時~18時
  • プロミスコールで手続きを行った場合、プロミスカードが2週間利用できません
  • プロミスコールで手続きを行った場合、郵送物で家族バレする可能性があります
  • 再発行手数料
    • 紛失、盗難、破損の場合 300円+税
    • 磁気不良等 無料
  • プロミスカード再発行に必要な書類は本人確認書類
    • 運転免許証
    • パスポート
    • 健康保険証+住民票
  • とにかく早くお金を借りたい方は他社カードローンの申込が最速の可能性があります

プロミスカードを紛失すると不安ですし、対処も面倒ですね。

悪用される可能性もあるので必ず手続きを行いましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。