近年では多くの主婦がキャッシングを利用しています。プロミスでも主婦が利用しているケースは少なくありません。

「次の給料日までの間、生活費が少し足りない」

「急なお葬式で予定外の出費がある」

プロミスはこんな状況にも便利なカードローンです。

しかし、専業主婦はプロミスの審査に通ることは可能なのでしょうか

プロミスの利用条件ではパートをしている主婦と、収入がない専業主婦とで扱いがかなり変わります。

当記事は主婦のプロミスの利用条件について解説していきます。

収入がない専業主婦です。プロミスでお金を借りることはできますか?
結論から言いますと、収入がない方がプロミスでお金を借りるのは難しいです。もしご主人に安定した収入がある場合はご主人名義でプロミスでお金を借りることは可能です。
パートをしています。プロミスでお金を借りることはできますか?正社員でないと難しいですか?
パートでも毎月一定の金額を稼いでいる場合はプロミスの申し込みが可能です。短期間しか継続していない、収入の波が激しく、0円の月もあるような場合は難しいかもしれません。
収入がない専業主婦がお金を借りる手段はありますか?
当記事では収入がない専業主婦がお金を借りる3つの方法を解説しています。

プロミス公式サイト

主婦でもパートをしていればお金を借りることは可能

結論から言いますと、パートなど一切していない主婦(つまり収入がない専業主婦)の場合は残念ながらプロミスの申し込みができません

しかし、パートなどで収入がある主婦の場合はプロミスの申し込みが可能です。

プロミスの申込み条件は以下の通りです。

プロミスの申込み条件

  • 年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方
  • 主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方であれば、審査によってはご利用が可能 ※審査が通らないこともあります。

以上の条件からわかるように、収入がない専業主婦は安定した収入がないので申込み条件に当てはまらないわけです。

※プロミスは貸金業者のため、総量規制の対象となっています。年収の3分の1を超える金額の借入はできないので、年収が0の専業主婦はお金を借りることができないのです。

ではパートをしている主婦は安定した収入があるとみなされるのでしょうか?

答えは「YES」です。

プロミスでは雇用形態では判断せず、たとえパートやアルバイトでも毎月安定した収入があるなら審査に通過できます。

つまり、いざという時にプロミスを利用したいと考えている主婦の方は短時間でもいいので、しっかりとパートをしておくといいですね。

また注目すべき点は勤務歴です。

勤務歴が長い方が説得力があるので、同じ職場で長く勤めているほうが審査には有利に働く可能性があります。

  • 収入がない専業主婦はプロミスの申し込みができません
  • パートなどで収入がある主婦はプロミスの申し込みができます
  • 同じ職場で長く勤務していると審査に有利な可能性があります

パートの場合の利用限度額はどこまで可能?

気になる利用限度額ですが、もちろん利用者の返済能力によって設定されます。

返済能力とは現在の収入や他社の借り入れ状況などから決められるので、申込みをしてみないとわかりません。

自分の利用限度額を知りたい方は、実際に申込みをして確認してみましょう。

どうしてもお金を借りたい専業主婦ができること

収入がない専業主婦の方がプロミスでお金を借りることができないことが分かりました。

では、収入がない専業主婦の方は一体どこでお金を借りればいいのでしょうか?

収入がない専業主婦がお金を借りる方法はちゃんとありますのでご紹介します。

収入がない専業主婦がお金を借りる方法

収入がない専業主婦がお金を借りる方法は以下の3つの方法があります。

収入がない専業主婦がお金を借りる方法

  1. 夫名義でプロミスを利用する
  2. 銀行からお金を借りる
  3. 他のカードローンを利用する

それでは、それぞれについての解説をしていきます。

方法1 ご主人名義でプロミスを利用する

最初に考えてしまうのが「なんとか夫の名義で借りることができないのか?」ですよね。

しかし、借り入れの申し込みは本人が行う必要があり、本人確認書類も必要になります。

夫に内緒で運転免許などを持ち出して借りるなどの行為は法律違反になります。

そして、夫婦であってもカードを勝手に使うのは規約違反になりますので、最悪の場合には訴えられてしまいます。

さらに、夫婦の信頼関係を損なってしまい、大きなトラブルに発展する可能性もありますよね。

やはり夫に内緒のまま名義を使うのはおすすめ出来ません。

できるのなら一度、ご主人に相談してみましょう。

方法2 銀行からお金を借りる

収入のない専業主婦だと、アコムやプロミスなどではお金を借りることは出来ません

それは、総量規制という規制により貸金業者は専業主婦に貸すことが禁じられているからです。

しかし、銀行は貸金業者ではありませんので、銀行のカードローンを利用すれば専業主婦でもお金を借りることが出来るのです。

だたし、条件として配偶者に安定した収入が求められます。

安定収入とは旦那さんがサラリーマンで毎月給与がある場合は、もちろん大丈夫です。

それ以外にも自営業の収入、不動産収入なども安定収入として認められます。

必要になる書類は、運転免許などの本人確認書類と印鑑です。

そしてご主人の収入を証明する書類として源泉徴収票や確定申告書が必要です。

以上の書類と手続きをすれば収入のない専業主婦でも銀行カードローンを利用することが出来ます。

専業主婦にお金を貸してくれる銀行名と限度額を一部ご紹介します。

銀行名 限度額
みずほ銀行 30万円以内
静岡銀行 50万円
ソニー銀行 50万円
イオン銀行 50万円

以上の銀行は、配偶者に安定した収入があれば、収入がない専業主婦の方もお金を借ることができます。

他にも楽天銀行や東京スター銀行、千葉銀行など対応している銀行がありますよ。

限度額は、配偶者貸付制度を利用した貸し付けとは違って年収の3分の1ではありません。

銀行によって差があり、おおよそで30万〜100万円ぐらいが限度額になります。

ですが、中にはジャパンネット銀行のように1000万まで可能な銀行もあります。

注意すべきなのは、ご主人の会社に在籍確認が必要な銀行カードローンがあることです。

内緒にしておきたい場合は避けるべきですね。

後は、郵便物にも注意してください。

契約書、ローンカード、利用明細書などが送られてきます。明細書はWeb明細を利用すれば郵送なしに出来ますよ。

この様に銀行カードローンを使えば、収入のない専業主婦でも借り入れが可能です。

方法3 配偶者貸付をしている他のカードローンを利用する

収入がなくてもお金を借りる3つ目の方法は「配偶者貸付制度」を使うことです。

配偶者貸付を行っている会社なら収入がない専業主婦の方もお金を借りることができます。

配偶者貸付とは、収入が無い専業主婦がカードローンの利用を可能にする例外的な制度です。

ただし、収入がない専業主婦の方も配偶者の収入が安定している場合にカードローンを利用できるとされていますが、実際のところはほとんどの大手カードローン会社は配偶者貸付を取り扱っていません

貸金業法により借入総額は年収の3分の1までの規則がありますが、これは夫婦の収入を合計して年収を計算します。

つまり収入が0の場合でもご主人の年収の3分の1の借り入れをすることが可能です。

配偶者貸付制度を利用するには、配偶者の同意書と住民票・戸籍謄本などの婚姻関係を証明する書類が必要になります。

さらに借入額が50万円以上の場合は収入を証明する書類も必要です。

いろいろと手間がかかりますが、この制度を利用すれば収入のない専業主婦でもお金を借りることが出来るのです。

ただし、繰り返しになりますが全ての貸金業者が配偶者貸付を行っているわけではありません。

大手消費者金融のアコム・アイフル・プロミスなどは配偶者貸付を行っていません。

配偶者貸付に対応しているのは、アスカ・キャネット・ベルーナノーティス・レディースフタバなどです。

他にも対応している業者はありますので、まずは問い合わせてみましょう。

ここまでで収入がなくてもカードローンを使う方法を解説しました。

しかし、どの方法でもご主人に内緒とはいかずバレてしまいます。

正直にご主人に話すか、パートなどをはじめて安定した収入がある主婦になるかどちらかが得策です。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 収入がない専業主婦はプロミスの利用ができません
  • パートなどで収入がある主婦はプロミスの利用が可能です
  • プロミスの申し込み条件
    1. 年齢20歳~69歳
    2. 安定した収入がある方
  • 同じ職場で長く勤めているほうが審査には有利な可能性がある
  • 利用限度額は返済能力に応じで設定される
  • 専業主婦がお金を借りるには以下の方法があります
    1. ご主人名義でプロミスからお金を借りる
    2. 銀行からお金を借りる
    3. 他のカードローンを利用する

収入がない専業主婦はプロミスからお金を借りることはできません

しかし、パートなどの収入が毎月ある場合はプロミスの利用条件である安定した収入とみなされます。

これは、プロミスは貸金業者であるため総量規制の対象となっており、年収の3分の1を超える借入はできないことになっているからです。

つまり、専業主婦のように年収0の場合には必然的にお金を借りることが難しいです。

一方で、総量規制対象外の銀行系カードローンの場合には本人の年収に関わらず借りることができるので、専業主婦でもお金を借りることができます。

くれぐれも、ご主人に内緒でご主人名義でお金を借りないでくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

プロミス公式サイト