定年を迎え、年金受給者の方も急きょお金が必要になることがあります。そんな時にプロミスでお金を借りることができたら便利ですね。

現役で働いていた時代は当然のようにお金を借りていたけど、定年を迎えてからはお金を借りることができるか心配な方は少なくありません。

当記事では年金受給者の方がプロミスを利用する方法を解説します。

プロミス

年金生活でもお金が必要な時がある

年金生活の方もカードローンを利用できるのでしょうか?結論から言いますと、どこのカードローン会社でもお金を貸してくれるわけではありませんが、年金収入でも申し込めるカードローン会社もあります。

プロミスの利用条件には「収入が安定していること」とあります。つまり、年金を安定した収入とみなすカードローン会社ならお金を借りることができますが、年金を安定した収入と見なさないカードローン会社だとお金を借りることができないということです。

年金生活でもお金を借りることができるカードローン会社はあるので、安心してくださいね。

年金受給者が可能でも年齢制限を確認

年金生活でも融資の対象になるだけで安心してはいけません。もう一つの条件である年齢制限もしっかりと確認する必要があります。

多くの金融機関で、65歳から69歳までとなっています。

やはり高齢になればなるほどキャッシングを利用することが難しくなります。現実的な話になりますが、お金を返す前に利用者が亡くなった場合、返済が不可能です。そのような状況を考えると、キャッシングの利用が難しくなっていくことは納得ですね。

年金生活の方は、以下の2点を確認してください。

  • 年金生活でも利用可能かどうか
  • 年齢の条件を確認

気になるプロミスの利用条件は以下の通りです。

  • 年金受給者も審査対象
  • 20歳~69歳までの方
  • 安定した収入があり返済能力がある

プロミスなら年金受給者も利用できるなんて嬉しいですね。

参考:プロミスでお金を借りれる年齢上限と下限は?審査に有利不利はある?

3種類の年金生活

現役を退いて金生活を送っているといっても以下の3種類のケースがあります。

  • 年金だけで生活している
  • 年金以外に働いて収入がある
  • 年金以外に家賃収入などがある

それそれのケースについて説明していきます。

年金だけで生活している

年金だけで生活している場合は、自分の都合でなく、政府の意向によって年金額に変動があるので収入が下がる可能性がじゅうぶんにあり得るわけです。

そうなってくると返済ができなくなる可能性があるので審査では不利な場合が少なくないです。

年金の他に働いて収入がある

一度現役を退いたものの、再就職やパート・アルバイトで働いている方が当てはまります。

申込みの時も年金受給者ではなく、アルバイト・パート・正社員と記入できます。年金と働いた賃金で安定した収入があるので、審査で不利になることは少ないはずです。

忘れずに年齢制限を確認してくださいね。

年金以外に資産運用などの収入がある

年金に加えて、家賃収入駐車場収入などがある方が当てはまります。

家賃収入や駐車場収入は安定した収入とも言い切れないので、各カードローン会社の判断次第です。

ただ、収入が年金だけの場合に比べると審査は有利だと言えます。

年金生活の方もプロミスでお金を借りられる?

結局、年金生活の方はプロミスでお金を借りることができるのでしょうか?

答えは場合によってはYesです。年金生活の方もプロミスを利用出来る可能性があります。

プロミスでは年金受給者でも年金額が一定の額あり、パートやアルバイトなどをしていて安定した収入があれば、年齢が69歳以下であれば審査に通る可能性があるということです。

年金生活の2パターン

先ほど取り上げた、現役を退いて年金生活を送っている方でも以下のパターンであればまだ可能性はありえます。

  1. 年金以外に働いて収入がある
  2. 年金以外に資産運用などの収入がある

年金以外に働いて収入がある

働いている方の場合は、その収入が「安定した収入」とみなされるので可能性はあります。

これは繰り返しになりますが、プロミスはパート・アルバイトでも安定した収入があるので可能性としてはありえます。

年金以外に資産運用などの収入がある

年金以外に家賃収入や駐車場収入で安定した収入がある方は2番目に可能性としてはありえます。

しかし、家賃収入や駐車場収入は借り手の都合で急に収入が途絶える可能性があるので、安定した収入とは言えません。

とは言え、年金に加えて不安定な収入があるということで審査に通る可能性は十分にあります。

年金だけで生活している←これは借りることはできません。

残念ながら、収入が年金だけだという方は審査には通りません。他の収入源を得るための工夫をするべきです。

審査の可能性を高める方法

少しでも審査の可能性を高めるであろう手段をご紹介します。

それは、三井住友銀行との取引実績を作ることです。

プロミスは三井住友銀行グループなので三井住友銀行と取引実績があれば有利にる可能性があります。とりあえず、年金の振込先を三井住友銀行にするなど、取引実績を増やす努力をしましょう。

年金受給者がプロミスに提出する書類

年金受給者がプロミスに提出する書類は年金を受け取っていることが証明できる書類です。具体的には以下のような書類です。

  • 年金振込通知書
  • 年金支払通知書
  • 年金額改訂通知書
  • 年金決定通知書
  • 支払額変更通知書
  • 公的年金等の源泉徴収票

年金がスタートすると、これらの通知書が送付されるので、必ず保管しておきましょう。

年金受給者でもプロミスからお金を借りれる?まとめ

  • 安定した収入源のある年金受給者ならプロミスからお金を借りることができる可能性がある
  • 年金以外の収入源があることが最低限ライン

もちろん、通常のサラリーマンなどに比較をしたら審査に通りにくいのですが、安定した収入があり返済能力があると判断されれば利用は可能です。

プロミス