• プロミスの審査に絶対に通りたいけど、借入希望額はいくらにすればいいの?
  • 借入希望額によって審査の厳しさが変わるって噂は本当?
  • たくさんお金を借りたい時は申込みの時に何を気を付ければいいの?

このような疑問を持っている方は少なくありません。

「たくさんお金が必要だけど、審査には通らないと困る」

そんな方がプロミスの申込みで希望借入額の入力時に気を付けるべき点をまとめました。

プロミスの新規申込み時に求められる物

まず大前提として、

  • 20歳以上69歳以下であること
  • 安定した収入があること

この2点を満たしていないと申込みはできません。

安定した収入とは?

会社員でなくても構いません。パートやアルバイトをしている主婦や学生も定期的に収入があればプロミスの申込みはできます。

必要な書類は?

プロミスの審査には本人確認書類の提出が必須です。

その代りに印鑑や保証人、担保は必要ないので、気が楽ですね。

本人確認書類

プロミスの本人確認書類として「運転免許証」が一般的です。

運転免許証を持っていない方は「パスポート」や「健康保険証+住民票」がおすすめです。

外国籍の方は「在留カード」か「特別永住者証明書」も必要です。

※申込みに必要な書類は変更する時があります。最新の情報はプロミス公式サイトで確認しておきましょう。

promise

プロミスの審査手順

プロミスの審査は以下のような流れで進みます。

プロミス審査の流れ

  1. プロミスに申込み(本人確認書類など案内に従って提出)
  2. 入力した電話番号に申込内容の確認の電話がきます
  3. 審査が行われます
  4. 申込み書に入力した勤務先に確認の電話がきます(クレジットカードの勧誘のを装ったりさりげなく行われます。プロミスの名は出しません。)
  5. 審査結果の電話連絡がきます

申込みをしてから、いくつもの工程を経て利用開始に至ることがわかりますね。

プロミスは申込みから借入まで最短1時間とCMしていますが、あくまで最短の話であって、これらの工程が行われないと利用できません。

例えば4の勤務先の確認は場合によってはなかなか電話がつながらず確認がすぐに取れないので想定外に時間がかかることもあり得ます。

なので、申込みをする予定の方は当記事のポイントを押さえてすぐに申込みをすることをおすすめします。

なかなか行動に移さないままお金が必要な日が迫って焦ることになる前に余裕を持って行動しておきましょう。

プロミスの限度額はどうやって決まる?

プロミスの最大限度額は500万円です。これは誰もが500万円まで借りられるという意味ではありません。

一般的にプロミスの限度額は自身の年収の3分の1程度までです。

では、申込みの借入希望額は年種の3分の1を入力すればいいのでしょうか。

ここからが非常に重要なのでよく理解しておいてください。

初回の申込時の借入希望額は30万円以下にすることをおすすめします。

借入希望額を30万円以下にしたらスムーズに審査に通ったという経験者が多いようです。

「もっと借りたい」

多くの方がそう感じるのは理解できます。

しかし、もしもの時を考えて借入希望額に多めの金額を入力すると審査は厳しくなるのが現実です。

プロミスは貸したお金を必ず返してもらわないと経営が成り立たなくなります。しかも、初めて取引をする相手となると慎重に少なめの金額で貸したいのは分かりますよね。

収入に対して、かなり慎重に借入額は設定されます。

でも、少額の借入と返済を経てプロミスとの信頼関係を築けている人は借入額を増やすことができます。

借入額は増やせる

プロミス利用者は増額の希望を出して審査に通れば、借入限度額を増やすことができます。

但し、半年以上のプロミス利用歴があり、その際に返済遅延などの問題を起こしていない方が借り入れ限度額の増額審査に通った場合に限ります。

借入限度額の増額は「限度額変更」ページへ移り、入力項目に応えるか、プロミスコールへ電話連絡をするかです。

promise

必要書類は、以下の場合のみ収入証明書類が必要です。

  • 増額後に借入限度額が50万円以上になる
  • 他社カードローン借入残高とプロミスの増額後の借入限度額の合計が100万円以上になる

この2つの場合に当てはまる方は収入証明書類の準備も頭に入れておきましょう。

プロミスで認められている収入証明書類とは

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

    賞与がない方は直近2ヶ月の給与明細書を用意しておきましょう。

収入証明書類などの規定は変更がある場合があります。今現在のプロミスで認められている収入証明書類は公式サイトでも確認しておくことをおすすめします。

promise

借入限度額は段階を踏んで引き上げて行きましょう

まず忘れてはいけいのは、カードローンと利用者は信頼関係で成り立っています。

なので急に高額のお金の借入を希望するのではなく、少額の借入と返済を行い信頼関係を築いていく必要があります。

そして借入限度額の増額希望を回数を重ねて少しずつ上げていくのがコツです。

増額の希望も借入限度額が20万円から30万円へ増額、30万円から40万円へ増額と少しずつ上げて行きましょう。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • プロミスの申込みには以下の2つを満たしている必要がある
    • 20歳以上69歳以下である
    • 安定した収入がある
  • プロミスの審査は以下のように進められている
    1. プロミスの申込みをする
    2. 入力内容の確認電話がくる
    3. 審査が行われる
    4. 勤務先の確認が行われる
    5. 審査結果が出んわ連絡でくる
  • 審査には数日かかるケースもあるので早めに行動に移した方がスムーズ
  • 買いいれ限度額は30万円以下を希望するのがおすすめ
  • 借入限度額は徐々に上げて行くことができる

以上です。

会社と言えどもプロミスとは信頼を築いていく必要があります。

そのことを知っておけばカードローンを利用する姿勢が変わる方が多いと思います。

是非、上手にカードローンを利用して生活をより充実させてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。