「うっかりプロミスの返済を延滞してしまった!」

「プロミスの返済ができない」

そのような時に取るべき行動、注意すること、そうなる前にしておきたいことを解説します。

プロミスの返済は何日くらい遅れて大丈夫ですか?
カードローンの返済は1日でも遅れてはいけません。遅れると当記事で解説している罰金の支払いや制裁を受けます。
罰金はいくらですか?
カードローンの返済遅延による罰金は遅延損害金と呼びます。遅延損害金は返済が遅れた日数によって異なります。詳しい金額は「プロミスの遅延損害金の計算方法」で解説しています。
どうしても返済ができない場合はどうすればいいですか?
正直にプロミスに相談しましょう。アドバイスをしてもらえますよ。

プロミス公式サイト

プロミスの返済を延滞するとどうなるのか

プロミスの返済を延滞すると、どうなるのでしょうか。

怖い取立てがあるのでしょうか。

答えは「No」です。

プロミスから取立てはありません。

しかし、プロミスの返済を延滞すると遅延損害金が発生してしまいます。

遅延損害金とは、返済額に上乗せされる料金です。

さらには、信用情報に記録が残ります。

つまりはあなたがプロミスの返済を延滞した事実が、日本全国の金融機関で情報共有されてしまうのです。

こうなると様々なシーンで社会的制裁を受けることになるので非常に不便です。

この遅延損害金と信用情報については後ほど詳しく解説します。

当然ですが、返済が遅れている場合はプロミスから連絡が来ます。

この連絡は利用者の状況を把握するためのものです。

うっかり忘れているのか、事故や入院なのか、返済できる見込みはあるのかプロミスは知る権利があります。

返済が遅れているときにプロミスから電話がかかってくると出にくいですが、きちんと電話に出て対応しておきましょう。

電話を無視しつづけるなどの誠意のない態度を取ると、法的手段で対処されます。

もし、あなたがどうしても返済ができない状況に陥っている場合はプロミスが状況に合った適切な返済方法のアドバイスをしてくれます。

怖がらずに、必ずプロミスの連絡を応じましょう。

プロミスは取立てはしませんが、プロミスから悪質な利用者とみなされた場合は法的手段をとられてしまう可能性があるので気を付けましょう。

プロミスの返済延滞してしまう前に取るべき行動

では、次は返済期日までにお金を返すことが難しいと事前にわかった場合に取るべき行動を解説します。

もし、事前にわかった場合はすぐにプロミスに連絡して状況を報告しましょう。

事前に説明することで、返済期日の変更返済のためのアドバイスをしてもらえます。

「電話をするのに勇気がいる」「電話しにくい」と思う方もいると思いますが、自分1人で悩んでいるより気持ちも楽になりますよ。

プロミスのスタッフはとても親切なので、対応も丁寧ですし返済のためのアドバイスがもらえるのですっきりしますよ。

プロミスからお金を借りて、約束している返済期日を守れない状況なので報告の義務があります。

返済期日が守れないことがわかった時点で、必ずプロミスに連絡しましょう。

  • 事前に返済が難しいと判断した時点でプロミスに相談をしましょう
  • 自分1人で悩むより楽です

返済の延滞をしてしまった時に気を付けること

事前の連絡をしていないまま返済の延滞をしてしまった場合はプロミスから電話が来ます。

その時にプロミスからの連絡を無視しないように様に気を付けなければなりません。

返済が遅れている上に連絡がつかない場合、プロミスは利用者の勤務先や自宅に電話をしなければなりません。

カードローンを利用していることを周りに知られて都合が悪い方は少なくないと思います。

プロミスからの連絡に対応できるように気を付けましょう。

  • 返済が遅れている状況でプロミスからの連絡を無視してはいけません
  • 最悪の場合勤務先や自宅に電話が来ます
  • 必ず連絡に対応し、返済する気持ちがあることを伝えましょう

返済を延滞すると遅延損害金と信用情報に記録が残る

返済を延滞するデメリットは大きく以下の2つと言えます。

返済を延滞するデメリット

  1. 遅延損害金の支払い
  2. 信用情報に記録が残る

1.遅延損害金の支払い

消費者金融の提供するカードローンの返済を延滞すると、非常に高額な遅延損害金が発生します。

分かりやすく言うと、遅延損害金は返済が遅れた罰金です。

つまり、遅延損害金を支払っても借入残高には一切影響がありません。

ただ支払う罰金なので、遅延損害金の支払いは絶対に避けたいところです。

遅延損害金は法的に認められているので請求されたら支払うのが義務です。

→プロミスの遅延損害金の計算方法はこちらで確認できます

2.信用情報に記録が残る

カードローンの契約前に審査が行われることはご存知ですね。

審査の際に金融機関は申込者の信用情報を確認しています。

信用情報には個人の金融取引履歴が非常に細かく記録されています。

つまり、もしプロミスで返済を遅延した場合、その記録があなたの信用情報に残ります。

そしてアイフルやSMBCモビットなど別のカードローンの申し込みをした際に知られてしまい、審査に通るのが難しくなります。

信用情報に記録が残ると、その他にも様々なデメリットがありますのでご紹介します。

信用情報に記録が残ると怒るデメリット

信用情報にネガティブな記録が残ると、以下のような様々な制限が発生します。

信用情報に返済延滞の記録が残ると起こること

  • スマホ機種の分割払いができなくなる
  • 住宅ローンやマイカーローンなどのローンを組めなくなる
  • 既に契約済みのカードローンの限度額を下げられる
  • 既に契約済みのカードローンの利用を停止される
  • 既に契約済みのクレジットカードが利用できなくなる

考えただけでも不便ですね。

カードローンの返済は絶対に遅れてはいけないということが分かりますね。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • プロミスの返済を延滞してもプロミスは取り立てをしない
  • 返済の意思がないと判断された場合、法的手段を取られてしまう
  • プロミスからの連絡は絶対に無視してはいけない
  • 事前に返済が難しいと分かった時点でプロミスに相談しましょう
  • 自分1人で悩むよりです
  • 返済を延滞すると以下のデメリットがあります
    • 遅延損害金の支払い
    • 信用情報に記録が残り様々な制裁を受ける
  • 信用情報に延滞の記録が残ると起こる主なデメリット
    • スマホの分割払いができない
    • ローンが組めなくなる
    • カードローンの限度額を減らされる
    • カードローンの利用を停止される
    • クレジットカードの利用が停止される

プロミスの返済を延期してしまうと遅延損害金が返済額に上乗せされます。

返済期日前に間に合わないことが分かっている場合は、すぐにプロミスに報告をしましょう。

プロミスからアドバイスをもらい、返済期日の変更などの対処を行うことができます。

返済ができないことを1人で悩むより気持ちも楽になりますし、返済するためにやるべきことが明確になります。

プロミス側も連絡がないまま返済期日が過ぎるよりは都合が良いはずです。

うっかりしてしまい、返済期日を過ぎてしまった場合は必ずプロミスからの電話に出ましょう。

電話に出ない場合は職場や自宅に連絡が来る可能性があります。※そこから家族バレ、職場バレしてしまう可能性もあります。

以上のように、返済を延滞してしまうと色々な面で都合が悪いです。

カードローンを利用する場合は、ルールを守って計画的に行動しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

プロミス公式サイト