「プロミスの返済を今すぐ返済しないといけない」

「手数料が無料の提携ATMはどこ?」

忙しい毎日を送っていると、ついカードローンの返済日を忘れてしまうことがありますね。

カードローンの返済日を遅延してしまうと罰金やペナルティがあるので、返済日厳守が常識です。

罰金でますます余計な出費が増えてしまいますし、最悪の場合のペナルティはプロミスの利用停止になり兼ねません。

そうならないためにも、当記事で返済手数料が無料の提携ATMと営業時間を確認していきましょう。

いざ返済しようとしたときに、窓口が遠い、メンテナンス時間になってしまった、手数料がかかるなど、予想外のことが起こり返済期日が過ぎてしまったなんてことにならないように気を付けなければいけません。

手数料が無料のプロミス提携ATMはありますか?
あります。しかし手数料がかかる提携ATMの方が多いのが現状です。手数料がかかる提携ATMを無料で利用する裏技があるので当記事でチェックしてみてください。
手数料が発生する場合、いくらですか?
108円~216円です。1度ならまだしも、毎回支払うとなると損ですね。
提携ATM以外にコンビニで返済する方法はありませんか?
実はメディア端末で返済ができます。しかも手数料が無料です。

プロミス公式サイト

プロミスの返済手数料が無料の提携ATM

プロミスのは数多くのATMと提携していますが、返済手数料が無料の提携ATMは三井住友銀行提携ATMのみです。

他の提携ATMは基本的に手数料が発生するのでご注意ください。

三井住友銀行提携ATMの検索方法

三井住友銀行提携ATMの検索は以下の手順です。

24時間利用できるATMもあれば、利用できない時間帯があるATMもあります。

利用する予定のATMの営業時間を事前に確認する必要があります。

そのためには、事前に公式サイトをチェックしてから足を運ぶようにしましょう。

三井住友銀行提携ATMの検索ページを開く

2詳しく条件を指定する

以上の手順でご自身の都合の良い立地、営業時間のATMを検索できます。

続いては、手数料は無料ではないが返済が無料のプロミス提携ATMをご紹介します。

自身の都合に合う三井住友銀行提携ATMを見つけられない場合は、利用価値があります。

その他返済可能なプロミス提携ATM

プロミスは数多くの提携しているコンビニATMでお金を返済できるので非常に便利です。

しかし、各提携ATMによっては手数料が発生したり、営業時間が異なるので注意が必要です。

手数料がかかりますが、返済が可能なプロミス提携ATMは以下の通りです。

手数料がかかるけど返済が可能なプロミス提携ATM

  • ゆうちょ銀行
  • E-net(コンビニATM)
  • ローソン銀行
  • せぶん銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行
  • 東京スター銀行
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行

提携ATMは変更になる場合もありますので、必ず公式サイトで確認をしてください。

→プロミスの公式サイトはこちら

提携ATMの返済手数料

取引金額 返済手数料
1万円以下 108円
1万円より多い 216円

三井住友銀行ATM以外の提携ATMの返済手数料は以上のように設定されています

「手数料が無料である三井住友銀行提携ATMを利用できない、でもどうしても返済手数料を無料にしたい」

という方は以下の方法がおすすめです。

返済手数料を無料にする方法

三井住友銀行提携ATMを利用する以外に、返済手数料を無料にする方法が2つあります。

返済手数料を無料にする2つの方法

  1. コンビニのメディア端末を利用する
  2. ポイントサービスを利用する

それぞれを解説していきます。

1.コンビニのメディア端末を利用する

チケットの購入や予約で利用できるローソン、ミニストップ、ファミリーマートに設置されているメディア端末をご存知ですか?

これら3つのコンビニに設置されているメディア端末で返済を行えば返済手数料は無料です。

メディア端末で借入はできませんので注意してください。

2.ポイントサービスを利用する

二つ目の手数料を無料にする方法がポイントサービスです。

プロミスのポイントサービスでは、プロミスインターネット会員サービスを利用するごとにポイントが貯まり、そのポイントを利用して本来有料のサービスを利用できます。

プロミスのポイントサービスについて詳しく解説していきます。

プロミスのポイントサービス

ポイント貯まり方一覧

プロミスのポイントの貯まり方は以下の通りです。

プロミスポイントサービス申込
  • 100ポイント獲得
  • 初回登録時のみポイント獲得
  • お取引状況によっては、プロミスポイントサービスにお申込みいただけない場合がございます
プロミスインターネット会員サービスログイン
  • 10ポイント
  • 毎月初回ログイン時のみポイント獲得
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認
  • 5~20ポイント
  • ポイント獲得対象となるお知らせに限ります
収入証明書類の提出
  • 160ポイント
  • 収入証明書類をご提出いただいた場合に、ポイント獲得
  • 同年中(1月1日~12月31日)の書類については、原則として、初回のみポイント獲得
ご返済日お知らせメール
  • 各1ポイント
  • 毎月月末時点で対象サービスのご利用をご登録いただいている場合に、各サービスにつき1ポイント獲得
取引確認メール
パソコンまたはケータイによる書面の受取

プロミスポイントの使い方

貯まったポイントを一定期間提携ATM手数料が無料になるサービスに利用できます。

必要ポイント 40ポイント
適用期間 申込み日~翌月末日まで

ポイントサービスの申込み方法

ポイントサービスの申込方法としては、プロミス公式サイトに書いてありましたように、以下の3つの手順で簡単にできますので、是非ご利用ください。

ポイントサービスの申込3ステップ

  1. プロミスカード番号と暗証番号、Web-IDとパスワードでログイン
  2. ポイント申込ボタンを選択
  3. ポイント申し込みボタンを選択

たったこれだけで提携ATMの返済手数料が無料になります。

上手に利用してお得にプロミスからお金を借りましょう。

プロミスの返済手数料が無料の提携ATMと営業時間まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • プロミスの返済日は厳守しないとペナルティや罰金がある
  • 三井住友銀行提携ATMは返済手数料が無料です
  • 営業時間が各ATMごとに異なるので確認しましょう
  • 手数料が発生するプロミス提携ATMは多数あります
  • 手数料は108円~216円です
  • 三井住友銀行提携ATM以外で返済手数料を無料にする方法
    1. コンビニのメディア端末で返済する
    2. ポイントサービスを利用する
  • プロミスのポイントがたまる方法も多数あります

返済日が迫って時間がない方は手数料がかかってもすぐに返済を行うことを強く勧めます。

まだ時間がある方、どうしても手数料をかけたくない方は

  • 無料の提携ATM(三井住友銀行提携ATM)で返済する
  • コンビニのメディア端末で返済する
  • プロミスポイントを利用する

いずれかの方法で返済することをおすすめします。

カードローンは利息や手数料をいかにかけずにお金を借りるかがポイントです。

お得に賢くプロミスを利用してくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

プロミス公式サイト