急な出費や車検、入学準備、引越し準備などの為にカードローンを利用するのはよくあることです。

当記事の知識を知らずにカードローンの申込みをすると、最悪の場合どのカードローンとも契約できない事態になります。

カードローンの新規申込前には当記事でご紹介する知識を入れておくことをおすすめします。

オリックス銀行カードローンの審査に通るのは厳しいですか?
当記事で解説する3つの条件に当てはまる方は審査に通るのは厳しいです。
オリックス銀行カードローンの審査に落ちても他のカードローンの審査に挑戦すればいいと考えています。甘いですか?
はい。カードローンの申込みは慎重に考えておきましょう。オリックス銀行カードローンの審査結果は他のカードローンの審査にも影響があります。逆に他のカードローンの審査結果はオリックス銀行カードローンの審査結果にも影響します。
私は申込みブラックに当てはまります。もう一生カードローンの利用ができないですか?そうだと困ります。
いいえ。一度申込みブラックになったからと言って一生カードローンの利用ができないわけではありません。一定期間が過ぎれば申込みブラックではなくなります。

オリックス銀行カードローン審査落ちをしてしまう3つの条件

オリックス銀行カードローンの審査では個人の金融上の信用がチェック対象になります。

ではどのような情報で信用を判断しているのでしょうか。

以下の条件を一つでも満たしていると信用に欠けるとみなされて審査で落とされてしまいます。

オリックス銀行カードローンの審査に落ちる3つの条件

  1. 過去に他の金融機関で金融事故を起こしている
  2. オリックス銀行カードローンの申込み条件を満たしていない
  3. 既に何社も申し込みをして審査落ちしている

それぞれについて解説していきます。

1. 過去に他の金融機関で金融事故を起こしている

過去に他の金融機関で金融事故を起こした経験を持つ人物はカードローンの審査で落とされます。

金融事故とは簡単に説明するならばローンの延滞や滞納のことで、過去に借り入れを利用して返済が遅れたり滞納したりした事実がある場合はオリックス銀行カードローンの審査落ち対象になります。

金融事故の情報は信用情報機関という第三者機関に保存され、各金融業者で情報が共有されます。

オリックス銀行カードローン以外の業社で起こした金融事故であっても隠し通すことはできず審査で落とされてしまいます。

ただし、金融事故の記録は永久に残るわけではなく一定期間で抹消されます。

事故歴が抹消されていればオリックス銀行カードローンの審査には影響がありません。

2. オリックス銀行カードローンの申込み条件を満たしていない

オリックス銀行カードローンは申込み条件を満たしていなければ審査は通過できません。

オリックス銀行カードローンには申し込み条件が設定されています。

利用可能年齢は「申込時の年齢が満20歳以上69歳未満」となっているため、」19歳以下もしくは70歳以上の人が申し込みをしても条件を満たしていないとして審査で落とされます。

その他の条件としては「毎月安定した収入」や「日本国内にご在住」などいろいろな条件が設定されています。

申し込み条件を満たしていなければ返済能力や金融信用など他の項目に問題がなくても利用はできないので、申し込み前に条件をよく確認しておきましょう。

→オリックス銀行カードローンの申込み条件はこちら

3. 既に何社も申し込みをして審査落ちしている

既に他のキャッシングやカードローン会社に申し込みをしていて何社も審査落ちしている場合はオリックス銀行カードローンでも審査落ちしてしまいます。

金融業者は金融上の信用に関する情報を共有していますが、キャッシングやカードローンの申込状況に関する情報も共有されています。

審査には落ちたけれど実際にお金を借りたり延滞したりしていないのだから問題ないと思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。

オリックス銀行カードローンのような金融業者にとっては金融事故を起こす可能性のある人物を弾くことが審査の目的であり、少しでも危険が疑われる人物は容赦なく審査で落とされます。

短期間の間に何社も申し込んでいるという客観的事実はその人物がお金に困っているという状況を用意に想像させます。

何としてでも借金をしてお金を用意したい、という姿勢は裏を返せば自分の資産や返済能力を超えたお金を借りようとしていると考えられます。

そのような人物に融資をすれば返済遅れや滞納など金融事故が発生するリスクは高く、貸付対象としてはふさわしくありません。

何社も申し込みをしただけで審査に落とされるのを不満に感じられるかもしれませんが、貸出し側からすれば審査落ちが続いている人をまだ金融トラブルをおこしていないからといって信用するわけにはいかず警戒するのは当然です。

短期間の集中的な申し込みはキャッシングやカードローンだけでなくクレジットカードの申し込みも当てはまります。

複数社に申し込むなら最低でも全階の審査落ちから3カ月以上の期間をあけないと高い確率で審査落ちしてしまいます。

この既に何社にも申込みをして審査落ちしている状況をカードローン業界では「申込みブラック」と呼ばれています。

実際に、どれくらいの期間で何社の審査に落ちると「申込みブラック」とされるのでしょうか。

「申込みブラック」になると一体何が起こるのでしょうか。

詳しく解説していきます。

審査落ちすると申込みブラックになる

申込みブラックとは、複数の金融業者に利用申し込みを行ったのに何度も審査落ちを重ねると金融上の信用に著しくかけると判断された状態を指します。

金融上の信用に欠ける人物の情報が記録されたリストのことをブラックリストと呼びますが、申込みブラックは申し込みと審査落ちを重ねてブラックリスト入りしてしまった人に対する通称です。

申込みブラックの基準

申込みブラックになる基準は明確ではありませんが、おおよその基準としては1カ月の間に3件以上の申し込みをすると危険であるとされています。

1ヶ月という短期間に複数社からの借入れを必要とするのは正常な経済状態であるとはいえず、融資をしても正常に返済される可能性は低いと判断されるのは無理もありません。

なぜ短期間に複数の申し込みをしたのか、事情については一切考慮されません。

事実として短期間に複数社へのローン利用申し込みがあればどのような目的であろうと一切考慮されず申込みブラックとして扱われます。

申込みブラックのデメリット

申込みブラック状態になると新たなキャッシングやカードローンの審査に通らなくなります。

手続き自体はできますが審査で必ず落とされてしまうだけでなく、現在利用中のキャッシングやカードローンの利用継続を断られることもあります。

ただし、申込みブラックは金融事故を起こしてブラックリスト入りしたケースと比べると悪質性が低いため強制措置まで発展するケースは多くありません。

申込みブラックになってしまっても返済日までに指定の金額をきちんと支払い続けていればすでに借り入れているキャッシングやローンは引き続き継続利用が認められるケースが大半です。

申込みブラック状態になると新たなローン利用だけでなくクレジットカードの新規発行もできなくなります。

金融事故になる前の予防的な措置として利用限度額が引き下げられるケースもあります。

携帯電話や家電の分割払いも金融上の信用を元にしたローンの一種なので新たな利用は不可能です。

申込みブラックを解消する方法

申込みブラックを解消する方法はたった一つしかありません。

それは信用情報機関に登録された申込情報が消えるのを待つことです。

信用情報機関に登録された申込情報の保存期間は6カ月です。

最後の申し込みから6カ月が経過すれば記録は抹消されて申込みブラック状態が解消されます。

続いては、信用情報機関について詳しく解説していきます。

自分の信用情報を確認してみよう

そもそも信用情報機関とは何のことなんでしょうか。

信用情報とは個人の金融上の信用に関する記録が登録された情報です。

信用情報は独立した第三者機関である信用情報機関によって登録・管理され金融事業者であれば自由に記録を閲覧できます。

信用情報機関には以下の3社があります。

日本の3信用情報機関3社

  1. 日本信用情報機構(JICC)
  2. 全国銀行個人信用情報センター(JBA)
  3. シー・アイ・シー(CIC)

これらの信用情報機関にはキャッシングやローン、クレジットカードなど金融に関するさまざまな情報はすべて信用機関に集められ個人情報に紐づけて管理されます。

信用情報の種類

信用情報は大きく分けると以下の3つに分けられます。

  1. 個人を特定するための情報
  2. 個人属性情報
  3. 信用情報の使用履歴

以上の3つに分けられます。

1.個人を特定するための情報

個人を特定するための情報とはいわゆる個人情報を指します。

氏名や年齢、住所や電話番号などのほか運転免許証や保険証など身分証明書の情報も含まれます。

2.個人属性情報

個人属性情報はローンの利用履歴やクレジットカードヒストリーなど金融に関わる情報です。

ローンやキャッシングの申込があると金融業者は個人属性情報を閲覧して現在の借入状況や過去の金融事故歴を確認し審査を行います。

3.信用情報の使用履歴

信用情報の使用履歴は信用情報を金融業者が使用した記録です。

加盟会社による紹介履歴が記録されますが、この記録を参照することで多重申込みいわゆる多重ブラック状態であるかを確認できます。

個人信用情報の確認方法

個人信用情報は登録された金融業者か本人しか閲覧が認められません。

本人以外の人物が確認する場合は委任状を持参した上で直接会社に出向いて閲覧申請を行います。

本人であれば郵送による閲覧請求やインターネット開示も可能です。

どういった記録が見つかると審査に不利と判断できる?

過去に金融事故を起こした記録があると審査落ちします。

逆に記録が全く残っていないのも不利になるケースがあります。

ブラックリスト入りが解除されるとすべての記録が抹消されますが、利用経験がない状態とブラックリスト明けはともに記録がまっさらな状態で判別できません。

特にクレジットカードの利用歴がないのは不利になる可能性があります。

しかし利用歴がない方ができる対策はありません。

当記事で解説した通り、申込み条件をしっかりと理解した上でクレジットカードやカードローンの申込みを行い、ルールを守って利用するほかありません。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • オリックス銀行カードローンの審査落ちの条件は以下の3点です
    1. 過去に他の金融機関で金融事故を起こしている
    2. オリックス銀行カードローンの申込み条件を満たしている
    3. 既に何社も申込みをして審査落ちしている(申込みブラック
  • 申込みブラックとは1ヶ月以内に3件以上のカードローンの申込みをしている状態を指します
  • 申込みブラックになると、新たなローンの審査に通らなくなったり、クレジットカードの新規発行も厳しくなります
  • 信用情報機関に登録された申込み情報は半年程度で消えると言われています
  • 自分の信用情報は確認できます

何も知らずにカードローンの申込みをするのと、当記事で知識を得てから申込みをするのでは金融機関からの見られ方が変わってきます。

今後の人生をより生活しやすくするためにも、申込み条件や自身の信用情報を確認したうえでカードローンの申込みを行いましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。