• 解約違約金で損をしたくない
    他社乗り換えキャンペーンを上手に利用すれば実質0円にすることも可能
  • ネット回線の乗り換えキャンペーンを知りたい
    一覧をご用意しました
  • ネット回線乗り換えのメリットは?
    料金が安くなる、キャンペーンがお得、通信の質が良くなる
  • ネット回線を乗り換える注意点は?
    解約違約金が発生する、キャンペーン利用で利用期間が決定される
  • ネット回線の乗り換えおすすめのタイミング
    →今使っているネット回線の更新月に合わせる

「より快適にインターネットを利用したい」、「もっと安く抑えたい」、「引っ越しをするから乗り換えしたい」様々な理由から乗り換えを考えている方が気を付ける点や乗り換えのメリット、乗り換えキャンペーン一覧をご紹介します。

当記事の内容を理解してから契約をすれば、「契約したものの、後悔している」状況を防げるかもしれません。

ネット回線乗り換えの3つのメリット

インターネット回線を乗り換えたくても、契約変更手続きが面倒だから・違約金を請求されたらどうしようと考え、先延ばしにしがちです。

しかし、現在の環境に不満があるならば、ネット回線を乗り換えるメリットを比較して、最もお得な方法を選ぶと快適に使えるようになります。

ネット回線を乗り換えると以下のような3つのメリットが期待できます。

ネット回線乗り換えの3つのメリット

  1. 料金が低くなる
  2. キャンペーンがお得
  3. 通信の質が良くなる場合も

それぞれ解説していきます。

1.料金が低くなる

同じような契約内容でも回線を乗り換えることで料金が安くなるというケースは珍しくありません。

例としてフレッツ光を使用している場合を考えてみます。

例えばフレッツ光を契約している場合は、NTT東西地域会社はNTT法によりプロバイダ事業を禁止されているので、別途プロバイダとの契約が発生しています。

つまり、フレッツ光料金とプロバイダ料金を合算した金額が、実際にインターネット回線に支払っている料金となります。そのことを踏まえた上で、以下の例を見てください。

  • NTT東日本 レッツ光ギガラインタイプを2年割り契約で利用の場合

フレッツ光(4,700円)+プロバイダ(1,200円)=5,900円

毎月5,900円支払うことになります。

もし、同じ最大1Gbpsの契約内容のまま他の回線に乗り換えをしたら以下の金額になります。

  • Softbank光ならば5,200円
  • auひかりならば5,100円
  • NURO光ならば4,743円

ただし、マンションなどの集合住宅に住んでいる場合には、現在の光回線契約と乗り換え先光回線契約の組み合わせにより、最大通信速度と月額料金の組み合わせが複雑になるので、問い合わせるなどして比較検討する必要があります。

毎月支払うものなので、納得するまで比較して選びましょう。

2.キャンペーンがお得

ネット回線を乗り換える際には、申込先を工夫することでキャッシュバックキャンペーンを受けられます。

月額料金と最大通信速度に差がなければ、乗り換え先選びを行う際にキャッシュバック額を比較すると、選びやすくなるわけです。主なキャッシュバック額を一覧にすると次のようになります。

回線 URL キャッシュバック
SoftBank光 https://ns-softbank-hikari.com/ 25,000円
auひかり https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/ 50,000円
NURO光 https://www.nuro.jp/hikari/pr/ 30,000円
Biglobe光 https://aun-biglobe.com/ 25,000円

キャッシュバック金額は、申込時期により変わるので、常に最新の情報をチェックする必要があります。

3.通信の質が良くなる場合も

回線を変えることで速度が改善され、今より快適にネットを利用できる場合もあります。

インターネット回線を利用する上で不満に思うこととして、上り下り共に最大1Gbpsという触れ込みにも関わらず、実測値が20Mbpsを下回ってしまうような場合です。

例えば、フレッツ光を利用している状態ならば複数のプロバイダを契約して切り替えて使うことが出来ます。つまり、ネット回線が遅い原因がプロバイダ側のアクセス速度の問題の場合は切り分けて利用することが可能です。

フレッツスクエアの接続速度との比較も参考になります。

フレッツ光回線そのものが遅い場合には、光回線自体をauひかりやNURO光へ乗り換えるだけで通信の質がよくなる場合があるわけです。

しかし、auひかりについてはauひかりホーム(S)というNTTフレッツ光回線と同じ光ファイバーを使ったサービスがあります。つまり、速度改善のためにauひかりに乗り換える場合は(S)が付かないKDDIが自前で光ファイバー網を敷設している自前エリアに限定されます。

NURO光についてはNTTが敷設した光ファイバーを使っているものの、未使用のダークファイバーを使用しているので、速度アップが期待可能です。

ネット回線を乗り換える注意点2つ

速度に不満があり我慢できないといった状態や月額料金が高すぎるという明確な不満があるなどの理由でネット回線を乗り換える場合、乗り換えの前に必ず確認すべき2点の注意点があります。

乗り換え手続きが終わってから問題が判明しても後戻りは難しいので必ず確認してください。

ネット回線を乗り換える時の注意点2つ

  1. 解約違約金が発生する
  2. キャンペーン利用で利用期間が決定される

1.解約違約金が発生する

光ファイバーインターネット回線は、開通工事を伴い回線速度の割に料金が安いという特徴があります。

このため、月額料金を安く維持する代わりに2年または3年の契約期間縛りが発生しているわけです。

月額料金を安くする代わりに2年または3年の継続利用を約束する契約に入っていれば、更新月以外での解約に対して解約違約金が発生します。

2年契約ならば10,000円程度、3年契約ならば15,000円程度が見込まれるので、乗り換え前に解約違約金の発生有無を確認しておくと良いです。

また、工事費を分割払いしている場合には、早期解約時に工事費残債を一括請求される点に注意しなければなりません。

2.キャンペーン利用で利用期間が決定される

ネット回線を新たに契約する際には、適用したキャンペーン次第では最低利用期間が決められていることがあります。

プレイステーション4プレゼントキャンペーンや高額キャッシュバックキャンペーンを適用した場合には、最低利用期間以内に解約するとキャンペーンが無効になり、受け取った物の返却が必要となるケースがあるので注意が必要です。

一方、キャンペーン適用を全く受けなければ、月額料金が高くなる代わりに最低利用期間自体が無い契約が出来るネット回線もあります。

ネット回線の乗り換えおすすめのタイミング

ネット回線を乗り換える際には、今使っているネット回線の更新月に合わせた解約を行うことが理想です。

フレッツ光を利用中にSoftbank光へ切り替えるというケースならば、新たに宅内工事は必要なく転用工事を行うだけで済むわけですから、計画的にスムーズな乗り換えが出来ます。

一方、auひかりへの切り替えでは、住んでいる地域や光ファイバー線の引込状況により、工事遅れが発生する可能性があるために更新月に合わせた解約が出来ないことが少なくありません。

そこで、auひかりならば解約違約金を実質的に軽減するキャンペーンを利用して更新月関係なく切り替える方法が得策です。

NURO光については、申込自体を早期に行い宅内工事まで終わらせた状態にしておき、屋外工事実施時期を更新月に合わせる方法ならば、解約違約金を払わずに乗り換え出来ます。

NURO光の屋外工事は、屋内工事が行われてから早ければ10日程度で工事可能ですが、地域と工事混雑具合により4ヶ月待ちになることも有り得ます。

開通センターに事情を話して屋外工事時期を早めることは出来ないものの遅らせることは出来るので、NURO光への申込は早いほうが良いです。

まとめ

光ファイバーを宅内まで引き込むFTTH方式が広く普及し、NTT東西地域会社が自社で敷設した光ファイバー網を卸売販売するようになったことで、ネット回線乗り換え環境が整いつつあります。

複数の光回線を選べる状態が全国各地に広がっているので、工夫次第で安く・快適にインターネットを楽しめる時代になりました。

そうは言ってもネット回線の知識は非常に深く、正直な話、一般の方には分かりにくい部分があります。問い合わせて相談するのが一番分かりやすいです。

そして、契約の前にはかならず契約内容をしっかり理解しておくことが重要です。

ネット回線乗り換えを行う際には、最低利用期間と解約違約金を最小限に抑えるために、契約内容を見直して更新月に合わせて切り替え工事を行えば初期費用を抑えられます。

ネット回線を切り替えた結果として、月額料金が安く成り通信速度も改善するならば、自宅のネット回線見直しは成功したと考えて良いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。