学生より仕事をしている人の方がカードローンを組みやすいのは当たり前ですが、では内定している状態だとどうなるのでしょうか。

内定者は審査に通るのか、内定した会社前は伝えるべきなのか、内定先にバレてしまうのかということも疑問ですよね。

そういった疑問や申し込みのときの必須書類なんかも紹介していきますね。

カードローンがバレて内定取り消しなるのかどうかも書いていくので、参考にしてください。

内定者は審査に通る?

内定者でも審査に通る可能性は十分にあります。

何故なら、カードローンは基本的に「20歳以上で収入のある人」が借りることができるからです。

そのため就職の内定をもらっている人かどうかということは特に関係がなく、申し込みをした時の状況で審査が通るかどうかが決まります。

いくら内定しているといってもまだ勤めているわけではないので、まだ身分が学生であれば学生という扱いです。

そのため「学生不可」となっているカードローンは内定をもらっていても審査に通らないどころか申し込みもできません。

ですから「学生でもOK」となっているカードローンに申し込みをし、審査を行ってもらいましょう。

学生でもOKなローン会社は多いので探すのは簡単です。

そのときの審査は学生として行われることになるので、アルバイト収入などが審査のポイントとなっています。

ただしアルバイトしていれば借りられるということでもなく、「安定した収入あること」が条件になっていることが多いので、あくまで収入次第ということなのです。

つまり就職内定者でも内定者じゃなくても、審査に通るかどうかは現在のアルバイト収入によるということです。

  • 内定者もカードローンの審査に通る可能性は十分にあります
  • カードローンは20歳以上で収入があることが条件の場合が多いです
  • いくら内定者でも学生なので学生不可のカードローンは申し込みはできません
  • 現在のアルバイト収入が重視されます

内定先の会社名は伝えるべき?

結論から言いますと、職業欄に内定先の会社名は絶対に書かないようにしてください。

就職の内定をもらっていてもまだ扱いは学生です。

そのためカードローンを申し込みするときの職業欄には書かないようにしましょう。

仮に職業欄に記入をしてしまうと、在籍確認などが入ることになります。

するとまだ在籍していないので在籍確認はとれませんし、内定先にもバレてしまってややこしいことになります。

つまり、まだ雇用契約を結んでいない状態なので、内定先を伝える必要はありません。

ですが本人確認の電話がきたときに内定をもらっていることを伝えると審査が通りやすくなることもありますから、聞かれたら伝えるようにします。

たったこれだけのことでも信用性が高くなるので審査に通りやすくなります。

そして中には「内定者ローン」と呼ばれるものがあります。

このローンは内定をもらっている学生が対象になっているものです。

一般の社会人よりも金利がよく、好条件で借りることができるものが多くなっています。

こういった学生ローンの場合は内定先を記入する欄があります。

内定先の名称や住所、連絡先や入社日などを書くようになっているので、その場合は記入していきます。

学生ローンなら内定先は伝える必要はありませんが、内定者ローンなら情報を伝える必要があるので注意しておきましょう。

できれば内定先の情報は書きたくないという人が多いでしょうから、まずは学生ローンの申し込みをするのがおすすめです。

そして審査に落ちてしまってお金を借りることができないという場合に、内定者ローンを検討するといいです。

  • 職業欄に内定先の会社名は絶対に書かないようにしましょう
  • 書いた場合は在籍確認が行われ、内定先にカードローンを申し込んだことを知られてしまいます
  • 本人確認の電話で内定先を伝えると審査に通りやすくなるケースもあります
  • 内定者ローンという内定者専用の好条件のローンがあります
  • 学生ローンの審査に落ちた後に内定者ローンの申し込みをするのがおすすめです

申し込み時の必要書類は?

カードローンの申し込みをする場合、いくつか必須書類があります。

学生であっても内定者であっても必須書類の提出が必要となっていますから用意しておきましょう。

ただしローン会社によって必須書類は違うので、「必須となりやすい書類」を紹介していきます。

学生や内定者が必要になりやすい書類

  1. 身分証明書
  2. 学生証
  3. キャッシュカードや保険証
  4. 内定通知書や採用通知書・給料明細書や勤務先の保険証

それぞれを解説していきます。

1.身分証明書

まずは身分証明書です。

これは顔写真が載っている身分証明書で、運転免許書やパスポートなどを考えておきましょう。

2.学生証

次に必須となりやすいのは学生証です。

学生証の提出があれば他の身分証明書は必要がないこともありますし、ほとんどのカードローン会社で必須書類となっています。

3.キャッシュカードや保険証

その他にも場合によっては、キャッシュカードや保険証が必須であることもあります。

ローン会社によって必須となるものは違うので、申し込みをする前に何が必要なのか調べておくようにしましょう。

そして学生ローンではなく内定者ローンを利用した場合は、上記の必須書類にプラスして他の書類も提出となります。

4.内定通知書や採用通知書・給料明細書や勤務先の保険証

申し込みの時点だと内定通知書や採用通知書、勤務が始まってからだと給料明細書や勤務先の保険証を提出というケースが多いです。

もちろんこちらも何が必須となっているかはローン会社によるので、何も提出する必要がないこともあります。

就職してから「給料明細書と社員証を送らないといけない」となることもあるので、事前にしっかり確認しておくことをおすすめします。

以上が必要になりやすい書類です。

  • 必要書類はカードローン会社によって異なる
  • 必要になりやすい書類
    1. 身分証明書
    2. 学生証
    3. キャッシュカードや保険証
    4. 内定通知書や採用通知書・給料明細書や勤務先の保険証
  • これらをスムーズに提出できるように準備しておきましょう

内定先にはバレる?

社会人がカードローンを申し込みする場合、高い確率で在籍確認があります。

場合によってはないこともあるますが、基本的にあると考えておいた方が安心です。

そのため就職先にはバレる可能性が高いです。

ですが内定者といってもまだ勤務先ではないため、申し込みの時点で情報を書かないので内定先にバレることはありません

学生としてローン申請をしているので在籍確認がありませんし、そもそも記入していなければ内定先を知られることもないのでその時点でバレることはありません。

ですが中には本人確認の際に電話で内定先を聞かれ、伝えることもあります。

その場合は在籍確認の電話をすることもあるので注意が必要です。

電話で確認するかどうかはローン会社によります。

中には「内定通知書」などを必須書類としており、それを在籍確認の代わりにする会社も多くなっています。

また、勤務開始になってから在籍確認を行うというローン会社もあります。

内定先に電話確認をされると会社にバレることになりますが、それだけで内定取り消しになる可能性は低いです。

ただし絶対に内定取り消しにならないとも断言できませんし、会社の方針によっては内定取り消しの検討をされてしまう場合もあります。

特に内定先が金融機関である場合は内定取り消しになる可能性もありますから、充分に注意しておきましょう。

中には在籍確認を個人名で行ってくれるローン会社もありますし、そういったケースならローン会社だとバレることもありません。

つまりカードローンに申し込んだことが内定先にバレるかバレないかは、ローン会社によります。

内定先を記入、または口頭で伝えるということをしなければバレることはありません。

伝えた場合でも連絡するかしないかはローン会社によるので、心配であれば前もって聞いておくようにしましょう。

  • 内定先を入力したり伝えていない場合は内定先にカードローンの申し込みがバレることはほぼないです
  • ただし、内定先を入力したり伝えた場合は在籍確認をされる可能性があります
  • カードローンに申し込みをしたことが原因で内定取り消しになる可能性は低いです
  • しかし内定先は金融機関である場合は内定取り消しになる可能性があります
  • 内定先をカードローン会社に伝える場合は、内定先に知られたくないことなどを伝えておくことをおすすめします

内定先にバレるかバレないかはローン会社による

内定先にバレるかどうかは申し込みをしたカードローン会社によります

基本的に内定しているだけの状態なら勤務先ではないので記入する必要もありませんし、聞かれない限り伝える必要もありません。

ですが本人確認の際に聞かれることもあります。

内定していることを黙っておいてもいいですが、内定先を伝えた方が審査には通る可能性が高くなります。

カードローン会社に伝えてしまうと電話で在籍確認をすることもありますが、するかどうかはカードローン会社によります。

内定先にバレたかたといって内定取り消しになる可能性は低いですが、絶対に取り消しにならないというわけでもないと考えておいてください。

申し込みの際の必須書類に「採用通知書」「内定証明書」などが必要な内定者ローンもありますし、そういったところなら電話確認を行わないことも多いです。

最近は在籍確認をカードローン会社とバレないように行う会社が増えているのも事実です。

ローン会社に内定先にカードローンの利用を知られたくないことを必ず伝えて対処してもらいましょう。

まとめ

当記事のないようをまとめます。

  • 内定者でも審査に通る可能性は十分にあります
  • カードローンは20歳以上で安定した収入があることが条件の場合が多いです
  • 内定者はまだ学生なので学生不可のカードローンは利用できません
  • 現在のアルバイト収入が非常に重視されます
  • 職業欄に内定先の会社名は絶対に書かないようにしてください
  • 書いた場合は在籍確認が行われ、内定先にカードローンの申し込みを知られてしまいます
  • 本人確認の電話で内定先を伝えることで審査が有利になる場合もあります
  • 内定者専用ローンという商品もあります
  • 必要書類はカードローン会社によって異なります
  • カードローンの申し込みが原因で内定取り消しになる可能性は低いです
  • しかし内定先が金融機関の場合は内定取り消しの可能性がゼロではありません

内定先を伝えることで審査が有利になる可能性がありますが、内定先を伝えることで内定先でカードローンの申し込みがバレる可能性はゼロではありません。

カードローン会社からの確認電話でしっかりと、内定先にバレたくないことを伝えてトラブルや無駄な心配を防いでおきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。