無職はカードローンで借り入れができるでしょうか。

無職の人の借入れとひと口にいっても、実は様々なパターンがあります。

ケースに応じて見ていきましょう。

カードローンの契約後に無職になった場合

まずがカードローンの契約をしている人が、会社を辞め無職になったという場合です。

最後の給与や賞与を受け取った後、職が決まらず貯金もなくなり、お金が足りなくなることもあるでしょう。

そんなピンチのとき、すでに契約しているカードローンを使えるか、そして使っていいかという問題です。

退職した事実は、銀行であってもカードローン会社であっても、その連絡が必要なことがローンの規約で定められています。

規約に従って、連絡するとどうなるのでしょうか。

カードローン会社などの貸金業者は、貸金業法によって、利用者の年収の3分の1までしか貸出しをしてはいけないと定められています。

ですから法律上、収入がなくなった人に対して貸出ししてはいけないことになります。

とはいえ、50万円以下の限度額のカードローンの場合は収入証明書の提出が求められているわけでもありません。

すでに会員である人が無職になった場合に、年収に関する法の規定が杓子定規に適用されるわけではありません。

結論としては、すぐにカードローンを停められてしまうことは基本的にはありません

借入額がある場合に、一括で返済を求められるということも基本的にはありません

ただしカードローン契約の根源である収入がゼロになるわけですから、利用限度額を下げられる可能性はあります。

これは仕方ないでしょう。

銀行カードローンの場合は、収入と限度額の間に法律上の関連はないので今まで通り使い続けられる場合が多いでしょう。

それではカードローン会社に、退職の事実を連絡しない場合はどうなるでしょうか。

この場合、実は大したペナルティはありません。

カードローン会社からの通知を受け取る先として会社を届け出ている珍しい人でない限り、実質的なペナルティは課しようがないのです。

会社を届出先にしている人だとしても、カードローン会社からの通知が届かない場合に届いたものとして扱われるだけです。

きちんと返済できている人であればカードローン会社からの通知もありません。

会社を辞めて連絡しなくても、ただちに影響はないと考えていいでしょう。

なお、カードローン会社に退職の事実が知られることは通常はありません。

ただしカードローン会社は、定期的に利用者の個人信用情報にアクセスします。

無職になった人が、クレジットカード会社に対してだけ勤務先の退職を連絡したりすれば、そこでカードローン会社にも判明します。

  • 退職をしたことはカードローン会社に連絡することが定められています
  • 基本的には退職したからと言ってカードローンの利用を停止されるわけではありません
  • 一括返済を求められることも基本的にはありません
  • ただし利用限度額を下げられる可能性はあります
  • 退職したことを連絡しなかった場合、ペナルティがあるわけではありません

利用は継続できるの?

見てきました通り、すぐにカードローンの利用を停められてしまうことはないので、無職になっても事実上は新規の借り入れもできます

もちろん、あくまでも次の就職が決まるまでのつなぎとして使うにとどめましょう。

失業を機に多重債務者になってしまうこともあるので、カードローンに頼り過ぎはいけません。

  • 無職になっても借入は可能です
  • 失業を機に多重債務者にならないように気を付けましょう

無職になった後の返済は?

・どうやって返済すべきか

・失業手当について
失業手当とは何か、どこで手続きするのか、給付期間や金額

返済をきちんと続けられているうちは、返済遅れの督促があるわけでもなく、さして問題はありません

ですが、返済する収入もなくなり、期日の返済が遅れてしまうような場合には必ず業者に連絡して相談しましょう。

アルバイト収入が今後入ることがはっきりしている場合などであれば、相談の結果、返済を待ってもらえることはあります。

まったく次の職が決まらない場合など、状況によっては弁護士に相談して債務整理したほうがいい場合もあります。

失業給付で返済すればいいと思っている方もいるかもしれませんが、失業給付はそれほど多額ではありません。

一般の会社員をしていた場合、給与の半額程度しか出ないと思っていた方がいいです。

日数も、10年未満の勤務であれば90日に過ぎません。

すぐ終わります。

しかも、自己都合退職の場合は給付が遅いです。

よく「3か月は待たされる」と書いてありますが、これはまったく正確ではありません。

3か月(と1週間)待って、ようやく失業給付の日々の計算が始まるのに過ぎません。

日給の給与が、毎日勤務してはじめてまとまった給与になるのと同じです。

給与の半額程度がまとまって出るのは、退職から5か月程度先であるのが当たり前のことなので、この点十分気をつけましょう。

再就職しない限り、収入は回復しません。

借金に頼っているとたちまちパンクします。

  • 無職になった後でも返済はこれまで通りできます
  • 返済ができなくなりそうな場合はカードローン業者に相談をしましょう
  • 場合によっては債務整理をしましょう
  • 失業給付金を頼ることはおすすめできません

定年退職のケース

定年退職の場合は、一般の退職と違いがありそうに思えます。

退職金が出る人も多いですし、堂々とカードローンを使えそうに思うかもしれません。

ですが、カードローンについては、自己退職の場合とまったく一緒です。

年金や失業給付を収入として認めてくれるカードローン会社は極めて少ないです。

法律上は収入として扱って問題はないものの、多くのカードローン会社はそのように扱ってくれません。

これらの給付が、法律上差押え不能な性質のためと思われます。

定年退職の場合も無職になった場合と同様の扱いです

無職の状態でカードローンの新規契約はできるの?

今までは、すでに契約のあるカードローンが使えるかどうかという話でした。

今度は、無職の人が新規にカードローンを申し込めるかというテーマです。

すでに見てきました通り、カードローン会社等の貸金業者に適用されるルールは、年収の3分の1まで貸出しをしていいというものです。

年収がゼロの人であれば、貸出ししようがないわけです。

したがって、無職の人は絶対に審査に通りません

審査に通るとすれば不正に基づくものなので、詐欺罪になってしまいます。

クレジットカード会社や信販会社も、カードローン会社と同じ貸金業者なので、取扱いは同一です。

なお、自分では会社を辞めて無職だと思っていてもそのように扱われない場合もありますので見ておきましょう。

以前からアパートを持っており、家賃収入がある人などは会社を辞めても無職ではありません。

安定した収入があることになり、その年収の範囲での借入れは可能です。

自営を始めて、まだ収入がないという場合も無職ではありません。

ただしこの場合、申込みはできますが審査に通るのは相当に難しいでしょう。

無職でも、専業主婦の場合はちょっと変わってきます。

男性の場合でも、失業をきっかけに実質的に専業主夫になっている人もいるはずです。

その場合はどうなるでしょう。

専業主婦の場合、通常のカードローンの審査には通りません。

カードローンの場合、収入があるかないかで審査をすることが、法律上も定められているからです。

ですが、貸金業者でなければ、つまり銀行であれば貸してくれる場合があります。

イオン銀行など、最大限度額50万円まで貸してくれる銀行カードローンが知られています。

これは無職にも貸してくれるというわけではなく、あくまでも配偶者の収入を根拠に貸し付けてくれるものです。

カードローンも、ごく一部の業者が配偶者貸付をしています。

これは、法律上も認められている特殊な貸付方法ですが採用している業者はさほど多くありません。

配偶者の収入についても書類を出さなければいけませんし、同意書も必要ですがこの方法であれば専業主婦(夫)の名義で借入れができます。

カードローンでは、女性向けのベルーナノーティスなどがありますが、ほとんど中小の業者だけです。

カードローンではありませんが、三井住友フィナンシャルグループの信販会社、セディナのカードローンでこの配偶者貸付を実施しています。

  • 無職の人はカードローンの審査に基本的に通りません
  • ただし、専業主婦(主夫)の場合は配偶者貸付があります

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 退職をしたことをカードローン会社に報告をすることが定められています
  • 退職したことで急にカードローンの利用を停止されることは基本的にはありません
  • 退職したことで急に一括返済を求められることも基本的にはありません
  • ただし利用限度額を下げられる可能性があります
  • 退職したことをカードローン会社に報告しなくてもペナルティは基本的にはありません
  • 無職になっても借入は可能です
  • どうしても返済ペースが厳しい場合はカードローン会社に相談しましょう
  • 定年退職の場合も自己都合で無職になった人と同じ扱いです
  • 無職の方が新規でカードローンの審査に通るのは難しいです

これまでのペースで返済することが難しい場合は、抱え込まずにすぐにカードローン会社に相談しましょう。

不安なことやわからないことはすぐに問い合わせしてルールを厳守して利用してください。

最後までお読みいただきありがとうございました。