本来カードローンを利用する時、利息が発生するので借りたお金に加えて利息分のお金を支払わなくてはいけません。

しかしカードローンを無利息で利用できる方法が存在しており、一切利息分のお金を支払わないでお金を融資してもらっている方もいます。

当記事では、無利息でカードローンを利用するにはどのようにすればいいのか紹介していきます。

カードローンを無利息利用は可能?

カードローンを無利息で利用することは可能です。

実際に多くの人が無利息の状況でカードローンの融資を受けています。

カードローンには年率が定められていて、それに合わせて利息が発生するシステムになっています。

また利息は日ごとに増えていくので、完済する期間が長引くほど借りたお金とは別に多くの利息分を支払わなくてはいけません。

特に高い年率に定められている場合は、相応の利息が発生するので返済する時にお金の負担が大きくなります。

しかし無利息でお金を借りれば、利息分のお金を支払わなくて済むので融資してもらったお金をそのまま返済するだけで完済できます。

お得にお金を借りる方法になっているので、カードローンの利用を考えている方は効果的な方法です。

ただし注意しないといけないのは、必ずしも無利息でカードローンを利用できる訳ではありません。

無利息でカードローンを利用するためには、条件やタイミングが存在しているのでクリアすることが求められてきます。

現在カードローンを無利息で利用している方は、これらの条件やタイミングを見事クリアして無利息融資を実現しています。

  • 無利息でカードローンを利用することは可能です
  • 無利息でお金を借りるには条件やタイミングがあります

当日中に返済すれば無利息

無利息でカードローンを利用する方法の一つとして、融資してもらったお金を当日中に返済することで無利息にできます。

利息は一日経過することで発生するケースが多く、当日お金を借りてそのまま返済することができれば基本的に無利息です。

利息を発生させない効果的な方法で、特に少ない融資に対して実施しやすい方法になっています。

また高額融資を受けた場合でも借りたお金を全て準備できる時は、この方法を選択することで利息を発生させないで済みます。

注意点として返済のタイミングによっては当日返済したにも関わらず、利息が発生するケースがあります。

銀行のカードローンを利用した場合は、当日の窓口業務が終了後に全額返済しても翌日払いになる可能性が高いです。

プロミスやモビットなどの大手カードローンだと日付変更前のギリギリの時間に全額返済した時、翌日払いになってしまって利息が発生する場合もあります。

カードローンを提供している銀行やカードローン会社で、どのタイミングで翌日扱いになるのか異なっています。

何としても当日中に返済し、利息を発生させたくないと考えている方は融資を受ける前に確認することが必要です。

  • 当日中に返済すれば無利息になる
  • 少ない融資に対して実施しやすい方法です
  • 返済のタイミングによっては翌日扱いになり、利息が発生するケースがありま

無利息期間があるカードローン一覧

多くのカードローン会社が無利息サービスを行っていて、お得にお金を借りられるように工夫しています。

無利息サービスを実施することで、カードローン会社としてはたくさんの人に利用してもらえるチャンスが発生します。

そして安定した利益を生み出せるようになるので、カードローン会社にとって利益のない無利息サービスを積極的に行っています。

しかし全てのカードローン会社が無利息サービスを行っている訳ではないですし、利用するために定められている条件が異なります。

カードローンの無利息サービスの利用を考えている方は、実施しているカードローン会社と定められている条件の把握が必要不可欠です。

大手カードローンの無利息サービスの条件をご紹介します。

プロミスの無利息サービス

プロミスの無利息サービスを利用するための条件は、プロミスを初めて契約する方に限ります。

残念ながら何度もプロミスのカードローンを利用しており、融資を受けている方は対象外になるので気を付けないといけません。

その他にもEメールアドレスを登録して、プロミスのホームページにて利用明細を確認するWEB明細を選択した場合に無利息サービスを行っています。

これらの条件をクリアすることで、プロミスの場合は無利息サービスを利用可能です。

ただしずっと無利息という訳ではなく、初めての融資を受けてから30日間無利息になります。

融資を受けてから30日を過ぎてしまうと本来の利息が発生するので要注意です。

アコムの無利息サービス

その他にもアコムも無利息サービスを行っていて、利用するためには条件をクリアしなくてはいけません。

アコムで無利息サービスを利用する条件は、新規契約の方限定になっています。

また返済期日を35日ごとに設定した方が無利息サービスを受けられるようになっていて、契約翌日から最大30日間無利息にできます。

残念ながら例外として、アコムから何かの理由で不適当と判断された場合は条件をクリアした場合でも無利息にできないために注意です。

アイフルの無利息サービス

更にアイフルでも無利息サービスが実行されており、最大30日間の無利息サービスを受けられます。

設定されている条件は、はじめてアイフルを利用した方無担保キャッシングローンを利用する方に限られます。

すでにアイフルを利用したことがある方やアイフルが行っているその他の融資を受けている方は利用できなません。

アイフルもアコムと同じで、契約翌日から最大30日間無利息になっているのが特徴です。

契約完了してから10日後に融資を受けた場合、最大20日間の無利息を受けることができます。

  • 多くのカードローン会社で無利息サービスを行っています
  • 各社で定められている条件が異なります

返済後にすぐ解約することは可能?デメリットはある?

無事に全てのお金を返済した後は、解約することができます。

ただし絶対にすぐ解約できるという訳ではなく、まずは解約に必要な書類を揃えることが必要です。

これまでカードローンで利用していたカードの他に印鑑や身分証明書などの書類を準備しないといけません。

そしてこれまで利用していたカードローンに対し、解約手続きを行うことで解約可能です。

近くに利用していたカードローンの店舗が存在している場合、スムーズに解約が行いやすいです。

しかし電話もしくはインターネットなどを利用して解約を希望している方は、解約に必要な書類を郵送しないといけなません。

状況によっては数日ほど期間が必要になる場合があるので、すぐに解約したい方は店舗での解約がおすすめです。

  • 完済しているなら解約は可能です
  • 必要な書類を提出する必要があります
  • 店舗での解約は郵送や送信などがない点でスムーズです

解約するメリットとデメリット

解約することで発生するメリットは、カードローンの使い過ぎを未然に防げます

基本的にカードローンは何時でも利用できるので、お金に困った状況が発生した時はすぐに融資してもらえます。

特にATMが近くにある場合、様々な日時で利用できるのでとても便利です。

ただし便利すぎるために使いすぎてしまう可能性があり、解約をすることで使いすぎを防げます。

多用しすぎることで膨大な融資を受けてしまい、返済に難しくなるという状況を避けられるのがメリットです。

その他にもカードローンを解約することで、信用情報に解約履歴が残ります

新しいローンを申込する時、完済した履歴を審査時に証明できるので少しでも審査を通過しやすくなります。

デメリットは、これまで利用していたカードローンから融資を受けられなくなります

急にお金が必要になった場合でも再びカードローンの審査を受けて、申込を完了させないといけません。

以前よりも収入や融資状況が厳しくなっている方は、残念ながら再審査で落とされる可能性も出てきます。

そうなると急な事態に対応することが難しくなるので、解約した時のデメリットになります。

いざという時に心強い存在として頼ることができるので、万が一の事態に備えて解約しないのも一つの方法です。

自動で更新されるカードローンもあれば、更新する際に手続きが必要なカードローンもあるのでよく確認しないといけません。

  • 解約のメリット
    • 使いすぎを未然に防ぐ
    • 信用情報に完済の記録が残る
  • 解約のデメリット
    • お金を借りられなくなる
    • 再審査に落ちる可能性がある
  • 万が一の事態の為に契約しておくのも賢い選択です

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 無利息でカードローンを利用することが可能です
  • 無利息で借りるには条件やタイミングが必要です
  • 借入した当日中に返済すれば無利息になります
  • 当日中でもタイミングによっては利息が発生します
  • 多くのカードローン会社で無利息サービスを行っています
  • 各社で定められている無利息の条件が異なります
  • 完済しているなら解約が可能です
  • 解約にはメリットとデメリットがあります

カードローンはなるべく利息を払わずに利用するのがお得です。

無利息で借入ができるのがベストです。

カードローンは計画的に利用していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。