カードローンの新規利用申し込みの際には、カードローン会社が行う与信調査を受ける必要があります。

与信調査では信用調査機構の情報を利用しながら審査が行われますが、万が一信用調査機構の情報に問題がある場合は、審査に落ちるということになります。

この信用調査機構の問題のある情報の一つとして「申込みブラック」がります。

申込みブラックの怖い点はカードローン初心者が知らずに申込みブラックになってしまう可能性が十分にあるということです。

詳しくは本文にて解説しているので、より詳しく知りたい方はこの記事をしっかりと読んで対策してください。

申込みブラックとはどういう意味ですか?
短期間でいくつものカードローンに申込みをしたことです。
どれくらいで申込みブラック扱いになりますか。
1ヶ月に3社以上の申込みをしていると申込みブラックとなる可能性があります。
既に申込みブラックの可能性があります。一生審査に通らないのですか?
一般的には一定の期間が過ぎれば記録は消滅します。

申込みブラックとは?

申込みブラックとは「短期間でいくつものカードローンに申込みをしたこと」を一般的に意味します。

きちんと決められた定義はありませんが、1ヶ月間に3社より多い申込みをすると申込みブラックという扱いになると言われてます。

  • 初めてカードローンに申込みをする方
  • 一刻も早くお金を借りたい方

そういった方が知らずに犯してしまう傾向があります。

「一番高い限度額を提示してくれて、金利が安い会社を選びたい」

そう考えるのは当然です。

しかし、申込みブラックと見なされるとカードローン審査に不利です。

一体なぜ申込みブラックは審査に不利なのでしょうか。

申込みブラックが審査に不利な理由

理由はとてもシンプルです。

申込みブラックはカードローン業者に「相当お金に困っている人」と見られるからです。

当然ですがお金に余裕がない人は問題を起こす確率が高いです。

申込みブラックの人には借りたお金を他社の返済に充てる自転車操業状態の方が少なくありません。

カードローン業者にとって返済してもらえないのは大問題なので、申込みブラックの人は審査に通りにくいのです。

続いては、申込みブラックとなぜカードローン業者にバレてしまうのかを解説していきます。

カードローン審査にブラックリストは存在するか?

「申込みブラックとはブラックリストに載るということ?」

多くの方は不安に思うと思います。

結論から言いますと、一般的にブラックリストと呼ばれるリスト自体は金融業界に存在しません

しかし金融取引情報を共有する信用調査機関のデータベースの中に、金融事故情報が掲載されている場合は与信調査を通過できなくなることから信用調査機関のデータベースをブラックリストと表現する場合があります。

申込みブラックが掲載される信用調査機関のデータベースとは?

日本には以下の3つの信用調査機関があります。

3つの信用調査機関

  1. JBA
    多くの銀行が加盟
  2. CIC
    信販会社や消費者金融が加盟
  3. JICC
    ネット銀行やカードローン業者が加盟

各情報調査機関に集められた金融取引情報は、情報調査機関同士でも共有され日本中の個人金融取引情報が集められていると言えます。

情報調査機関のデータベースに集積される金融取引情報の中で、ブラックリストと呼ばれる扱いを受ける金融事故には融資の返済の遅延や滞納、そして申込み履歴などの情報が該当します。

信用調査機関の内容は審査に影響するの?

カードローン会社は利用者に対する融資が回収不能となることを、最も避けたいリスクだと考えています。

それだけに新規利用申し込み時に行う与信調査はもちろん、契約後も定期的に途上与信と呼ばれる与信調査を行いながら利用者の返済能力を確認し続けます。

通称ブラックリストにリストアップされると与信調査を通過できない

一般的にブラックリストと呼ばれる信用調査機関のデータベースに金融事故や短期間の申込み履歴が掲載されているということは、返済能力に疑問符がつく利用者であるということになります。

カードローン会社からは「金融事故を起こしやすい要注意人物」として扱われるため、与信調査の時点で契約を避けるべきだとの判断を下します。

つまり信用調査機関の金融取引情報のデータベースに金融事故情報が載ってしまうということは、カードローンを利用する上で求められる返済能力に疑問具が付き金融取引を行えない状態に陥るということに繋がります。

これは新規利用申し込みの際に行われる与信調査に限ったことではなく、カードローンの利用契約後であっても、定期的に行われる途上与信と呼ばれる与信調査にも大きく影響します。

信用調査機関の金融取引方法のデータベースに金融事故情報が載ってしまうと、現在利用中のカードローンの利用を停止され、最悪の場合は融資の一括返済を求められるケースもありますので注意が必要です。

申込みブラックが解除されるまでかかる時間は?

一度金融事故や短期間の申込み履歴情報が載ってしまうとカードローンの利用やクレジットカードの利用、商品の分割購入などの金融取引ができなくなり、全ての取引が現金のみの状態に陥る可能性があります。

通称ブラックリストに名前が載ってしまうということは、まさに現代生活を快適に送ることが難しくなってしまうと言えるでしょう。

信用調査機関の金融取引情報データベースの掲載には有効期限がある

信用調査機関の金融取引情報のデータベースに掲載される情報は、掲載期間が限られています。

万が一不慮の金融事故を起こしてしまったり、短期間の申込み履歴が記載されてしまった場合でも、一定期間が経過すれば通称ブラックリストから名前が抹消されるので安心してください。

信用調査機関の金融取引情報データベースに掲載される契約内容の情報は、契約終了から5年が経過すると消滅すると言われています。

また延滞や滞納に関する金融事故情報に関しても、延滞や滞納を解消した時点から1~5年で金融事故情報が消滅するのが一般的です。

短期間の申込み履歴は金融事故より短く、6ヶ月で情報が消滅するのが一般的です。

しかし6ヶ月カードローン審査に通らないのは厳しい状況とも言えます。

そうならない為にも短期間での複数社への申込みをしように十分注意することが必要だと言えます。

自分が申込みブラックなのか確認する方法

カードローン会社などの金融機関が、利用者の金融取引情報を共有するのが3つの信用調査機関ですが、実はこれらの信用調査機関の情報を利用者自身が確認することは可能です。

カードローンの利用を考えている場合、事前に自分の信用情報を確認しておくことは「必要な時に与信審査を通過することができない」という最悪のケースを回避する方法だと言えるでしょう。

 カードローン会社が加盟する信用調査機関の情報を確認する方法とは?

カードローン会社が加盟する信用調査機関のCICやJICCは申請すれば掲載されている自分の信用情報を確認することができます。

もちろん金融取引情報は非常に重要な個人情報ですから、情報公開申請には個人確認の手続きが必要となります。

CICの金融取引情報は08:00~21:00の間、CIC公式サイト内の「自分の信用情報を確認」というページで確認できます。

オンラインでの閲覧には手数料が1,000円発生し、支払い方法はクレジットカードのみとなっています。

クレジットカードが無い場合は郵送で書類送付を依頼するか、直接CICの窓口に足を運べば自分の金融取引情報を知ることができます。

JICCのシステムも同様なので、JICC公式サイトから確認してください。

CIC公式サイトはこちら

JICC公式サイトはこちら

申込みブラックにならないために

申込みブラックにならない為に気を付けるポイントを解説していきます。

申込みブラックにならない為に気を付ける3つのポイント

  1. 1社ずつ申込みを行いましょう
  2. 審査に落ちたら6ヶ月以上経過してから次の申込みを行いましょう
  3. どうしてもお金が必要な場合は申込みは2社までにしましょう

一度に複数のカードローンに申込みをしたり、審査に落ちて6ヶ月以内に再審査に申込みをすることは避けましょう。

どうしてもお金が必要な方は申し込むのは2社までに押さえてください。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 申込みブラックとは短期間でいくつものカードローンに申込みをすることです
  • 1ヶ月に3社より多い申込みは避けましょう
  • 申込みブラックは審査に不利になります
  • 申込みブラックとは、信用情報機関に短期間の申込み履歴が残ることを意味しています
  • 申込み履歴は半年で消滅すると言われています
  • 自分自身の信用情報を確認することができます
  • 申込みブラックにならない為には以下を気を付けましょう
    1. 1社ずつの申込みを行うこと
    2. 審査に落ちたら6ヶ月以上経過してから再申込みをしましょう
    3. どうしてもお金が必要なら申込みは2社までに抑えましょう

カードローンはとても便利ですが、ルール厳守のシビアな業界です。

当記事の内容をしっかりと理解して申込みに踏み切りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。