カードローンは一度契約しておけばその後は基本的に審査不要で再融資を受けることができるため非常に便利な融資サービスと考えられます。

また基本的に担保や連帯保証人なども不要であることから手軽に申し込みができるメリットが挙げられます。

その反面、担保や連帯保証人が不要な分審査では申込みをした人の信用情報などがしっかりと確認されるため決して楽に契約ができるわけではありません

カードローンに申し込みをする際には年収や職業などを申告する必要がある他、利用目的も答える必要があるのですが果たして利用目的も審査に影響があるのでしょうか。

詳細を解説していきます。

利用目的も見られています

カードローンの審査では現在の職業や勤続年数、年収や他社からの借入状況などが確認されるケースが多いです。

そして実際にこれらの項目がカードローン審査を通過する上で特に重要なのは言うまでもありません。

職業が仕事に就いていない場合は基本的に審査通過は無理と考えられますし、フリーターよりも契約社員、契約社員よりも公務員などの方が審査を通過できる可能性は当然ながら高くなります。

その一方で審査項目の中でも利用目的はほとんど審査に影響がないように考えられますが、実は利用目的もしっかりチェックされています

利用目的が酷い場合には利用目的が原因で審査に落ちてしまう可能性さえあり得るのです。

金融機関は借りたお金をしっかり返してくれるかどうかを見極めるために審査を行います。

つまり「貸したお金を返してくれないのではないか」と金融機関に感じさせるような利用目的の場合、審査にマイナスの影響を及ぼす可能性が高いと考えられるのです。

カードローンに申し込みをする際、利用目的の項目をどうしようかと悩んだ場合にはくれぐれもふざけた回答はせず「貸したお金をきちんと返せる人」という印象を持たれるような回答をすることが大切です。

具体的に良しと考えられる利用目的と審査にマイナスの影響が生じると考えられる利用目的をこの後解説していきます。

審査では利用目的も見られています。

返済を真面目にする人間である印象を持ってもらうためにも、適した利用目的を回答しましょう。

好印象な利用目的はコレ

カードローン審査の際にプラスに作用する可能性が高い利用目的について具体的に4つ例を挙げて解説していきます。

プラスに作用する可能性が高い利用目的4選

  1. 資格取得
  2. 冠婚葬祭費
  3. 車検費用
  4. 旅行費用など

それぞれを解説していきます。

1.資格取得のため

審査の際に特に好印象を与えることができる理由の一つが資格取得のための費用として利用することとなります。

スキルアップのための費用であれば浪費には該当しませんし、真面目な印象や将来のことをしっかり考えている人だという印象を金融機関の職員に与えることができます。

また資格を取得することによって昇給なども見込めるためより貸し倒れのリスクが低い優良顧客になるのではないかと審査をする担当者に思わせることができるので、カードローン審査では有利に作用すると考えられるのです。

2.冠婚葬祭費

お金の使いみちがはっきりしていますし、借入金額の相場なども金融機関が把握しやすいため冠婚葬祭費も審査にマイナスの影響を及ぼす可能性は低いと考えられます。

冠婚葬祭費は急な出費ですし、一時的に金欠になって困っていると審査をする側がイメージしやすいためカードローンを利用する理由に妥当性があります。

なお遠方の結婚式に出席するためご祝儀に加えて交通費や宿泊費などが必要、などの理由を添えるとより妥当性を高めることができます。

3.車検費用

冠婚葬祭費と同様に車検費用も一時的かつ急な出費です。

高い妥当性がありますし借入金額やお金の使いみちを金融機関が掴みやすいため審査でマイナスに作用する恐れは低いと考えられます。

また車検費用に加えて自動車の修理費用や任意保険の支払いのための費用なども妥当性が高く一時的な出費という要素が高いため審査に悪影響を及ぼす心配はありません。

4.旅行費用など

新婚旅行や卒業旅行など何かの記念のための旅行費用も一時的な出費という要素が強いですし理由が前向きであるため、カードローン審査では好印象を与えることができます。

なお何の記念の旅行なのかということや旅行先はどこで何日間の旅行なのかということも利用目的に添えることで信憑性と妥当性が高まりますし、真面目さをアピールできるため審査にプラスの影響を及ぼします。

以上が好印象な利用目的でした。

続いては、NGな利用目的を解説していきます。

NGな利用目的はコレ

好印象を与えやす利用目的について解説が済んだところで、続いてはカードローン審査の利用目的としてはNGの回答を解説していきます。

これらの回答をしてしまうと他の審査項目で問題がなくても審査落ちしてしまう可能性が高まるのでくれぐれも注意が必要です。

NGな利用目的

  1. ギャンブル
  2. FX
  3. 他社からの借り入れへの返済金
  4. 事業性資金

それぞれについて分かりやすく解説していきます。

1.ギャンブル

カードローンの利用目的として最も回答してはならない答えの一つがギャンブルです。

ギャンブルは計画性無さや将来について考えていない人という印象を金融機関に与えてしまいがちです。

「借りたお金でギャンブルを行い、負けてまた借金をして結局はお金を返せなくなってしまうのではないか」という考えは誰でも持つでしょうし当然ながら金融機関も持ちます。

計画性のない利用目的はカードローン審査の上で大きなマイナス要因となるのです。

2.FX

FXもギャンブルと同様に計画性がないですし、お金を注ぎ込めば必ず儲けることができるわけではないので利用目的としてはNGです。

さらにFXの場合は注ぎ込んだお金が大きくマイナスになってしまうリスクも孕んでいるため将来には自己破産をしてしまう危険性もあります。

そのような危険性を持つ人に金融機関はお金を貸したいとは考えないのです。

またFXと同様に投資もカードローン審査の際には不利になる利用目的なので注意が必要です。

3.他社からの借り入れへの返済金

既に他社から借り入れがあり、それを返済するために別の金融機関から借りれを行うのは近々自己破産をしてしまう可能性が高い危険人物だと金融機関はみなします。

他社への返済がきちんとできていないのに自分たちから借金をしても返せるのかと金融機関は疑問に感じるため当然ながら審査に不利に作用します。

他社への返済金と借り入れたい場合にはカードローンではなく借換え専用ローンやおまとめローンなどのローンに申し込みをするのがおすすめです。

4.事業性資金

カードローンは基本的に使いみちが自由なローンサービスですが、唯一制限されているのが事業性資金です。

基本的にどの金融機関のカードローンも事業性資金としての利用は認めておらず、認められていない使い方をしますと堂々と申告した場合には当然ながら審査には著しく不利に作用します。

事業性資金を調達したい場合にはビジネスローンなどに申し込みを行いましょう。

以上がNGな利用目的です。

嘘をつくのは良くないので、借りたお金は堂々と理由を言えることに利用したいですね。

気を付けたい利用目的

良い利用目的と悪い利用目的について解説したところで、最後に気をつけたい利用目的を解説します。

気をつけたい利用目的は一見すると審査には悪影響が無いように感じられますが、カードローン審査の際にはマイナスに作用する危険性があるので避けたほうが無難と考えられます。

具体的にどのような利用目的が気をつけたい利用目的なのか確認していきましょう。

気を付けたい利用目的

  1. 引越し費用
  2. 生活費

それぞれを詳しく解説していきます。

1.引越し費用

引越し費用は一時的な出費ですし、妥当性も高いのですが、カードローン審査には悪影響を及ぼす可能性が高い利用目的です。

「引越しをして連絡が途絶えたらどうしよう」という考えや「仕事を辞めるつもりではないか」などの考えが審査担当者の頭によぎるため、カードローンの審査では不利になる可能性が高いのです。

2.生活費

生活費も一見すると悪い利用目的ではないように感じられますが、カードローン審査では不利になる可能性が高いと考えられます。

生活費が足りなくなるというのは収入に見合った生活ができていないということですし、生活基盤が安定していないことを借金によって解決しようとしているとみなされるため、審査担当者に悪い印象を与えてしまうと考えられるのです。

以上が気を付けたい利用目的です。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 利用目的も審査の際に影響がある
  • 利用目的によって返済能力があるか否かも見られている
  • 借りたお金をきちんと返せる人間という印象を持たれたい
  • 好印象な利用目的4選
    1. 資格取得
    2. 冠婚葬祭
    3. 車検費用
    4. 旅行費用
  • NGな利用目的4選
    1. ギャンブル
    2. FX
    3. 他社からの借り入れへの返済
    4. 事業性資金
  • 気を付けたい利用目的
    1. 引っ越し費用
    2. 生活費

カードローン審査の利用目的は審査に少なからず影響を及ぼします。

審査担当者に良いイメージを持ってもらえるように利用目的を回答するようにすると審査通過率も高くなると考えられます。

最後までお読みいただきありがとうございました。