「SMBCモビットのキャッシング限度額を増やしたい!」

そんな方がスムーズに限度額を増やす方法を解説していきます。

モビットのカードローンは専用ATMはもちろん、全国のコンビニなどに設置されている提携ATMから便利に借り入れや返済ができますし、特に三井住友銀行のATMを手数料無料で利用でできる利便氏に優れたローンサービスです。

より便利に借り入れをするために一度契約をした後増額申請を行おうとする人も少なくないと考えられるわけですが、モビットに増額申請の申込みを行う場合には様々なリスクが伴うため、安易な増額申請はおすすめできません。

当記事では具体的には増額申請をすることにどのようなリスクがあるのかを解説していきます。

SMBCモビットの限度額は増やせますか?
はい。増額審査に通った場合は限度額を増やすことが可能です。
誰でも増額が可能ですか?
増額審査に通った場合のみです。また、増額審査で逆に限度額を減らされる場合もあるので注意が必要です。
どうすれば減額されませんか?
いくつかポイントがあります。モビットで返済の滞納などをしていないことは絶対条件です。詳しくは記事内で解説していきます。

SMBCモビットの限度額は増やせるの?

SMBCモビットの限度額は増額審査に通れば増額が可能です。

ただし、リスクもあるので注意が必要です。

しっかりリスクを理解した上で増額審査に申込みをしましょう。

増額審査のリスク

結論から言いますと増額審査に申込みをしたことで、逆に減額されてしまうリスクがあります。

「限度額を増やしたいのに逆に減らされるってどういうこと?」

そう驚く方が多いかもしれません。

しかし、カードローンの限度額は利用者が思っているより非常に慎重に検討されているのです。

限度額を増額できるケースの方が稀だと考えておきましょう。

増額審査を申し込むと以下のパターンが考えられます。

増額審査を申し込むと起こること

  1. 希望通りに増額できるパターン
  2. 審査に落ち、今の限度額のままのパターン
  3. 審査に落ち、限度額を減らされるパターン

2と3について詳しく解説していきます。

2.審査に落ち、今の限度額のままのパターン

まずは減額まではされなくても、増額審査に落ちてしまうケースを解説します。

審査に落ち、今の限度額のままのパターンは以下のケースが主です。

増額審査に落ちてしまうケース

  1. あまりにも高すぎる額を希望した場合
  2. 新規契約から間もない場合
  3. 契約してから一定期間が経過していても利用実績がない場合
  4. 総量規制の範囲を超えている場合

モビットのカードローンは増額申請にあまりにも高すぎる額を希望した場合は希望通りに増額してもらえる可能性は低いです。

モビットは返済能力を見ています。

希望を出すなら+10万円程度がおすすめです。

新規契約から間もない場合や契約してから一定期間が経過していても利用実績があまりにも浅い場合なども、増額申請を行ったことで逆に利用限度額が減額されてしまうケースもあることを知っておく必要があります。

増額申請を行う場合には最低でも新規契約から半年以上が経過しその間にできる限り他カードローンで借り入れをして利用実績を積んでおくことが重要となります。

またモビットのカードローンは総量規制の対象サービスであるため借入限度額には制限が設定されています。

具体的には年収の3分の1を超える借り入れは不可となっているので、増額後の利用限度額が年収の3分の1を超えていないかよく確認をして申込みを行うことも重要なポイントです。

これらのポイントを抑えずに増額申請を行った場合には審査落ちしてしまう可能性が高いわけですが、利用限度額が減額されてしまう大きな原因とはなりません。

ではどのようケースで増額申請を行った場合に逆に利用限度額が減額されてしまうしまうのでしょうか。

3.審査に落ち、限度額を減らされるパターン

増額申請を行ったのにもかかわらず、増額どころか逆に減額されてしまう大きな原因はモビットからの信用を失っていることが考えられます。

具体的な例を挙げますと以下のケースです。

限度額を減らされるケース

  • 他社からも借り入れがあり、その契約社数や総借入額がモビットと新規契約をしたときよりも増えいている場合
  • 他社からの借り入れを延滞して金融事故を起こしてしまった場合
  • モビットのカードローンの支払いを延滞してしまった場合

これらの条件に該当する場合、増額申請を行ったことをきっかけに利用限度額が減額される可能性があります。

最悪の場合カードローンが利用停止となってしまうこともあります。

もしも延滞歴や金融事故歴がある場合にはくれぐれも増額申請を行わないように気をつける必要があるのです。

モビットのカードローンの返済を延滞してしまうことでモビットのカードローンが減額されてしまうことは当たり前です。

しかし、なぜ他社からの借り入れを延滞したり、他社債務が増加することでモビットのカードローンの利用限度額が減額されてしまうのでしょうか。

実は銀行や消費者金融等のカードローンを取り扱っている金融機関では契約者の信用情報を共有しているため、他社で金融機関の信用を損ねるような事を行うとそのことがモビットにも伝わってしまうのです。

他社からのキャッシングの件数や総借入額が増加したり、他社の借り入れをきちんと返済してしないという情報がモビットへ伝われば当然モビットは「この利用者はお金を貸してもきちんと返してくれない可能性が高い」と判断し、リスク回避のために利用限度額が減額したりカードローンの利用を停止する可能性があるのです。

金融機関で共有される信用情報の主な内容は、利用者の氏名・住所・生年月日などの基本的な個人情報のほか、利用限度額や契約日などの詳細な情報まで含まれたカードローンの契約内容や借り入れや返済の状況、そして金融事故歴などとなります。

特に金融事故歴は増額申請をした際に減額されてしまう大きな原因となります。

一度金融事故歴を起こしてしまうとそのことが信用情報に5年から10年程度の期間記載されることとなるので、くれぐれも金融事故を起こさないように気をつける必要があります。

なお自分の信用情報がどのようになっているのかは実は自分自身で調べることができます。

信用情報機関に対して開示請求を行えば自分の信用情報の確認ができるため、自分の延滞歴や金融事故歴などが気になる場合には増額申請を行う前に自身の信用情報を確認しておくと良いでしょう。

なお信用情報の開示請求はインターネットや信用情報機関の窓口や郵送などで申込みができ、専用の申込書の他に本人確認書類を停止すれば手続きできます。

なお手数料は500円から1,000円となっています。

→自分の信用情報を確認する方法はこちら

増額審査の方法

SMBCモビットで利用限度額を増額する方法は以下の2つあります。

SMBCモビットで利用限度額を増額する2つの方法

  1. 会員ページで申請する(24時間営業)
  2. 電話で申請する(9時~21時営業)

オペレーターに相談しながら手続きを進めたい方は2の電話で申請することをおすすめします。


➡SMBCモビット公式ページはこちら

オペレーターに相談しながら申請したい方は2の電話がおすすめです。

増額審査に通りやすくする方法

限度額を上げるのは誰にでもできることではありません。

例えば、いつもお金を貸しても返してくれない友人にさらにお金を貸すのは嫌ですよね。

SMBCモビットも同じです。

誰にでもお金を貸したいわけではありません。約束を守り、返済してくれる方にしか増額はできません。

ここでは、限度額増額審査に通りやすいケースをまとめました。

増額審査に通りやすいケース

  1. 約7ヶ月以上返済期限を守っている
  2. 他社での借入状況が常識の範囲内である
  3. 総量規制範の範囲内である

それぞれ詳しく解説していきます。

1.約7ヶ月以上返済期限を守っている

だいたいですが、7ヶ月間返済期限を守っている方は、その後も返済期限を守る傾向があります。

SMBCモビットも返済期限を守れない方ではなく、しっかり守っている方に飲み増額を許可してくれます。

2.他社での借入状況が常識の範囲内である

他社で高額な借入をしている場合、SMBCモビットので増額しても他社の返済に充てて、返済が滞るというパターンは少なくありません。

借入と返済が常識の範囲で正しく行われている方のみ増額ができるわけです。

3.総量規制範囲内である

法律で年収の3分の1を超える借り入れはできないようになっています。そのことを総量規制と言われています。

例えば、年収240万円の方は、80万円を超える借り入れはできません。

これは他社など含めた計算なので、いくらSMBCモビットで1000円しか借りていなくても他社で79万9000円借入している場合、これ以上借り入れをすることはできません。

増額審査に必要な書類

増額審査には「収入証明書」が必要です。

他のカードローン会社でも増額審査の際は「収入証明書」が必要です。

収入証明書として認められているのは以下の5つです。

5つの収入証明書

  1. 源泉徴収票の写し
  2. 税額通知書の写し
  3. 所得証明書の写し
  4. 確定申告書の写し
  5. 給与明細の写し(直近の2か月分。賞与支給のある方は年間の賞与額(夏、冬など)が確認できる賞与明細書も必要です)

以上のいずれかを用意しておきましょう。

→SMBCモビット公式ページで収入証明書を確認する

紛失している方は少ないくありませんので、手元にない方が収入証明書を手に入れる方法を解説していきます。

収入証明書の入手方法

1.源泉徴収票の写し

毎年1月末に発行され、職場から渡されます。万が一紛失した場合は再発行を職場でお願いしましょう。

2.税額通知書の写し

毎年5月か6月ごろの給与のタイミングに職場で渡されます。紛失している場合は、お住いの管轄の市・区役所で発行できます。

3.所得証明書の写し

毎年5月か6月ごろ発行されます。紛失した場合は、お住いの管轄の市・区役所で発行できます。

4.確定申告書の写し

国税庁で入手可能です。

5.給与明細の写し

再発行不可です。控え写しがもらえる可能性があるので職場でお願いしてみましょう。

まとめ

当記事の内容をまとめました。

  • SMBCモビットは限度額の増額が可能
  • 増額審査に申込みをして減額されるリスクもある
  • 増額審査に申込みをすると以下の3パターンがあります
    1. 希望通りに増額できる
    2. 審査に落ち、限度額がそのまま
    3. 審査に落ち、限度額を減らされる
  • 限度額を減らされるのは以下の場合です
    1. 他社からも借入があり、額や数が増えている
    2. 他社で滞納しているなどの金融事故を起こしている
    3. モビットで滞納したことがある
  • 増額審査は会員ページか電話で申請ができる
  • 増額審査に通りやすくする方法
    1. 約7ヶ月以上返済期限を守っている
    2. 他社での借入状況が常識の範囲内
    3. 総量規制の範囲内
  • 増額審査には収入証明書が必要です
    1. 源泉徴収票の写し
    2. 税額通知書の写し
    3. 所得証明書の写し
    4. 確定申告書の写し
    5. 給与明細の写し

増額審査はリスクを必ず理解した上で申込みを行いましょう。

審査落ちが不安な方は増額審査をおすすめしません。

当記事の内容を理解して決断してください。

最後までお読みいただきありがとうございました。