モビットは繰り上げ返済可能?利息はお得になるか計算してみた

  • 「お金を借りた当初よりもお金に余裕ができたので早く返済したい」
  • 「返済ごとに利息を支払うのが憂鬱」

そんな方には繰り上げ返済がおすすめです。(繰り上げ返済とは通常の返済額より多くの金額を返済することを言います。)

なんとなく利息を支払っている方や、お金を借りている状況が不安な方は当記事はお役に立てるかもしれません。

モビットは繰り上げ返済可能?

モビットは繰り上げ返済可能です。

モビットの公式HPにもこのように記されています。

モビットでは返済日でも、返済日以外でもいつでも繰り上げ返済が可能です。

モビットの繰り上げ返済のメリット

モビットで繰り上げ返済を行うと、以下の3つのメリットがあります。

モビットの繰り上げ返済3大メリット

  1. 返済期間を短縮できる
  2. 利息を減らすことになる
  3. スッキリする

1つ1つ解説していきます。

1.返済期間を短縮できる

予定よりも多く返済する分、返済が完了する日が予定よりも早まります。

とにかく早く返済したいという方は注目です。

2.利息を減らすことができる

モビットの利息は以下の計算式で算出できます。

モビットの利息計算式

借入残高×年率÷365日×利用日数

この計算式から分かるように、早く返済すればするほど利息は低く済みます。

日頃から銀行の手数料に違和感を感じている方は少なくありません。

カードローンは銀行の利用よりも利息がかかっています。

お金を借りている間は利息を支払うことになるので、利息を減らす努力は自身で行う必要があります。

3.スッキリする

早く完済できると思うと気持ちがスッキリする方は少なくありません。

モビットに支払う利息が日に日に増えていることを考えると不安になる方がいて当たり前ですね。

利息はお得になるか計算してみた

では、繰り上げ返済することで利息はどれくらい安く済むのでしょうか。

例を挙げて比較してみましょう。

例①:10万円を90日間借りたとします。年率は18%です。

その場合は利息は

10万円×18%÷365日×90日=4438円

です。

例②:10万円を90日間借りたとします。年率は18%です。しかしボーナスが入ったので30日の時点で繰り上げ返済を行いました。

その場合の利息は、

10万円×18%÷365日×30日=1479

です。

例①と例②を比較した結果、借り上げ返済を行ったことで2959円も利息を減らせることが分かりました。

繰り上げ返済を行うことで、利息を無駄に支払わずに済みますね。

繰り上げ返済の方法

実は繰り上げ返済を行うのに特別な手続きは一切必要ありません。

ただ、モビットに銀行振込や提携ATMで入金を行えばいいだけです。

その際、モビット(0120-03-5000)に問い合わせ、自身が支払う金額を確認しましょう。

では、モビットの繰り上げ返済方法をまとめます。

モビットの繰り上げ返済方法

  1. モビット(0120-03-5000)に問い合わせ、自身が支払う金額を確認
  2. 銀行振り込みか提携ATMから入金

➡モビット提携ATMの詳細はこちら

モビットの銀行振込返済方法

モビットの銀行振込返済をするには、まず振込先を調べる必要があります。

以下の手順で行えば簡単なので安心してください。

  1. モビット会員ページにログイン
  2. 「銀行振込で返済する」をクリック
  3. 入金する銀行名、口座番号などをチェックする
  4. 振込を行う

振込の際は振込先が正しいか確認してください。

注意点

実は、モビットは1,000円未満の金額は支払う義務はありません。

例えば、現在の合計借り入れ金額が1,256円だとします。

この場合に支払い義務があるのは1,000円というわけです。

ただし、解約したい場合は256円も返済する必要があるので気をつけましょう。

利息を少しでも安くする裏技とは?

実は支払う利息を減らす裏ワザがありますのでご紹介します。どうしても利息を減らしたいという方は参考にしてください。

カードローンは各社それぞれで利息を設定します。

なので同じ人に対して、A社では利息17%なのにB社では15%と設定されるということはよくある話です。

この利息の差を上手に利用すればあなたが支払う利息は減らすことができます。

例えば、あなたはモビットで利息率が17%だとします。そして10万円を借りているとします。そんな状況下で新たにプロミスで申込を行い、利息率が15%に設定されたとします。

こんな時は利息を安くするチャンスです。

プロミスで10万円を借りて、そのお金でモビットで繰り上げ返済を行うのです。

そうすると、あとは利息が少なくて済むプロミスの返済を行うだけです。

同じ10万円でも支払う利息はカードローン会社ごとに違います。

あくまでどうしても利息を支払いたくない方の裏ワザです。

さらに、プロミスには30日間利息(金利)ゼロのサービスがあります。

お金が入る日が分かっている場合は、利息が日に日に増えていくのを指をくわえて見ているのではなく、プロミスで借りたお金でモビットの返済を行うと利息の差が大きいと思います。

借金を経験した時にお世話になったからこそおすすめできるカードローン2017年版

プロミスカードローン

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
プロミスカードローンの特徴
  • 50万円以下なら原則収入証明書不要
  • 3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス有り(メアド登録とWeb明細利用登録必須)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 土日祝でも新規即日借り入れも可能
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから借入可能
page
promise
※30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります。

1万円など少額借りたいのであればこのカードローン

アコム

実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 1万円~800万円
融資時間 非常に早い
アコムの特徴
  • 初契約なら「30日間金利0円」※1
  • カンタンにできる3秒お借入診断あり
  • CMでもお馴染みの有名なカードローンなので安心
  • 1万円から千円単位でお金を借りれる!

アコムでお金を借りるにはこちら
※スマホだけでも申込可能です。
※1 申込時に返済期日を「35日ごと」に設定するだけでOKです。
サブコンテンツ

このページの先頭へ