モビットは口座振替対応あり?振替手数料も調査!

  • カードローンの返済を毎月行うのが面倒
  • 光熱費のように自動引落でカードローンの返済をしたい

そんな方にはモビットの口座振替返済がおすすめです。

モビットの口座振替返済は便利でお得なので多くの方が利用しています。

しかし、気を付けなければいけないポイントがあるので注意が必要です。

当記事では、そんなモビットの口座振替返済のメリット・デメリット・手数料などをまとめました。

モビットは口座振替対応あり?

モビットで口座振替で返済が可能です。

口座振替とは、毎月の返済日に自分の口座から自動で引落されることです。

カードローンの利用者の多くは、便利な理由で口座振替返済を選択しています。

口座振替返済なら、返済日を意識をする必要がありません。

ただし、以下のいずれかの口座に限ります。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

口座振替返済を希望する方は、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座を開設しましょう。

モビットの振替手数料は?

モビットの口座振替返済の手数料は無料です。

それに対して、提携ATMでの返済は手数料がかかります。

提携ATMでの返済時の手数料は以下の通りです。

提携ATMでの返済手数料
1万円以下 108円
1万1円以上 216円

108円や216円は安いと考える方もいると思いますが、返済の度に支払うと考えると甘く見てはいけません。

それに対して、口座振替返済は手数料が無料なので効率的と言えます。

しかし、口座振替返済のデメリットもあるので注意が必要です。

続いては、口座振替返済のデメリットを解説していきます。

モビットの口座振替返済3つのデメリットとは?

手数料が無料で便利な口座振替返済ですが、3つのデメリットがあります。

口座振替返済3つのデメリット

  1. 金融機関が限られている
  2. 残高不足の時、返済遅延になる
  3. 繰り上げ返済ができない

それぞれについて解説していきます。

1.金融機関が限られている

先ほども出てきましたが、口座振替返済をするにはモビットで指定されている金融機関の口座が必要です。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

以上の3つの金融機関の普通口座を持っていないかたは開設する必要があります。

自分の行動範囲内にこれらの金融機関の店舗がなくて、結局コンビニATMなどで口座に入金する可能性がある方は口座振替返済はおすすめできません。

コンビニATMで口座に入金する際に手数料が発生するからです。

行動範囲内に3つの金融機関の店舗があるか確認してみましょう。

➡三井住友銀行の店舗検索はこちら

➡三菱東京UFJ銀行の店舗検索はこちら

➡ゆうちょ銀行の店舗検索はこちら

2.残高不足の時、返済遅延になる

これは口座振替返済の落とし穴と言える最重要デメリットです。

口座振替返済にすると返済日の意識が低くなります。

それが原因でなんと口座が残高不足で口座振替ができずに返済日が過ぎるという事態が起こります。

そうなると返済日に返済ができなかったということになり、「返済遅延」という記録が残ります。

そうなると後々信用問題に関わってきます。

今後一切モビットをはじめ、すべてのカードローンでお金を借りることができなくなったり、住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードの契約が一切できなくなる可能性があります。

口座振替返済の場合は、口座振替日までに必ず口座をチェックする必要があります。

3.繰り上げ返済ができない

口座振替返済の場合は繰り上げ返済ができません。

口座振替返済は、返済日に返済額を自動で引落をする仕組みなので、繰り上げ返済が行われないのは当たり前ですね。

繰り上げ返済をする場合は、銀行振込か提携ATMから返済をする2つの方法があります。

その際にはまずはモビット(0120-03-5000)に問い合わせをし、返済額を確認しましょう。

そして銀行振込をしたい方は振込先を確認しましょう。

モビットの振込先の確認方法は以下の通りです。

モビットの銀行振込返済方法

  1. モビット会員ページにログイン
  2. 「銀行振込で返済する」をクリック
  3. 入金する銀行名、口座番号などをチェックする
  4. 振込を行う

提携ATMで返済を行いたい場合は、モビット提携ATM詳細ページを確認しましょう。

モビットの口座振替まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 口座振替返済は手数料が無料
  • 自動で引落されるので便利
  • 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座も持っていないとできない
  • 残高不足の時、返済できない
  • 繰り上げ返済は自ら行う必要がある

いかがでしたか?

口座振替返済、提携ATMでの返済、銀行振込返済どれを選択しても絶対に返済日と返済額を意識する必要はあります。

返済を滞納してしまうと、今後一切モビットをはじめ、すべてのカードローンでお金を借りることができなくなったり、住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードの契約が一切できなくなる可能性があります。

もし、返済日や返済額をうっかり忘れてしまう可能性がある方は、返済日を事前にメールで知らせてもらえるプロミスがおすすめです。

うっかり返済を滞納して、今後の人生で様々な場面で制裁を受けることになる事態を防ぐためにも、はじめから自分に合ったカードローンを選択することが重要です。

mobit

借金を経験した時にお世話になったからこそおすすめできるカードローン2017年版

プロミスカードローン

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
プロミスカードローンの特徴
  • 50万円以下なら原則収入証明書不要
  • 3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス有り(メアド登録とWeb明細利用登録必須)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 土日祝でも新規即日借り入れも可能
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから借入可能
page
promise
※30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります。

1万円など少額借りたいのであればこのカードローン

アコム

実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 1万円~800万円
融資時間 非常に早い
アコムの特徴
  • 初契約なら「30日間金利0円」※1
  • カンタンにできる3秒お借入診断あり
  • CMでもお馴染みの有名なカードローンなので安心
  • 1万円から千円単位でお金を借りれる!

アコムでお金を借りるにはこちら
※スマホだけでも申込可能です。
※1 申込時に返済期日を「35日ごと」に設定するだけでOKです。
サブコンテンツ

このページの先頭へ