モビットの一括返済方法!利息は安くなる?ボーナス払いは?

「モビットの金利を安くしたい」

「ボーナスが入ったので一括返済したい」

モビットの金利は安くはありません。

多くの方は金利の計算方法の複雑さが原因で、自身が支払っている金利の多さに気付いていません。

金利は絶対に節約すべきです。

当記事はそんな方に金利を安くする裏技や一括返済の方法、一括返済の注意点などをまとめました。

モビットの一括返済方法は?

モビットの一括返済方法はまず、自身が支払わなければならない額を知ることからはじまります。

モビットのカードローンは利息が発生します。その額は日ごとに増します。

なのでモビット(0120-03-5000)に問い合わせ、自身が支払う金額を確認しましょう。

金額が分かったら、銀行振り込みか提携ATMから入金しましょう。

では、モビットの一括返済方法をまとめます。

モビットの一括返済方法

  1. モビット(0120-03-5000)に問い合わせ、自身が支払う金額を確認
  2. 銀行振り込みか提携ATMから入金
注意点

実は、モビットは1,000円未満の金額は支払う義務はありません。

例えば、現在の合計借り入れ金額が1,256円だとします。

この場合に支払い義務があるのは1,000円というわけです。

ただし、解約したい場合は256円も返済する必要があるので気をつけましょう。

利息は安くなるの?

答えは「YES」です。

先ほども触れましたが、利息は日ごとに増す計算になります。

つまり、早く返せば返すほど利息は安く済むというわけです。

生活に支障が無い程度に早く返済するのがベストです。

モビットでボーナス払いは可能?

答えは「YES」です。

プロミス公式ページに次のように記されています。

「モビットの追加返済はいつでも何度でも可能です。」

とはっきりと書かれています。

つまりボーナスだろうと、臨時収入だろうと追加返済はOKです。

モビット一括返済の落とし穴

早く返済できるほうが無駄に利息を支払わなくて済むのでお得だということはお分かりですね。

だからと言って、無理に一括返済をするのも考え物です。

実は、自身の状況を把握できずに一括返済をして、生活がまわらなくなって、またモビットでお金をかりる羽目になったというケースは珍しくありません。

一括返済はあくまで余裕があるときにすべきです。

しかし、実は一部の方はお気づきですが、カードローンの金利は安くはありません。

その金利を少しでも安くする裏技があります。

金利を少しでも安くする裏技とは?

その裏技とは、「他のカードローンでお金を借りてモビットの返済をする」という技です。

もしあなたがモビットの金利が18.0%だとします。

でもプロミスに申し込みをし、金利を15.0%に設定されたとします。

そうすると、プロミスでお金を借りて、モビットで一括返済を行う方があなたが支払わなければならない金利が安く済むのです。

モビットの利用者数は約40万人に対し、プロミスは約140万人といわれています。

その理由はなんでしょうか。実はプロミスには30日間利息(金利)ゼロのサービスがあります。

そのサービスを上手に利用して金利を安くするのは非常に有効な手段です。

借金を経験した時にお世話になったからこそおすすめできるカードローン2017年版

プロミスカードローン

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
プロミスカードローンの特徴
  • 50万円以下なら原則収入証明書不要
  • 3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス有り(メアド登録とWeb明細利用登録必須)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 土日祝でも新規即日借り入れも可能
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから借入可能
page
promise
※30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります。

1万円など少額借りたいのであればこのカードローン

アコム

実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 1万円~800万円
融資時間 非常に早い
アコムの特徴
  • 初契約なら「30日間金利0円」※1
  • カンタンにできる3秒お借入診断あり
  • CMでもお馴染みの有名なカードローンなので安心
  • 1万円から千円単位でお金を借りれる!

アコムでお金を借りるにはこちら
※スマホだけでも申込可能です。
※1 申込時に返済期日を「35日ごと」に設定するだけでOKです。
サブコンテンツ

このページの先頭へ