モビットの延滞時の遅延損害金計算方法!ムダに利息が取られる?

「返済期日にお金が用意できない」「返済したいけどお金が足りない」

そんなことは誰にでも起こりうる事態です。

当記事では、モビットの返済を遅延してしまった時に起こること、ペナルティ、回避する裏ワザをご紹介します。

モビットの返済を延滞すると何が起こるの?

では、モビットの返済を延滞すると何が起こるのでしょうか?

まずは催促状が届きます。

それでも対応しないでいると、モビットから電話がかかってきます。

「返済日が過ぎているようですが、どうされましたか?」といった親切な連絡です。

ドラマのように怖い人が自宅に来たりもしません。

しかし、それでも返済に応じないと、大変なことになります。

一般的には一以下のような順で起こりますので確認しておきましょう。

返済を延滞した時に起こること

  1. 催促状が送られる
    自宅にモビットから郵送されます
  2. 催促の電話が来ます
    申込時に登録した電話にモビットから返済をしてくれという内容の電話が来ます。
  3. モビットの利用が強制ストップ
    ここまで催促を無視していると遂にモビットの利用自体が強制的にストップされます。モビットの利用は永遠にできないと考えてください。
  4. 最悪の場合裁判所から訴状が送られる
    どの連絡にも対応せずに無視していると裁判所から訴状が届き、財産の差し押さえなんていうドラマのような事態になりかねません

4にまでなると、大事ですね。

返済できない場合でも、必ず連絡には応じましょう。

では、次に返済を1日でも過ぎると発生する義務についてお話します。

遅延損害金とは?計算方法は?

モビットの返済日を過ぎてしまうと延滞損害金を支払う義務があります。

簡単に言うと罰金です。

延滞すればするほど金額が高くなります。DVDのレンタルの延滞料金をイメージしていただければわかりやすいと思います。

計算方法は以下の通りです。

モビットの遅延損害金計算式

借入金額(円)✕遅延損害金年率(%)÷365日✕遅延日数(日)

これだけでは分かりにくいので実例を挙げて計算してみます。

遅延損害金の計算方法

例えば、100万円借りて3日返済が遅れた場合のモビットの遅延損害金は以下のように計算します。

100万円✕20%(0.2)÷365日✕3日=1,644円

100万円借りて、3日返済が遅れると遅延損害金は1,644円になります。

「たいした額じゃない」

と思った方は注意が必要です。

油断しているうちにどんどん金額は膨れ上がり、余計な出費が発生するだけです。

そして一番怖いのが、信用問題に響いて今後の人生で様々な場所でペナルティを受ける羽目になることです。

では、返済の遅延で遅延損害金以上にダメージが大きいペナルティとは何でしょうア?

最大のペナルティとは?

返済を遅延する最大のペナルティは、ズバリ信用情報に遅延の履歴が刻まれることです。

モビットだけでなく、ほぼすべてのカードローンやクレジットカードの利用の際に発生した問題はすべて信用情報に刻まれていきます。

ある一定期間したら記録はなくなると言われていますが、場合によっては永遠に記録に残るという話もあります。

こういったネガティブな記録があると様々なシーンでペナルティが待ち受けています。

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 他のカードローン
  • クレジットカード
  • スマホ
  • 賃貸住宅の契約

以上の他にも様々な契約を断られてしまうなどのペナルティが待ち受けています。

これまででお分かりの通り、カードローンの遅延は非常に危険です。リスクが大きすぎます。

必ずカードローンはルールの範囲で利用しましょう。

しかし、予期しない事故が起きたり、失敗をしてしまうのが人間です。

誰にでも延滞していまう可能性はつきものです。

しかし、遅延損害金の支払や信用情報に傷がつくような事態は避けたいですね。

当サイトでは、返済したいけどできないお困りの方に遅延損害金を支払わずに、信用情報に傷をつけることも避ける裏ワザをご紹介します。

返済の遅延を防ぐ裏ワザ

これまでで返済期日を守れない場合はかなりのペナルティが待ち受けていることが分かりましたね。

そのペナルティの重さを分かっていても、どうしても返済できない時はプロミスを利用することをおすすめします。

なぜなら、プロミスならはじめて利用する時は30日間無利息でお金を借りることができます。

モビットの返済期日が守れない緊急事態はプロミスの30日間無利息サービスで乗り切りましょう。

promise

▼プロミスの情報もチェック

参考⇒プロミスの審査は他社借入に厳しい?総量規制は?

参考⇒プロミス審査で必要な本人確認書類(給与明細・身分証明書)一覧

参考⇒プロミスのWeb完結なら来店不要!契約の流れを確認しよう

借金を経験した時にお世話になったからこそおすすめできるカードローン2017年版

プロミスカードローン

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
プロミスカードローンの特徴
  • 50万円以下なら原則収入証明書不要
  • 3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス有り(メアド登録とWeb明細利用登録必須)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 土日祝でも新規即日借り入れも可能
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから借入可能
page
promise
※30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります。

1万円など少額借りたいのであればこのカードローン

アコム

実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 1万円~800万円
融資時間 非常に早い
アコムの特徴
  • 初契約なら「30日間金利0円」※1
  • カンタンにできる3秒お借入診断あり
  • CMでもお馴染みの有名なカードローンなので安心
  • 1万円から千円単位でお金を借りれる!

アコムでお金を借りるにはこちら
※スマホだけでも申込可能です。
※1 申込時に返済期日を「35日ごと」に設定するだけでOKです。
サブコンテンツ

このページの先頭へ