モビットはコンビニ返済可能?【提携ATMと返済手数料まとめ】

モビットはコンビニで返済できるのでしょうか?

返済できる場合は手数料や利用時間、どこのコンビニで可能なのでしょうか。

当記事では、そんなコンビニ返済に関する疑問をすべてまとめました。

コンビニ返済可能?

結論から言いますと答えは「YES」です。

モビットの返済はコンビニの提携ATMで行えます。

返済手数料はいくら?

返済手数料は以下の通りです。

1回の取引金額が1万円以下 108円
1回の取引金額が1万円を超える 216円

利用時間は?

基本的にコンビニは24時間営業なので24時間いつでも返済可能です。

しかし、コンビニや地域によっては24時間営業でない場合もありますし、メンテナンス時間もあるので当記事内の提携ATM一覧で確認しておきましょう。

コレを知らないと家族バレする危険性アリ

領収書や利用明細の発行において、モビット提携ATMは2種類に分けることができます。

2種類のモビット提携ATM

  1. 領収書や利用明細が後日自宅に発送される提携ATM
  2. 領収書や利用明細がその場で発行される提携ATM

1の場合、家族バレの危険性があります。

絶対に家族バレしたくない方は必ず2のATMを利用する必要があります。

2017年10月現在では、コンビニの提携ATMは基本的に領収書や利用明細がその場で発行される提携ATMです。

しかし、変更がある可能性もあるので利用前に必ずモビット公式ページで確認をしてください。

➡モビット公式ページはこちら

コンビニ返済可能なコンビニと提携ATM一覧

手数料がかからない返済方法は?

コンビニの提携ATMは非常に便利なので多くの方が利用しています。

ただ、手数料がかかるので毎回コンビニで返済するのはもったいないと悩んでいる方も多いのが事実です。

実は返済手数料を無料で済ませる方法があります。

それは「三井住友銀行のATM」を利用することです。モビットと三井住友銀行は非常に相性が良く、何かと便利です。

三井住友銀行のATMなら借入も返済も手数料が無料ですし、手続きをしている姿を知り合いに見られてもモビットを利用しているかどうかは分からないので安心です。

24時間営業ではありませんが、三井住友銀行のATMを利用できると手数料を節約できますね。

➡三井住友銀行のATMはこちらで確認できます

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • モビットの返済はコンビニでできる
  • 返済手数料はかかります
    • 1回の取引金額が1万円以下の場合108円
    • 1回の取引金額が1万円を超える216円
  • コンビニ提携ATM利用時間はコンビニや地域によって異なります
  • モビットの提携ATMには領収書や利用明細が郵送されるものもある点を注意するべきである
  • 返済に手数料がかからない方法は三井住友銀行のATMを利用することです

以上です。

モビット提携ATMは全国に数多くあるので便利ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

借金を経験した時にお世話になったからこそおすすめできるカードローン2017年版

プロミスカードローン

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
プロミスカードローンの特徴
  • 50万円以下なら原則収入証明書不要
  • 3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス有り(メアド登録とWeb明細利用登録必須)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 土日祝でも新規即日借り入れも可能
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから借入可能
page
promise
※30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります。

1万円など少額借りたいのであればこのカードローン

アコム

実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 1万円~800万円
融資時間 非常に早い
アコムの特徴
  • 初契約なら「30日間金利0円」※1
  • カンタンにできる3秒お借入診断あり
  • CMでもお馴染みの有名なカードローンなので安心
  • 1万円から千円単位でお金を借りれる!

アコムでお金を借りるにはこちら
※スマホだけでも申込可能です。
※1 申込時に返済期日を「35日ごと」に設定するだけでOKです。
サブコンテンツ

このページの先頭へ