• 限度額分のお金を使いきってしまった
  • 完済前にまとまったお金が必要
  • 必要額に限度額がたりていない

上記の様に、どうしても残りの限度額では対処出来ない問題が生じた時は増額するといった手段があります。

カードローン会社は、契約者の返済能力を確認する為に一定期間は低い利用限度額を設定します。

そして、その後カードの利用状況等を確認し信頼出来る事が確認出来た時に初めて増額となります。

ですので、増額するには信頼度を作る事が大切です。

当記事ではみずほ銀行カードローンの増額審査の方法やリスクについて解説していきます。

詳しくは本文にて解説しているので、より詳しく知りたい方はこの記事をしっかりと読んで対策してください。

みずほ銀行カードローン限度額のは増やせますか?
はい。しかし再審査を通過した方のみです。増額審査は再審査の位置づけなので、逆に限度額を減らされたり利用を停止される可能性もあります。
どのような場合、限度額を減らされたり利用を停止されてしまうんですか?
返済を遅延したり、借入と返済が頻繁だったり、転職して新規の申込時と収入や勤務状況が異なる場合に起こり得ます。
増額する方法を教えてください。
みずほ銀行カードローン側からインビテーションが来る場合と、自ら増額審査を申し出る方法の2つがあります。

みずほ銀行カードローンは増額審査で限度額を増額出来る?

結論から言いますと、みずほ銀行カードローンは限度額を増額できます

限度額が増額されるきっかけは以下の2つが一般的です。

限度額が増額される2つのきっかけ

  1. インビテーションが来る
  2. 増額審査を申請する

1.インビテーションが来る

限度額の増額は本来、銀行側からインビテーションが来る事が多いです。

インビテーションが来やすい条件

  • 契約後から数回以上の利用がある
  • 借入額が大きすぎない
  • 返済トラブルがない

このような方は、銀行側からのインビテーションを受ける可能性が高いです。

最も重要なのは返済トラブルが無いことです。

みずほ銀行に限りませんが、銀行は返済トラブルを何よりも嫌います。

一度でもトラブルを起こしてしまうと信用度が一気に下がってしまうのでインビテーションに期待出来なくなってしまいます。

ですから、返済の延滞など返済トラブルを起こさない様にしましょう。

2.増額審査を申請する

通常のカードローン会社などで増額をする場合には「増額申請」をする必要があります。

「増額申請をして審査に通過すれば限度額を増額」という認識です。

しかし、みずほ銀行カードローンでは増額申請のことを「再申し込み」と呼んでいて「再度新たに申し込みを行い、審査の結果で限度額を新たに決め直す」という認識を持っています。

その為、審査の結果次第では限度額が増えたり減ったり、または変わらないということもあるのです。

トラブルを起こしたことなく使用し、銀行側から優良顧客と認識されることで増額申請の通過も高まりますので、そのような方には増額申請をオススメします。

続いては、増額審査のリスクを解説します。

減額されるケースもあるので増額審査を受ける前に理解しておきましょう。

増額審査で減額されるリスクがある理由とは?

増額審査には限度額を減額されてしまうリスクがあることを知っておきましょう。

理由は様々ですが、代表的なものは「延滞ばかりしている」というの状況が挙げられます。

延滞しているということは、融資額が支払い能力を超えてしまっていることを指す訳ですから増額審査がきっかけで限度額を減額をされてしまうのは致し方がないと言えます。

稀にですが、借入と返済を繰り返していると減額されてしまうこともあるので注意が必要です。

※会社によって判断が異なる為、対応も異なります

また、転職後は審査にも影響があることを覚えておきましょう。

カードローンは無担保なので、融資を受ける人を信用してお金を貸しています。

お金を貸す為にも返済能力があるかを審査し、審査に通る事でお金を借りる事が出来ます。これは、当たり前ですよね。

では、一体なぜ転職後は審査に影響があるのか説明します。

カードの限度額が下がってしまう場合は総量規制が原因です。

総量規制とは借り手側がお金を借りすぎないように作られた規制であり消費者金融や銀行カードローンでは年収の1/3までしか借入が出来ません。

※総量規制対象外ローンもあります

そして、金融機関では利用から3年経つと利用者に収入証明の再提出を求め収入の確認を行っています。

その時に転職の事や収入の事が分かるので、以前より年収が低くなれば、その分の限度額が減額されてしまいます。

ですので、収入の他に転職後も審査に影響があるというのを認識してください。

減額されてしまった場合、その後改めて増枠することは可能なのか?と気になるところかと思います。

結論、減額後の増額は可能です。

ただ、減額された理由を受け止めて、それを改善する必要があります。

業者なら「なぜ、減額になったのか?」ということは教えてくれないことが殆どです。

ですので、利用するにあたって取引に問題が無かったのか振り返る事が大切です。

また、利用や返済中も可能な限り他業者に申し込みをするなど、新たな借金を増やさないようにすることも重要です。

みずほ銀行カードローン増額審査申し込み手順

みずほ銀行カードローンの増額審査は以下の流れで行います。

みずほ銀行カードローンの増額審査流れ

  1. 担当者に増額申込み
    みずほ銀行カードローン専用ダイヤルに電話をしましょう。その電話の音声ガイダンスに従って増額申込みを進めて下さい。
    →みずほ銀行カードローン専用ダイヤルはこちら
  2. 申込み内容確認、本人確認
    みずほ銀行カードローンの専用ダイヤルで申込み後、担当者から申込みの事実確認、本人確認の電話が来ます。その際に、増額に関する相談をして下さい。
  3. 増額審査
    本人確認後、増額審査が行われます。増額審査では、入会審査同様に収入状況や信用情報が確認されます。加えて、これまでのみずほ銀行カードローンの利用実績も見られ、それをもとに判断されます。
  4. 限度額の再設定
    みずほ銀行カードローンの増額審査に通過すると、限度額の再設定が行われます。みずほ銀行が判断した金額まで増額される為、必ずしも希望額まで増額出来るとは限りません。この際限度額に応じて、金利の見直しがされます。

以上の流れが増額審査申込み手順となります。

続いては、増額審査に申し込む際の注意点をご紹介します。

増額審査に申込む際は注意も必要?

みずほ銀行カードローンをどうしても増額したい場合は申込み時に注意すべき事があります。

みずほ銀行カードローンの注意点

  1. 希望額を大きくしずきないように
    申込み額が収入に対して大きすぎると希望通りの増額が出来ません。場合によって審査落ちに繋がります。
  2. 収入証明書の提出を求められる
    50万円を超える限度額への増額を希望する場合、収入証明書の提出が必要となるので、希望者は提出出来る準備をしましょう。
  3. 場合によって在籍確認がある
    勤務先に変更があったり、収入状況に大きく変化があった場合などは在籍確認が生じる可能性があります。

以上の点を知った上で増額審査を受けましょう。

そして、増額審査のリスクも知っておきましょう。

増額審査き3つのリスク

  1. リスク1/増額審査には時間がかかる可能性
    みずほ銀行カードローンの増額は、必ずしもスムーズに終了するとは限りません。入会時とは違う条件で審査が行われているため、申し込んでから結果が通知されるまでに数日以上かかる可能性もあります。
  2. リスク2/ 審査結果次第で減額処分になる
    増額審査は、単に減額額を増やすかどうかを決めるだけではありません。契約内容を見直す目的も含まれています。入会時より収入が下がっている人は注意が必要。
  3. リスク3/最悪の場合、借入れ停止になる
    増額審査では収入状況の他に、みずほ銀行カードローン自体の利用実績も確認します。返済遅れ等があれば、増額審査の際に、その記録が着目されてしまいます。

返済能力が悪いと思われると、借入れ停止になる可能性もあります。

返済しない人に、これ以上貸すのは危険だと判断されるのです。

必ず、以上の注意点とリスクを理解した上で増額審査を行いましょう。

みずほ銀行カードローンの特徴/おすすめ

みずほ銀行カードローンの特徴は以下の通りです。

みずほ銀行カードローンの特徴

  1. 最大限度額800万
  2. 満20歳~満66歳未満安定収入のある方ならば申込みOK
  3. 比較的低金利
  4. 多くの返済方法がある

みずほ銀行カードローンは最大限度額800万

カードローンの中でもトップクラスの高額融資が期待出来き、「満20歳~満66歳未満で安定収入のある方ならば申込みOK」となっています。

そして、借入れをして欠かせないのが金利です。

この金利が少し違うだけで月々の返済額が大きく変わっていきますので慎重に選びたい所です。

一般的な銀行のカードローンの金利は3.0%~18.0%程度と幅広いのですが、みずほ銀行カードローンの場合は
2.0%~14.0%と比較的低金利であることが着目されています。

ですから、借入れ後の返済についても他銀行カードローンに比べてスムーズになりますし、経済的にも負担の少ない返済額になるというわけなのです。

みずほ銀行カードローンは、口座振替・自社ATMで振り込み・提携ATMでの振り込み・みずほ銀行窓口・コンビニATMでの返済も可能ということで多くの返済方法があり、銀行の開いている時間になかなか出向くことが出来ないという方にとっても安心して返済出来るのも魅力です。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • みずほ銀行カードローンの限度額は増額できます
  • 増額のきっかけは以下の2つです
    1. インビテーションが来る
      これまでに返済トラブルがなく優良顧客であることが重要
    2. 増額審査を申請する
      みずほ銀行カードローンでは再申し込みと呼んでいます。それくらい再度の審査を意味しています。
  • 逆に限度額を減額される原因は以下の通りです
    • 延滞ばかりしている
    • 借入と返済を繰り返している
    • 転職をして収入に変化があった
  • みずほ銀行カードローンの増額審査申込みの手順
    1. 担当者に増額申込み
    2. 申込内容の確認、本人確認
    3. 増額審査
    4. 限度額の再設定
  • 増額の申込の際の注意点は以下の通りです
    • 希望額を大きくしすぎない
    • 収入証明書の提出を求められる
    • 場合によっては在籍確認がある
  • 増額審査3つのリスク
    1. 増額審査には時間がかかる
    2. 増額審査がきかけで逆に減額される
    3. 最悪の場合借入停止

増額審査は美味しいことばかりではなく、大きなリスクが伴っている事が分かりました。

みずほ銀行カードローンに限らず、増額審査は厳しいのが一般的です。

増額審査に申し込むくらいなら新規で新たなカードローンの審査にトライする方が安全と言われています。

→【減額注意】増額審査を受けるくらいなら他のカードローンに申し込むべき3つの理由

こちらをしっかり理解してから増額審査の申込みを行いましょう。

最悪の場合、どこのカードローンも利用不可になるなんて可能性も0ではありません。

増額審査は慎重に行いましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。