以前に他の金融機関と契約をしてカードローンやキャッシングなどの利用していた過去がある場合、新しく別の金融機関のカードローンやキャッシングなどの契約申込みをする際に審査が不利になるのではないかと考える人は少なくありません。

実は、他社からの借り入れ実績がある場合必ずしも別の金融機関でのローンの新規申し込みが不利になるわけではありませんし。

逆に審査が有利になることもあります。

当記事では他社カードローンの利用歴がある方がみずほ銀行カードローンの審査に通るために必要なポイントを分かりやすく解説していきます。

詳しくは本文にて解説しているので、より詳しく知りたい方はこの記事をしっかりと読んで対策してください。

他社借入歴があってもみずほ銀行カードローンの審査に通る事はできますか?
はい。きちんと返済をした実績が審査に有利に働くケースもあります。
ではどんな場合は他社借入が審査に不利になりますか?
返済の延滞や携帯電話の端末の支払いの延滞の過去がある方は審査に不利になる可能性があります。
↑に該当する人間は一生審査に不利ですか?
情報は一定期間過ぎたら削除されます。また、自分の情報を確認することもできます。

みずほ銀行カードローンは他社借入は審査に有利?

結論から言いますと、みずほ銀行カードローンは他社借入が審査に有利になるケースがあります。

みずほ銀行カードローンなどの金融機関はローン審査の際に過去の借り入れ実績についても確認を行います。

その際に、初めてカードローンを申し込む人よりも、以前に他社で借り入れをして延滞などを一切せずに完済している場合には返済能力がある人間だと判断する傾向があるのです。

初めてローン契約をする場合は契約者が真面目に返済をする人なのかどうかの判断は難しいのですが、以前に他社で借り入れをして真面目に返済をした実績がある場合はみずほ銀行カードローン側からすれば優良な顧客というわけです。

他社借入は審査に不利と思われがちですが、他社で真面目な返済実績があると「返済能力」があると審査で有利に働くケースもあります

では、どのようなケースが他社借入が審査に不利になるのでしょうか。

逆に他社借入が不利になるケースとは?嘘の申告はバレない?

他社で借り入れを延滞なく完済した場合には新規のカードローン契約が有利になる一方で、過去に他社で借り入れをした実績が不利に作用することももちろんあります。

不利に作用する代表的な例が延滞をしてしまった経験があるケースになります。

一度でも延滞をしてしまうと利用者の信用情報には金融事故歴が残ってしまいます。

みずほ銀行カードローンなどの金融機関はローン利用者の金融事故歴の情報を共有しているため、初めて取引を行う金融機関であっても利用者が過去に延滞をした事実を掴んでいます。

そして金融事故歴があると新規のカードローン・キャッシング契約は極めて難しくなってしまいます。

ここで気を付けていただきたいのが、新たなカードローン会社に虚偽の申請をしても絶対にバレるという点です。

先程も少し触れましたが、みずほ銀行カードローンなどの金融機関は信用情報を共有しています。

審査の際には職場へ在籍確認の電話をかけたり、過去に他の金融機関とトラブルがないかなど入念に審査します。

嘘の申告をしてもバレますし、より審査通過が厳しくなってしまうのでくれぐれも虚偽の申告はしないようにすることが大切です。

なお金融事故歴は一生涯信用情報に掲載され続けるわけでなく、一定期間経過すれば信用情報から削除されます。

金融事故歴の程度によって削除されるまでの期間は異なるのですが、概ね5年から10年程度経過することで金融事故歴は削除されるのが一般的です。

延滞歴などがある人は5年程度期間をおいてから新規申し込みをすることをおすすめします。

ちなみに信用情報の開示請求は自分自身でも行えるので、いままでに延滞をしたことがある場合には信用情報がどうなっているのかを自分自身で確認してみるのも良いでしょう。

度々耳にする信用情報についてのトラブルとしては携帯電話の端末代金の支払い延滞が挙げられます。

今まで金融機関からの借り入れ経験は一切なく、新規にカードローンの申し込みをしたところ審査落ちしてしまい、信用情報を開示してみたところ延滞歴があったので困惑したという人は少なからずいます。

そういったケースは実はよく確認してみると携帯電話の支払い延滞経験があるというのです。

携帯電話の通信量の支払いを延滞してもローンの延滞には該当しません。

しかし端末を分割支払で購入している場合、これはローン契約に該当します。

毎月の利用料金の中に端末代金(ローンの支払い)が含まれているので携帯電話の利用料金を延滞してしまうとそれがそのまま金融事故に繋がってしまうのです。

新規契約時や機種変更時に端末代金を一括で支払っていれば携帯電話の利用料金を延滞しても金融事故扱いになりません。

しかし端末代金を割賦契約を結んで分割支払としている場合には、携帯電話の利用料金の延滞がダイレクトに金融事故に繋がってしまう点を理解しておきましょう。

もし過去に携帯電話の利用料金を滞納したことがある場合は一度自分の信用情報の確認を行うことをおすすめします。

→自分の信用情報を確認する方法はこちら

  • 他社で返済を延滞したり、携帯電話の端末代金の延滞の過去があると情報共有されて新規審査に不利に働きます
  • ただし、信用情報は5年~10年で削除されるので一生涯残る情報ではありません

他社借入件数が2件以上の方はみずほ銀行カードローンにまとめるのもおすすめ

複数の金融機関からキャッシングをしている場合、以下のような多くの情報を常に把握している必要が出てきます。

複数の金融機関からキャッシングをしている時に気を付けるポイント

  • 各金融機関ごとの返済日
  • 各金融機関への返済金額
  • 各金融機関ごとの借入残高
  • あと何か月間、いくらの金額を返済すればよいのか

これらを完全に把握しているのは、相当な負担です。

しかし必ず把握しておく必要がある情報です。

自分の置かれている状況を把握できていないままだと、金融事故を引きおこす可能性が非常に高いです。

それに合理的な完済ができる可能性は低いです。

そんな時には、複数の借入を一本化することで返済負担を軽減できると考えられるわけですが、借入の一本化に最適と考えられるのがみずほ銀行のカードローンです。

みずほ銀行カードローンは他社借入がある場合でも条件をクリアしていれば問題なく契約ができます。

みずほ銀行カードローンを利用して借りたお金はもちろん他社借入の借り換えに利用することも認められているので安心して申込みができます。

加えてみずほ銀行カードローンは銀行系のカードローンなので総量規制の対象外となっているため年収の3分の1を超える借り入れにも対応が可能という特徴があります。

総量規制とは?

カードローンを利用する場合に気をつけたいのが、総量規制です。

総量規制とはカードローンやキャッシング利用者の多重債務を防ぐために設けられた借り入れのルールであり、具体的には年収の3分の1を超える借り入れができないという内容になっています。

他社からの借入額の総額と新規の契約するキャッシングサービスの利用限度額の合計額が年収の3分の1を超える場合には確実に審査を通過できない点を覚えておく必要があります。

総量規制は法律で定められているルールなので金融機関がそのルールを曲げることはできません。

他社借入の合計額が年収の3分の1を超えてしまっている場合でもみずほ銀行カードローンなら複数借入の一本化が可能なのでおまとめローンとして利用するのには最適なサービスの一つだと言っても過言ではないのです。

また利用限度額が高い上に適用される上限金利が低い点もみずほ銀行カードローンの大きなメリットです。

アコムなどのカードローンの上限金利は年18.0%とされているケースが多いのに対して、みずほ銀行カードローンの上限金利は14.0%(2018年8月初頭時点)と4.0%も低くなっています。

もしも現在年18.0%という金利条件でキャッシングをしている場合、みずほ銀行カードローンへ借入をまとめることで高確率で金利負担を減らせると考えられます。

利用限度額も最高で800万円までと高額融資に対応しているので、高額のおまとめにも対応可能なのです。

みずほ銀行カードローンの申込みはインターネットから24時間行うことができます。

既にみずほ銀行の普通預金口座を保有している場合にはキャッシュカードにカードローン機能を付帯できるので少ない手間で契約できるのも大きな強みと考えられます。

  • 複数のカードローンから借入をしている場合は金融事故を起こしやすい
  • みずほ銀行カードローンで複数の借入を一本化するのも対策です
  • みずほ銀行カードローンは総量規制の対象外です
  • 借入を一本化することで負担を減らせます

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 他社借入が審査に有利になるケースもある
  • 他社の返済実績が返済能力を証明する傾向がある
  • 他社カードローンへの返済を延滞したり、携帯電話の端末代金の支払い延滞などをしていると審査に不利になる可能性が高い
  • ただし、これらの情報は5年~10年で削除される
  • 自分で信用情報を確認することができる
  • 複数の借入があると返済を管理するのは非常に負担になる
  • みずほ銀行カードローンは複数の借入を一本化するのに最適なカードローンと言えます

カードローンの利用は以上のような情報を知っているか否かで返済額や信用情報の内容に非常に差が開きます。

カードローンは賢くスマートにルール厳守で利用していく必要があります。

借入と返済を極力シンプルにし、うっかりミスを回避していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。