中国銀行カードローン「コレカ」返済延滞は1日でも将来に悪影響

中国銀行カードローン「コレカ」の返済延滞をすると大きく2つの悪影響があります。

まず1つ目は、遅延損害金の支払い義務です。

中国銀行カードローン「コレカ」だけでなく、日本全国の銀行カードローンでは予定されている返済日を1日でも過ぎると、遅延損害金が発生します。

返済が遅れたことに対する罰金のようなもので、かなり高金利になります。

銀行や会社によって様々ですが、現在はおおよそ14%~20%のところが多いです。

中国銀行カードローン「コレカ」の遅延損害金の利率は18.0%と高めの設定です。

遅延損害金は1日ごとにかかってきますので、返済日より過ぎると毎日遅延損害金の合計金額は増えていきます。

そのため、1日でも早い返済が必要で、放置すれば気づいた頃には莫大な金額になるでしょう。

そして悪影響の2つ目は延滞した記録が5年間は信用情報に残るということです

信用情報というのは各会社が共有している消費者のデータベースになります。

延滞というのは、遅延損害金で支払う金額が増えることよりも、信用情報に残ってしまうことのほうが恐ろしく、後々の将来にも響いてくるのです。

どのように響いてくるのかということを、これから詳しく説明していきます。

中国銀行カードローン「コレカ」返済延滞は1日でも 将来に悪影響があるって本当?

  1. 遅延損害金の支払い義務
    • 年利18.0%と非常に高い
    • 返済が遅れれば遅れるほど金額が膨れ上がる
  2. 信用情報に残る
    • 5年間は残ると言われている
    • 日本全国の金融起案が共有している

信用情報に延滞した記録が付くと起こり得るデメリット

カード会社、銀行、カードローンなどの金融機関というのは繋がっていて情報を共有していますので、次に新しいカードを発行する際の審査にも影響します。

クレジットカードやカードローンだけでなく、ローンというもの全てに影響します。

身近なものでいうと、携帯電話本体の分割払いや車や住宅ローンです。

遅延記録があれば、それだけで審査に落ちることが多くあります。

現在所有しているすべてのカードの限度額が下がる場合もあります。

遅延したカードだけではなく、所有している他のカードも同様です。

条件やそれまでの状況にもよりますが、最悪の場合はカードの利用停止や次回更新不可になる可能性もあります。

遅延してすぐに記録に載ってしまう場合や、何日過ぎたら…などはそれぞれ会社判断によりますので、定まっておりません。

そうなってしまった場合、ローンが組めなくて全て一括払いにもなり兼ねませんので、後に苦しい思いをすることになります。

現在借金で苦しい生活をしている為これ以上カードは作る予定がなかったり住宅を買う予定がないという方は多いですが、最大5年間の記録が残ってしまいます。

高い確率で将来に悪影響が出ると言えます。

例えば、恋人に過去がばれてしまう・大きな買い物の契約が出来ない・子供に影響が出る等。

では、やむ負えず延滞してしまいそうな場合どのようにしたら良いのでしょうか。

返済ができないというピンチの対策を解説していきます。

信用情報に延滞した記録が付くと何が起こるの?

  • クレジットカードやカードローンだけでなく、ローンというもの全てに影響
    例として携帯電話本体の分割払いや車や住宅ローンが挙げられます
  • 現在所有しているすべてのカードの限度額が下がる場合もあります
  • 最悪の場合はカードの利用停止や次回更新不可になる場合もあります
  • 恋人に過去がばれてしまう・大きな買い物の契約が出来ない・子供に影響が出るなどが予想できます

→絶対に返済期日を守らないと大変な悪影響があります

返済ができないピンチを回避する4つの対策

返済ができない時にできる4つの対策をご紹介します。

1身の回りの私物を売る

「そんなに価値のある売れるものなんてない」と言う方は多いと思いますが、自分にとって必要がない物でも案外買ってくれる人はいるものです。

自宅に眠っている古本やDVD、ゲームソフトがまず売りやすいでしょう。

服や家電製品も売ることができます。

ご家庭にお子さんがいる場合は、不要になったベビー用品などは開封済みで余ったものでも買いたいと思っている方は多いものです。

女性の場合は余っている化粧品や使いかけのものでも売ることが出来ます。

ネットが出来る環境であれば、オークションやメルカリ等のサイトがお勧めです。

近所の古本屋・古着屋は来る人が限られている上に、買値に対して売値はかなり安く設定されています。

同じ本でもネット上のほうが高く売れる場合が多いです。

その代わり、梱包・検品・発送の手間もかかってしまいますが、売れれば小銭にはなります。

ネットでの売却は慣れてないとやり方がわからなくて面倒に思いますがカードローンの延滞をしないためにも頑張りましょう。

友人知人から一時的にお金を借りる

次に、あまりお勧めしたくはないですが、友人知人から一時的にお金を借りるという手段もあります。

その場合は借用書を用意して、契約としてやり取りを行うようにしましょう。

信用性があれば、次回また困ったときに助けになってもらえるかもしれません。

ただ、しっかりと人を見極めてからお願いする必要があります。

個人同士での貸し借りはリスクがあります。

借りているお金があることを弱みとして握る人も世の中にはいますので、こちらも信用できる人のみにお願いしましょう。

3新たに借入をする

「売れるものもなく、借りられる人もいない」そうした場合には中国銀行カードローン「コレカ」から新たに借り入れをして返済に充てる方法もあります。

他に契約しているカードローンでも一時的にそちらに借り入れして、返済に充てる方法もあります。

まだ返済日前なら、返済が厳しい状況にあることを中国銀行に正直に相談することも可能です。

あくまで相談なので必ずしも融通を効かせてもらえるわけではありませんが、今回は利子分だけの支払いで済む場合もあります。

その場合は延滞にはなりません。

ですが元金は全く減っていない状態なので返済が先伸ばしになり、金額によっては大きく損することもあります。

そこでお勧めしたいのが無利息期間のあるプロミスからの借り入れです。

4プロミスを一時的に利用する

プロミスは初めての利用ならば30日間無利息で借りることが出来ます。

プロミスの特徴の一つがスピーディーな契約で、ウェブ上からの申し込みは最短で申込み当日に借りることが出来る点もありがたいです。

後日の面倒な手続きや自宅に郵送物やカードが届くこともなく、ウェブ上で完結できるので簡単です。

「既に複数社から借り入れしていて審査に通るのか。」と不安になりますが、借金合計額が総量規制に引っかかっていなく、これまでちゃんと返済をしていれば問題なく借り入れできる場合がほとんどです。

上記で説明したように、きちんと返済をしていればこのように困った場合にも借りることが可能になるので、延滞しそうな場合はこういう手段を利用するなどして返済期日に間に合わせるようにしましょう。

新しく借入をするよりも、延滞のほうがもっと恐ろしいです。

プロミスの無利息期間は上手く利用すれば損するのではなく、お得にすることが出来ます。

細かく計算してみるとわかりやすいかと思いますが、遅延損害金が1日1日と増えていくよりも無利息期間を利用して、借り入れして延滞なく返済してしまったほうがお得で精神的にも楽です。

お金の心配は大きなストレスとなりますので、心配な問題は排除してしまったほうが良いです。

もちろん、一時的に利用した後はしっかりと返済しましょう。

実際に大きな買い物のローンも借入にはなりますが、苦しむことなく生活している方は多いです。

何も管理をせずにダラダラと借りては返しと繰り返し続けては、損する一方になります。

■プロミスカードローンをおすすめする理由

  • 30日間無利息サービスあり(申込時にメールアドレスとWeb明細登録必須)
  • 50万円以下なら収入証明書不要で手間が少ない
  • 3項目入力で3秒お借入診断可能
  • Web契約なら最短即日融資可能

※ お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

promise

まとめ

中国銀行カードローン「コレカ」の返済延滞は、金額の損だけでなく将来的にも大きなリスクに繋がります。

延滞をするならば、なんとかして最低限の利息分だけでもかき集めて返済したほうが良いです。

身の回りの物を売るなどしても、どうしても集まらない場合には他社の借り入れを利用しましょう。

そして延滞せずに最低限の金額を支払った後は、新たな借り入れも含めてしっかりと返済しましょう。

絶対に返済のための新たな借入は繰り返してはいけません。

今回を最後として、返済ペースをしっかり管理してお金に振り回されない生活を取り戻しましょう。