カードローンを利用することで、利用限度額内ならば一定のお金を借りることができるのでとても便利です。

しかしカードローンには契約期限が定められているので、基本的に契約期限内に完済を目指さなくてはいけません。

また契約期間が終了してしまうとカードローンを利用することができなくなり、融資を受けられなくなります。

それぞれカードローンに定められている契約期間が異なっているので、契約期間や契約更新の説明をしていきます。

カードローンの契約期限とは?

カードローンの契約期限は、銀行やカードローン会社で異なっていて銀行の場合は1年など短めに設定されていることがほとんどです。

一般的にカードローンは、長めに定められていて5年ごとに契約期限が定められているケースが多いです。

あくまで目安になっており、それぞれ銀行やカードローン会社で細かく異なっているのでよく確認しなくてはいけません。

カードローンに契約期限が定められている理由は、定期的に信用情報をチェックするという意味で期限が設けられています。

カードローンを利用している方によっては、返済や滞納が著しく発生してしまい、信用情報にキズが付く恐れがあります。

信用情報にキズが発生している人物に対し、前と同じ状況で契約更新してしまうとカードローンを提供している銀行やカードローン会社はリスクが高まります。

少しでもリスクを減らし、お金を計画的に返済してもらえるようにカードローンに契約期限が設けられています。

特に問題が無い場合は、契約更新することができるので引き続きカードローンを利用することが可能です。

特別なことをする必要はありませんが極力遅延や滞納を発生させないように気を付けていき、悪い印象を与えないように注意しないといけません。

いきなりカードローンの契約期限が迫っているからといって、全額返済を求められるということは無いです。

あくまで更新の意思や信用情報の再確認をするためにカードローンには、それぞれの契約期限が定められています。

  • カードローンには契約期間があります
  • 契約期限は定期的に利用者の信用情報をチェックする意味合いがあります
  • 返済遅延や滞納などの問題がなければ契約更新できます

契約更新できないケースとは?

基本的にカードローンは自動更新が行われていくので、余程の事態が発生しない限り契約更新できます。

カードローンを利用している方によっては、いつの間にか契約更新されていて何時もと同じように使えるようになっています。

しかし少なからず契約更新できないケースもあるので、カードローンの契約更新を希望している方は注意です。

契約更新ができないケースとは、遅延や滞納を毎回発生させていて著しく信頼を失っている時などです。

カードローンは信頼関係で成り立っており、著しく信頼を失ってしまうと銀行やカードローン会社は融資したくない考えが強くなります。

そこでカードローンの契約更新を行えないようにしていき、あくまで返済させるように環境を整えていきます。

一度失ってしまった信頼は、残念ながら取り戻す事はできないために同じカードローンで融資を受けたい時は完済後に再び申込するしかないです。

ただし信頼を失っているので、高確率で再審査に落とされてしまいます。

もう一つ契約更新が難しい状況なのが個人の信用情報に著しくキズが付いているという状況時です。

利用しているカードローンに対しては問題なくても他のローンやクレジットカードで金融事故を起こした場合は、個人の信用情報にキズが発生します。

特に深刻な信用情報のキズは、契約更新が難しくなるのでこれも一つの要因です。

一度キズついた信用情報は、一定期間経過しないと元の状態には回復しません。

遅延や滞納などの金融事故の場合、約5年ほど信用情報に記録が残っているのでカードローンの契約更新時に悪い影響を与えやすくなります。

  • 通常は契約更新はいつの間にか完了しています
  • 著しく社会的信頼を失っている場合は契約更新ができません
  • 一度失った信頼を取り戻すのは非常に難しいです
  • 契約更新ができず、再審査の申し込みをした場合高確率で審査落ちします

契約期限に完済できないとどうなるの?

契約期限内に完済することができなかった場合は、いきなり全額返済を求められるということはほぼありません。

新たな契約期限内に返済できるように自動更新されていくので、無理なく返済することができます。

そして新しい契約期限内に完済を目指せばいいので、カードローンが安心して利用できるポイントです。

契約期限内に完済することができなかった時、強制的に全額返済を求める規則を作ってしまうと高額融資の方は大変です。

契約期間が短期間に設定されているカードローンの場合、返済に大きな負担が発生してしまって日常生活に悪い影響を及ぼす恐れがあります。

あくまで計画的に返済できるようにカードローンを提供している銀行やカードローン会社が契約期間を定めているので、全額返済をいきなりする必要はありません。

どうしても全額返済しなくてはいけない時は、契約違反をした時になります。

一定期間全く返済をしないで、遅延や滞納を繰り返し発生した場合はこのように全額返済を求められます。

このような状況が発生しないように、定められている返済日に合わせて地道にお金を返していくことが大切です。

その他にもカードローンの申込もしくは契約更新時に虚偽が発覚した時、全額返済を求められる可能性があります。

何としてもカードローンを利用したいからといって、意図的に虚偽の申込をした時は詐欺にも当てはまります。

全額返済だけではなく、これまで利用していたカードローンの銀行やカードローン会社から訴えられる可能性も出てきます。

このようにカードローンの健全な利用をしている方は、契約期限内に完済できなくてもこれまでと同じように返済することができます。

  • 契約期限が切れたから急に全額返済を求められることはほぼありません
  • ただ、契約違反をした時は全額返済を求められます
  • 地道に返済期限を厳守して返済することが重要です

年齢制限に達する場合は契約更新できるの?

カードローンによって年齢制限が定められていて、年齢制限以上の方はカードローンの申込をしても審査を通過することができません。

残念ながら契約更新時に年齢が制限に達する場合は、契約更新することができないのでカードローンから融資を受けることができなくなります。

ただし返済は以前と変わらずに行うことができるので、これまで以上に計画的な返済が求められてきます。

年齢制限以上になったからといって、いきなり全額返済を請求してしまうと債務整理を実施される可能性があります。

カードローンを提供している銀行やカードローン会社にとって、安定した利益を確保することが難しくなるので都合が悪いです。

年齢制限に達しても無理なく返済できるように環境を整えていき、生活に悪い影響を与えないように銀行や消費者金融は細心の注意を払っています。

年齢制限に達した方でお金に余裕がある時は、定期返済だけではなく臨時返済も可能です。

カードローンは長い期間融資を受けてしまうと相応の利息が発生するので、たくさんのお金を返済しなくてはいけません。

しかし臨時返済を活用していけば、少しでも短期間で完済できるようになるので完済までのお金を減らせます。

短期間でカードローンの完済をする効果的な方法なので、お金に余裕がある時は臨時返済を検討するのも選択肢の一つです。

年齢制限によって、契約更新ができなくなる時はハガキやメールなどの方法で伝えてくれるのが一般的です。

これによってカードローンを利用しており、年齢制限に達した方は契約更新できないことを把握できます。

その他にもカードローンを提供している銀行やカードローン会社は、問い合わせ窓口を設置しているのでそちらに質問しても丁寧に教えてもらえます。

年齢制限に達した時の契約更新で更新することができなくても全額返済が求められるわけではありませんので、慌てる心配はありません。

  • 契約更新時に年齢制限に達する場合は更新ができません
  • 返済は引き続き行うことができます
  • 退職のタイミングで臨時返済を行うのも利息の節約に有効です
  • 年齢制限による契約更新ができないことははがきやメールでお知らせが来ます

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • カードローンは契約期限が定められています
  • 契約期限は定期的に利用者の信用情報をチェックする意図があります
  • 返済遅延や滞納など著しい問題がなければ更新できます
  • 一度失った信頼を取り戻し、再契約するのは難しいです
  • 契約期限が切れたからと言って全額返済を求められることはめったにありません
  • 契約更新時に年齢制限に達する場合は更新ができません

どの金融機関でも返済期限を守り、社会的信用がある方にとっては契約期限の更新は意識する必要がないことが分かりました。

契約期限がいつだとしても、ルールを厳守して計画的にカードローンの利用をする必要があります。

自分の将来の為にも、返済が苦しいときも乗り切りましょう。

どうしても返済が厳しい場合はカードローン会社に相談をして解決策を教えてもらいましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。