カードローンは、申し込みをした時に限度額が決まります。

基本的にその金額内で借り入れることができますが、場合によっては限度額が減額されるケースもあるのです。

では限度額が決められる仕組みと減額について、減額される原因、元の限度額に戻す方法を紹介していきます。

また、他社に申し込みするのは可能なのかどうかも書いていくので、借り入れの参考にしてください。

カードローンで減額される場合もある

カードローンで借入をする場合、必ず「限度額」というものがあります。

限度額とは「借り入れることができる最大金額」のことなので、減額とも大きく関係していますから、まずは限度額のことを知っておきましょう。

限度額はその人の収入や仕事の安定性、勤務年数などに左右されます。

借り入れることができるのは年収の3分の1という決まりがありますが、そういた人の背景などから最終的な金額が決まることになります。

カードローンの申請には年収などを元にして審査が行われますが、審査が通ると金額が決まり、お金を借りることができるのです。

ですが、実は審査はそこで完全に終わるわけではありません

審査が通ってからも定期的に行われているので、そこでひっかかってしまうと減額されることがあるのです。

借り入れは信用があってこそできるものですが、いくら最初の審査をクリアしてもその後に状況が変わることもあります。

金融機関は「信用情報の開示」を行っているので、現在の状況を定期的にチェックして限度額の調整を行うことがあります。

このときのチェックは「途上与信」と呼ばれるもので、簡単にいうと「信用性が変わっていないかどうかをチェックするもの」と考えると分かりやすいです。

そのときにチェックにひっかかってしまうと、限度額が減ることになります。

  • 限度額は収入や仕事の安定性、勤務年数によって決められます
  • 審査に通った後も定期的に状況はチェックされています
  • その度に限度額の調整が行われています
  • その際に限度額が減るケースがあります

減額されるのはこんな場合

借り入れの限度額が減額される理由は、「返済ができないかもしれない」と判断されたからです。

ではもっと具体的な理由を3つにわけて説明していきます。

限度額を減額される3つの理由

  1. 他社からの借入が大きくなっているから
  2. 返済の遅れなどがあるから
  3. 借入限度額の増枠や増額申請をしたから

それぞれを解説していきます。

1.他社からの借入が大きくなっているから

まず1つ目は、「他社からの借入が大きくなっているから」です。

金融機関は借入などの情報を共有することができます。

単純に他社からの借入額が多くなるということはそのぶん返済額も大きくなるため、返済の目途が立ちにくいと考えられるのです。

自社にもしっかり返済してもらう必要があるため、借入額を減らす必要があると判断されてしまったということです。

2.返済の遅れなどがあるから

減額されてしまう2つ目の理由は「返済の遅れなどがあるから」です。

カードローンは返済することが前提なので、信用があってこそ利用できるものです。

この場合での信用とは、年収や職業だけのことではありません。

「約束した日時までにしっかり返済をする」ということも大事なので、返済の遅れや滞納があると信用がなくなってきます。

すると限度額が見直され、減額されることになるのです。

もちろん遅れや滞納などは1度も無い方が良いです。

1回だけ滞納したから即減額というわけでもありませんが、常習だと減額されることは当たり前だと考えておくといいです。

3.借入限度額の増枠や増額申請をしたから

3つ目によくある理由は「借入限度額の増枠や増額申請をしたから」です。

増額申請などをすると減額されるということではありませんが、増額をするということは借入の金額が更に増える可能性が高くなります。

すると借入額が大きくなりますし、この先も今までと同じように返済があるか分からない状況だともいえます。

しかも増額申請を行うと、再度審査を受けることになります。

そのときに前回とは勤務状況や年収が変わっていることもあるので、減額されるということがあるのです。

例えば初めての審査のときは年収が700万円で勤務年数が20年だったとします。

しかし転職して年収500万円、勤務年数が2年といった状況になっていると増額どころか減額されることは目に見えています。

もちろん上記の3つのうち、1つでも該当すれば減額されるということでもありません。

その人物の年収や信用性なども含めて総合的に判断されるため、減額されるかどうかは人によるのです。

ですが遅れや対応などは、自分で気をつけることもできます。

減額されると借入ができる金額が少なくなってしまうため、期日は忘れないようにすることが大事です。

  • 限度額を減額される3つの理由
    1. 他社からの借り入れが大きくなっているから
    2. 返済の遅れがあるから
    3. 借入限度額の増額申請をしたから
  • 年収や信用性など総合的に限度額は判断されるので自身では仕方ない場合もありますが、返済期日の厳守などは必ず気を付けましょう

元々の限度額に戻す方法

借入限度額を減額されたあとに、元の限度額に戻すことは難しいです。

そのためには通常の増額申請を行い、審査に通る必要がるためハードルが高くなっているのです。

この増額申請は初めての審査のときよりも厳しくなっていますから、減額された後だと余計に難しいです。

増額申請そのものは行うことはできますが、理由があって減額されているため、基本的には現在の状況が変わらなければ厳しいと考えておいてください。

それでも元に戻したいのであれば各ローン会社に増額を申請し、審査の結果を待つようにします。

増額申請を行って審査に通らなかった場合は状況を変える、または一定期間経過してから再度申請するという方法もあります。

滞納などの記録は2年間は残っているので、その間はしっかり返済を行い、滞納などをしないように気をつけましょう。

そのためできることとしては、最低でも半年は遅れや滞納はせずしっかり返済していくこと、勤続年数を増やすことを意識しておきましょう。

勤続年数はいきなり長くなるものではありませんが、また転職をするとより増額をしにくくなります。

個人事業の場合でも年数を増やすことで審査が通りやすくなりますから、実績を積んでから審査をすると通る可能性が高くなります。

  • 減額をされると元の限度額に戻すのは難しい
  • 増額申請は契約時の審査よりハードルが高い
  • 滞納などのネガティブな記録は2年は残っているのでどの間は特に増額審査は難しい
  • 増額を実現するために必要なこと
    • 滞納などはせずにルールを厳守する
    • 勤続年数を増やす
    • 個人事業主は実績を積む

他社に申し込みをするのはOK?

結論からいうと、特定のローン会社から減額されても他社への申し込みはできます

ただし、借入金額が少なくなる、審査が通らないこともあることを理解しておきましょう。

借り入れることができるのは、年収の3分の1までの金額となっています。

その金額を越えてしまうと他社でも借り入れることはできないので、まずはその点に注意をします。

そして他社に申し込みをする場合、できるだけ少額での申し込みにしておいた方が無難です。

初めて利用するローン会社の場合、初回の利用額は年収の1割程度に設定されていることが多いですし、できるだけ少額の利用にしておいた方が審査が通りやすいです。

減額されるということは滞納や転職、収入が減ったという理由があるので、思っている金額を借りることは難しいです。

まずは少額から借りるようにし、その後ローン会社からの信用を得てから元々の希望額に増額するといった手順を踏んだ方が良いです。

最初の審査に通らなければ1万円すら借りることができないので、まずは審査に通ることを考えていきましょう。

しっかり返済して信用を積んでいくことが増額への近道となります。

  • あるカードローンの限度額が減額されても他社の申し込みは可能です
  • ただし、限度額は少額・審査に通らない可能性があります
  • 他社に申し込みをする場合、できるだけ少額で申し込みをしましょう

カードローンの減額をされないように行動しよう

カードローンの減額通知が来た場合、従う他にできることはありません。

支払いの遅れや延滞、年収などから決められたことなので覆すことは難しいです。

もちろんその後に増額申請を行うこともできますが、減額された直後だとほぼ無理だと考えておいた方が良いです。

最低でも半年ほど期間をあけ、その間はしっかり期日を守って返済していきましょう。

借入限度額は社会的な信用から金額が決まってきます。

信用を失うような行動、転職や増額申請をすると減額されてしまうこともあるので、増額申請するタイミングにも気をつけましょう。

減額されても他社に申し込みをすることはできますが、審査に通らなければ借入ることはできません。

元の限度額に戻すには時間もかかるため、額されないように返済をするということに気をつけておきましょう。

  • カードローンの減額通知が来た場合、従うほかにできることはありません
  • 減額された直後に増額することはほぼ無理です
  • 最低でも半年以上の期間を空けて増額申請をしましょう
  • 社会的信用を取り戻しましょう
  • 増額申請にはタイミングが重要です
  • 減額されないように返済期日を厳守してカードローンを利用しましょう

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 限度額は収入や職種、勤続年数など社会的信用によって決められます
  • 審査に通って利用を開始した後も定期的に状況はチェックされています
  • その度に限度額を調整されています
  • その際に限度額が減るケースがあります
  • 限度額を減額される3つの理由
    1. 他社からの借り入れが大きくなっているから
    2. 返済の遅れがあるから
    3. 増額申請で決定されたから
  • 減額されると元の限度額に戻すのは難しい
  • 増額審査は契約時の審査より厳しい
  • 増額審査に通るためには
    • 滞納などはせずに返済する
    • 勤続年数を増やす
    • 個人事業主は実績を積む
  • 限度額を減らされている状況でも他社の申し込みは可能
  • だが、限度額は少額だったり・審査に通らない可能性がある
  • 減額は拒否できない
  • 最低でも半年以上経過してから増額申請をしましょう

限度額を減らされるのは良いことではありません。

多くの方はショックを受けます。

しかし、もう決定されてしまったことを悔やんでも仕方ありませんので今後さらに減額や解約をされないように、利用方法に気を付け、社会的信用を積み上げていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。