• ガス料金が払えない
  • ガス料金は滞納できるの?
  • それくらい滞納するとガスを止められるの?
  • 延滞料金はいくら?
  • ガスを止められると生活に支障があるの?

急な出費があり、ガス料金の支払いが厳しいのは誰にでも起こりうることです。

特に冬場はガス料金が高く、金銭的に厳しいですね。

当記事では、ガス料金は滞納できるのか、分割で支払いはできるのか、延滞料金はいくらなのか、どれくらい滞納するとガスを止められてしまうのか、誰にも知られずにガス料金を工面する方法などを解説していきます。

ガス料金は滞納できるの?

結論から言いますと、ガス料金は滞納できます

ガス料金の支払いが遅れるとすぐにガスが止められるというわけではなく、一定期間の猶予はあります。

それらはガス会社によって異なり、一定期間を超えて支払いが遅れた場合は滞納ということになります。滞納が長期化するとガスの供給が停止されるばかりか裁判とななったり差し押さえとなり深刻な事態に陥ってしまいます。

ガス料金を滞納してしまいそうな時は、停止となる前にガス会社に連絡の上相談すれば、支払いや停止を少し待ってもらえる場合もあります。

こちらも対応はガス会社によって異なるので、滞納が長引きガスが停止になってしまいそうな時には事前に連絡しておきましょう。しかしながら、こちらはプロパンガス会社に限ったことであり、会社によっても対応はまちまちです。

過去にそういう事例があったとしても自分のケースでは相談に応じてもらえない場合があるので注意が必要です。

都市ガスの場合は、まず最終支払い期限を過ぎてさらに停止を待ってもらうことはまず不可能です。供給停止予告が来たらもう猶予は一切ないと考え、速やかに滞納している全額のガス料金を支払う必要があります。

延滞料金はいくら?

ガス料金の支払いが遅れた場合、そのガス会社が定めた基準によって延滞料金がかかることになっています。

ガス料金の延滞料金は支払い期日を過ぎた日数に応じて1日当たり0,0274%の利息がかかります。

支払い期日は、ガスの使用量の検針日から30日後となっています。検針量のお知らせを貰ったら、早めにガス料金の用意をしておき、支払い期日にできるだけ遅れるようにしないことが大切です。

ガス料金の滞納が原因でガス供給停止となった場合、この延滞料金を含めた滞納している金額を全額支払うことが必要です。全額支払いが確認できないとガスを再開することはできません。

冬場などはガス料金が多くかかり、その分延滞利息も多くかかってしまうので特に注意が必要です。

では、例として東京ガスの延滞料金の算出方法をご紹介します。

例:東京ガスの料金が5000円でした。20日間滞納したとします。この場合の延滞料金は以下の通りです。

5,000円×0.0274%×20日=約27円

なおこの延滞利息は、支払い期日より10日以内に支払いを済ませることができれば発生しません。

公営の都市ガスの場合は、延滞利息の設定のされ方が少々異なります。納入通知書が発行された日の翌日から20日を過ぎて遅延してしまうと、3%の割増料金となりこちらの割増分は来月のガス料金と合わせての請求となります。

延滞料金はそこまで高額ではありませんね。延滞料金の支払いより、ガスを止められたり、裁判や差し押さえが怖いですね。

ここからは、どれくらいの期間ガスを滞納すると止められてしまうのかを解説していきます。

どれくらい滞納するとガスを止められる?

ガス料金の支払い期日を過ぎても支払いができず、滞納してしまった場合、一体何日ほどでガスの供給が止められてしまうのでしょうか。

料金滞納後、どれくらいの期間経過すればガスが止められるのかということは、ガス会社によって対応が異なります

ガス会社には都市ガスとプロパンガスがあり、一般的にはプロパンガス会社の方が猶予期間が短く設定されています。

都市ガスに関しては、民営の場合と公営の場合で異なります。民営の都市ガスなら検針日の翌日から50日を過ぎるとガスの供給を停止している場合が多いです。

業者によっては支払い期日を過ぎて数日で止められることもあればすぐに供給停止となってしまう場合もあります。うっかり支払いを忘れて困ったことにならないよう支払い期日と供給停止期間の確認は必ず行っておく必要があります。

ガスが止められるまでの流れも会社によって大きく異なります。一般的には停止予定日の数日前に最終支払い期限が書かれた書面が郵送される場合が多いです。こちらの最終期限日までに未払料金を全額支払うことができれば、ガスの停止を避けることができます。

ガスを一旦止められてしまうと、会社によっては再開までに時間がかかることもあるので注意しなくてはいけません。

ガス料金の支払いができそうにないという場合には、早めに相談してみるのもひとつの手です。

認められるかどうかは分かりませんが、場合によっては分割払いなどが許されます。

ガスを止められるとどうなる?

もし最終支払い期日にガス料金を支払うことができず供給停止になってしまうとどうなるのでしょうか。

ガスの供給が停止されると、まずお湯を使うことができません。そうなればお風呂に入ることができなくなってしまいとても不便です。お風呂だけでなく温かい飲み物を作るためのお湯を沸かすこともできなくなりホットコーヒーや紅茶なども楽しめなくなってしまいます。

特に冬場などは手や顔を洗ったりする時もお湯を使用する場合が多いので、生活がままならなくなります。

また、ガスコンロなどももちろん使うことができなくなるので料理をすることもできなくなってしまいます。

最近ではガスと電気を併用してる家庭も増えており、そのような状態でガスの供給が停止されると電気の使用も大幅に制限されてしまいます。

ガスと電気を併用されている方は、支払い期日や延滞への対応、そして停止日などの確認をより慎重に行っていう必要があると言えるでしょう。

ガス料金の滞納により、ガスの供給を止められてしまうと生活全体に支障をきたす上に、滞納が長引くと債権回収会社などから支払いの督促を受けるようになってしまいます。

それでも支払いができず滞納が続けば、最終的には裁判となり差し押さえが始まるなどの大変な事態を招いてしまうことになりかねないので注意が必要です。

滞納しているガス料金を全額支払うことができれば、ガスの供給は再開されます。こちらもガス会社によって再開の手順やスピードなど異なります。

プロパンガスの場合は請求書や払込用紙で支払いを済ませると自動的に供給が開始されることがあります。

また会社によっては直接電話連絡をしないと供給が再開されない場合があるので事前にしっかりと確認しておきましょう。

都市ガスの場合は大抵会社への再開連絡が必要になります。連絡をしたのち、入金の確認が取れれば順次再開となります。

営業日などの関係で、実際に供給が再開されるまで数日の時間を要することがあるので、早く復旧させたい場合は会社の営業時間も考慮に入れて余裕を持って支払いや連絡を済ませるようにしてください。

繰り返しになりますが、滞納しているガス料金を全額支払うことができなければ、ガスの再開はされません。

特別な場合を除き、一部支払いや減額に関する対応は行っていないので、ガス再開のためには一括支払いができるようお金を用意しておきましょう。

すぐに支払えない場合にできること

ガス料金を滞納しそうな時、滞納してしまった時はガスを止められる前に友人や親にお金を借りるのも手です。

ガスを止められると生活に支障が出て、落ちるところまで落ちる可能性があります。それは簡単に想像できると思います。

人生は転がり始めると再起は大変です。

しかし、親や友人にお金を借りたことで人間関係が崩壊する場合は少なくありません。

しかもお金を借りていることを他の人に知られてしまう可能性もあります。

友人や親にお金を借りるのは避けたいという方のために、誰にも迷惑をかけずに、誰にも知られずにお金を工面する方法をご紹介します。

ガス料金を工面する方法

誰にも迷惑をかけずにお金を工面するなら以下の2つの方法があります。

ガス料金を工面する2つの方法

  1. 自分の物を売る
  2. 副業する

それぞれ解説していきます。

1.自分の物を売る

ヤフオクやメルカリなどで、自分のコレクションや本、CD、洋服などを売りましょう。

1ヶ月のガス料金ならこの方法で工面できる可能性があります。

ただし、慣れていない方にとっては登録や取引相手とのやり取りや発送などが少し面倒です。

それに全く売れずにお金が入って来ない可能性もあります。

2.副業する

副業は絶対に業務規則に違反しないように行いましょう。

副業がバレて職場に居づらくなる、最悪の場合居られなくなる可能性もあります。

必ず業務規程を確認しましょう。

誰にもバレずに解決するならカードローンがおすすめ

親や友人に迷惑をかけず、誰にもバレずにお金を借りたいならカードローンがおすすめです。

大手カードローンを上手に利用できれば利息を支払わずにお金を借りることができます。

例えばプロミスの場合、30日間無利息でお金を借りることができます。(申込時にメアドの登録とWEB明細の利用をすることが条件です)

テレビCMでお馴染みのプロミスなら有名です。多くの初心者が最初に利用するカードローンと言えばプロミスです。

一時的にプロミスを利用してガス料金の支払いを済ませ、30日の期間内に返済を済ませれば利息を支払わずに借りた分だけの返済で済みます。

30日間で返済ができなくても、自分が無理なく返済できるペースで返済を行えば問題ありません。ガス料金を支払えなくて差し押さえや裁判を恐れて過ごすより、一時的にカードローンを利用して今の生活を守る方が得策ではありませんか?

よく考えて判断してください。

■プロミスカードローンをおすすめする理由

  • 30日間無利息サービスあり(申込時にメールアドレスとWeb明細登録必須)
  • 50万円以下なら収入証明書不要で手間が少ない
  • 3項目入力で3秒お借入診断可能
  • Web契約なら最短即日融資可能

※ お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • ガス料金は滞納ができる
  • ガスを長期で滞納するとガスを止められたり裁判や差し押さえされる場合がある
  • ガス料金を滞納すると延滞料金を支払う義務がある
  • ガスを止められるまでの日数は業者によって異なる
  • ガスを止められると今の生活を維持できなくなる
  • ガス料金の支払いが難しい場合は以下の方法でガス料金を工面できます
    • 自分の物を売る
    • 副業をする
  • 大手カードローンの無利息サービスを利用するのも手段の1つです

いかがでしたか?高額ではありませんが、ガス料金は必ず支払わなければ大変な事態になります。

差し押さえ裁判など絶対に避けたいですね。

今の生活を守るためにも、何とかしてお金を工面しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。