「アコムの利用はしたいけど、家族にバレたくない。」

「明細書が自宅に郵送されると困る。」

そんな方は非常に多いです。

家族と言えどもプライバシーは守りたいですよね。

当記事では、アコムの明細書が郵送されることを防ぐ方法を分かりやすく解説していきます。

アコム公式サイト

アコムの明細書を郵送以外にする方法

アコムを利用する度に明細書が届くとなると、そのたびに家族にバレない様にドギマギしなければなりません。

そんなの想像するだけで嫌ですね。

でも、安心してください。アコムでは一度登録すればアコムから郵送物が来ない様に設定ができます。

☆参考:アコムから届く郵便物で家族にバレるのを防ぐ方法

明細書の受取りサービス

アコムの会員ページで「明細書等の受取りサービス」が設定できます。

この設定を行うと、明細書をインターネット上で確認することができ、アコムから郵送が来ることはありません。

この設定を行うと、明細書をはじめとする以下の書類をインターネット上で確認できるようになります。

書類名 内容
貸付明細書 カードローンの借入取引内容

(取引日、取引金額など)

入金明細書 カードローンの返済やクレジットカード※1の支払いの取引内容

(取引日、取引金額など)

カード利用明細書 クレジットカード※1の利用内容や口座振替※2の内容。

※1:クレジットカード機能付きのアコムカードの場合

※2:あらかじめアコムに登録した銀行口座から自動引き落としで返済することです

➡アコムの口座振替詳細はこちら

設定方法

  • はじめてアコムを利用する方
    審査が終了した時にアコムから「契約手続きのお願い」というメールが来ます。このメールから登録が可能です。
  • 契約済みの方
    「会員ログイン」をして、メニュー内の「交付書面の受取方法登録・変更」から手続きができます。

例外

ただし、この設定で郵送物が来ないのは正しい利用をしている方のみです。

返済期日を守らず、アコムからの電話連絡にも応じない場合は郵送物は届きます。

ルールを守ってアコムを利用していれば、自宅に郵送物が来ることはありません。

アコムの利用が家族にバレない対策

ここまでで説明した「明細書等の受取りサービス」を設定しておけば、自宅に郵送物が来ることはありません。

電話連絡も自宅にされることはありません。(電話の場合も、郵送物と同じく返済期日を守らずにアコムからの電話にも応じない場合は自宅に連絡が来る可能性はあります。)

では、家族バレを防ぐためにはどのような何に気を付けて、どのような対策をすればいいのでしょうか?

ずばり、以下の2つがポイントです。

家族バレ2つの原因

  1. アコムカードを見られる
  2. アコムの自動契約機(むじんくん)や窓口を利用している姿を見られる

それぞれについて説明していきます。

1.アコムカードを見られる

アコムカードは必ず作らなければいけません。これは仕方ありません。

しかし、借入方法を「銀行振込」にすればアコムカードを持ち歩く必要はありません。

アコムカードは絶対にバレない場所に隠しておき、利用の際は「銀行振込」

これで持ち物で家族バレすることを防げます。

2.アコムの自動契約機(むじんくん)や窓口を利用している姿を見られる

これは「銀行振込」や「提携ATM」を利用すればいいだけです。

銀行振込の場合はバレるわけがありませんし、提携ATMはアコムの利用かどうか判断はできません。

まとめ

これまでの内容をまとめます。

  • アコムの会員ページで「明細書等の受取りサービス」を設定することで、明細書は郵送されず、インターネット上で確認できるようになります。
  • さらにアコムの利用が家族にバレないようにするには以下がポイントになります
    • アコムカードを見られる
      アコムカードは絶対にバレない場所に隠しておき、利用の際は「銀行振込」する
    • アコムの自動契約機(むじんくん)や窓口を利用している姿を見られる
      アコムの利用方法を「銀行振込」や「提携ATM」にする

アコム公式サイト