• 電気料金の支払いができない
  • お金が入るまでの少しの期間を乗り切りたい
  • 電気代を滞納すると延滞料金はいくらかかるの?

当記事では電気代滞納時の延滞料金の計算方法、どれくらい滞納したら電気を止められるのか、電気料金を支払う方法などを解説していきます。

お金の出入りのサイクルが乱れてどうにも首が回らないという状況に陥ることは誰にでもあり得ます。

しかし、甘く見ていると一気に生活は堕ちていきます。

元の生活を取り戻すためにも、すぐに対処していきましょう。

電気は〇ヶ月滞納で止められる

電気は他の公共料金に比べて、停止されるまでの猶予が短いです。滞納すると、すぐに止められてしまいます。

では、電気は何か月滞納した場合に止められてしまうのでしょうか。

結論から言いますと、電気は滞納してから20日程で止められます。

しかし、支払期限が過ぎ、20日経つまでに何度か催促状などの通知が来ます。

この通知の指示に従わず、そのまま滞納した場合は、たった20日というスピードで電気を止められてしまいます。

電気が使えない生活は非常に不便で寂しいものですよ。

滞納してしまった時は、催促状などに付いている振込用紙などですぐにコンビニなどで支払いを済ませる必要があるわけです。

電気料金を滞納で延滞料金がかかる

支払期限が過ぎ、停止されるまでの約20日間の間に支払いをする場合、電機は止められませんが延滞料金が発生します。

この延滞料金が発生する期間は電力会社によって異なるので、詳しくは電力会社のサイトを確認してください。

延滞料金は年利10%が一般的です。

例えば、3,000円の電気料金を30日滞納した場合の延滞料金は以下のように計算できます。

3,000円×0.1(10%)÷365×30日=24円

延滞料金は24円です。決して高くはありませんが、請求されたら必ず支払う必要があります。

退職やリストラなどに対しては市役所で

退職やリストラなどが原因で電気料金を支払えない場合は、国からお金を借りることができます。

その名も生活福祉資金です。

生活福祉資金とは、生活費の捻出が困難な世帯や障害者世帯、高齢者世帯が国からお金を借りることができる背制度です。

例えば、生活を立て直すために独身で月最大15万円を最長12か月借りることができます。

しかし、原則生活福祉資金を借りるには連帯保証人が必要です。しかも返済の期日も設定されています。

退職やリストラなどが原因で、どうしても生活を続けることが困難であると判断した場合は最寄りの市役所に相談しましょう。

→生活福祉資金の各都道府県問合せ先はこちら

ただし、生活福祉資金を利用できるのは退職やリストラが原因で生活が困窮している方のみです。

退職やリストラ以外の理由で生活が困窮している方は以下の手段を試しましょう。

それ以外の理由で家賃を払えないなら…

退職やリストラなどが原因でない場合は、生活福祉資金を借りることができません。

その場合の電気料金を支払うための手段は以下の3つが挙げられます。

電気料金を支払う3つの方法

  1. 身の回りのものをオークションで売る

  2. 車を売却する

  3. カードローンを頼る

それぞれについて解説していきます。

1.身の回りのものをオークションで売る

電気料金は一人暮らしの方は3千~4千円が相場です。それくらいならメルカリやヤフオクを利用して身の回りの物を売れば稼げる可能性は十分にあります。

未使用の物や価値のあるものを探してみましょう。

自分にとって価値がないものでも、他人にとっては価値がある場合もありますので諦めずに探しましょう。

2.車を売却する

車を持っている方は思い切って売却するのも手です。

車を売れば、維持費も節約できます。

かんたん車査定ガイドならば、たった45秒であなたの愛車の売却額がわかります。

■かんたん車査定ガイドを使うメリット

  • たった45秒でかんたん入力
  • 入力後1秒で査定額がわかる!
  • 最大65万円もお得になった事例も
  • 最大10社に一括見積もり依頼可能

かんたん車査定ガイド公式ページへ

3.カードローンを頼る

身の回りに売れるものがない、車もない。

そんな場合に頼れるのがカードローンです。おすすめは大手カードローンで無利息期間を利用し、一時的にカードローンでお金を借りる方法です。

電気を止められると冷蔵庫、電子レンジ、スマホの充電などすべて出来なくなり、節約や再起まで絶たれてしまいます。

一般的に、一度電気を止められるまでに生活レベルが落ちると、元の生活に戻せないまま堕ちていくケースは珍しくありません。

しかし、カードローンを賢く利用してスピーディーに生活を立て直せば、ピンチを乗り切ることが可能です。

人によっては、カードローンは利用するのに勇気が必要かもしれません。しかし、大手カードローンならCMもしていますし近年では多くの方が利用しています。

このまま電気料金が支払えずに、堕ちていくことを考えれば大手カードローンを一時的に利用して再起するしか方法がないかもしれませんね。

当サイトでおすすめできるカードローンはプロミスです。

プロミスならCMでお馴染みですし、無利息サービスがあるので無駄に利息を支払うことなく一時的にお金を借りることが可能です。

(カードローンは通常借りたお金+利息(利子)を返済します。無利息サービスを利用すれば、この利息(利子)を支払わずに済むというわけです。)

プロミスなら50万円以下の借入に収入証明書類などは原則必要ありません。申込み時に本人確認書類を提示するだけです。

「今はたまたま電気料金が支払えないだけで、すぐにお金が入る」

そんな方は一時的にプロミスを利用し、すぐに元の生活に戻しましょう。

■プロミスカードローンをおすすめする理由

  • 30日間無利息サービスあり(申込時にメールアドレスとWeb明細登録必須)
  • 50万円以下なら収入証明書不要で手間が少ない
  • 3項目入力で3秒お借入診断可能
  • Web契約なら最短即日融資可能

※ お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

promise

まとめ

  • 電気は滞納して20日程度で止められてしまう
  • 電気料金を滞納すると延滞料金を支払う義務がある
  • 退職やリストラが原因で電気料金の支払いができない場合は「生活福祉資金」を借りることができるケースもある
  • 生活福祉資金を借りることができない、保証人を立てられないなどの事情がある方はカードローンでお金を借りて電気料金を支払うのがおすすめ
  • 電気を止められると、再起できないケースが珍しくない
  • そうならない為にも、カードローンを上手に利用してピンチを乗り切り、元の生活を取り戻す必要がある
  • プロミスなら無利息サービスがありますし、50万円以下なら収入証明書類が原則必要ない

電気を止められると元の生活に戻れなくなる可能性が高くなります。

日本は高齢化が進み、税金も高いので一度堕ちるとなかなか這い上がれません。

電気を止められるという事態に絶対に陥らないために、今できる手段はすべてあたっていきましょう。

まずは最寄りの市役所へ相談をしましょう。明らかに生活福祉資金を借りられない方はカードローンを利用してピンチを乗り切りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。