絶対に第三銀行カードローン【サン】の返済期日は厳守しましょう。

その理由と返済を延滞しないための対策を分かりやすくまとめました。

詳しくは本文にて解説しているので、より詳しく知りたい方はこの記事をしっかりと読んで対策してください。

第三銀行カードローン【サン】の返済延滞をするとどのようなデメリットが考えられますか?
延滞損害金の支払いという金利が高い罰金が発生します。さらにはあなたの信用情報に返済日が遅れた事実が記載されます。この信用情報は全国の金融機関から閲覧されるので、他のカードローンやクレジットカードの審査に通ることも難しくなります。
信用情報に傷が付くとどうなりますか?
他のカードローンやクレジットカードの利用が厳しくなる点と第三銀行カードローン【サン】の限額を減らされたり、最悪の事態は第三銀行カードローン【サン】の利用を停止されます。
返済日までにお金を工面するためにはどうすればいいですか?
当記事で4つの解決策を解説しています。どれもすぐに実行できるので有効です。

第三銀行カードローン【サン】が持つ特徴の一つに、「他のカードローンよりも金利が比較的低い」ということがあります。

一般的なカードローンの場合は金利が18%など、上限一杯の金利が設定されやすいのに対し、第三銀行カードローン【サン】の金利は6.8~14.5%に設定されています。

金利設定が低ければ利息が少なくなるので、当然返済は楽になります。

しかし、どれだけ返済の負担を軽減したとしても「返済延滞」をしてしまうと遅延損害金が発生し、結局は支払う金利は高くなってしまいます。

それだけではありません。返済遅延をしてしまうとあなたの信用情報にネガティブな記録が残り、今後の人生に悪影響を及ぼすことになります。

では早速、第三銀行カードローン【サン】で返済延滞を起こした場合の影響について説明していきます。

第三銀行カードローン【サン】の返済延滞は1日でも将来に悪影響!?

返済を延滞してしまうと、主に2つの影響が起こります。

  • 1つは「遅延損害金による支払いの増加」
  • もう1つは「信用情報に対するネガティブな評価」

です。

いずれもできる限り避けるべきものであり、特に信用情報に対する影響は以降数年にわたって大きな影響をもたらす可能性があるので注意が必要です。

遅延損害金とは?

遅延損害金とは、文字通り「返済を遅延・延滞した際に発生するお金」です。

お金を貸している側にとってみれば、約束の返済期日になっても返済がないというのは大きな問題です。

個人間の借金に置き換えてみると分かりやすいでしょう。

AさんがBさんに10万円を貸し、「1週間後に返済する」という約束をしたとします。

このとき、Aさんは「1週間だけならお金を貸しても良いだろう」と考えているわけですが、1週間たってもBさんから連絡がなければ「このままお金を返してもらえないのではないか」と不安を感じるでしょう。

当然、Bさんに対して電話などで連絡を取ろうと試みるでしょうが、仮にすぐ連絡が着いたとしても「もう貸したくない」という思いになるのは致し方ありません。

銀行はお金を貸すことが仕事です。

お金を貸し出し、それに対する金利や手数料で利益を生んでいるわけですから、お金を貸し出さないことには存続自体が難しくなってしまいます。

しかし、貸したお金が返ってこないことはさらに大きな問題です。

いくら貸すことが仕事だといっても、それはあくまでも「返済される」という大前提があってこそです。

銀行からお金を借りる人は、「必ず返します」という約束の下でお金を借りているわけですから、その約束(期日、金額)を守らなかった場合は色を付けて返済するのは当然のことでしょう。

厳密な説明をするともっと細かい話になってしまいますが、要するに“遅延損害金とは「返済が遅れてごめんなさい」という意味合いで支払う(求められる)お金”です。

元々の利息とは別で、いくら支払っても返済への影響はありません。

何よりも、高い金利が発生するため「無駄」以外の何物でもありません。

返済が難しいからと延滞してしまうとさらに首を絞めることになり兼ねません。

また、それ以外にも「信用情報機関ネガティブな情報が掲載」される可能性もあります。

信用情報に傷が付くと起こる事

1日や2日の返済遅延がすぐに信用情報に傷をつけるというわけではありませんが、3日以上延滞した場合はその事実が信用情報機関に登録されてしまう可能性があります。

実際にどの程度の期間延滞することで登録されるのかは分かりません(状況による)が、少しでもリスクを回避するために延滞しないことが大切です。

信用情報機関にネガティブな情報が登録されるとどういった影響があるのかというと、たとえば次のようなものです。

他のカードローンの審査にも悪影響

カードローンを利用するためには、必ず審査があります。

審査での評価項目や評価基準はカードローン業者によって異なる可能性がありますが、“信用情報機関にある情報を照会する”という点は共通しています。

信用情報機関にはさまざまな情報が登録されていて、そのうち

  • 「債務件数と債務総額」
  • 「返済状況」
  • 「情報照会履歴」

などを見て審査の位置基準として活用されるため、ここで返済遅延や延滞といったネガティブな情報が確認できると融資を見送られてしまう可能性が高くなります。

これらの情報は、延滞などの状態が継続している最中、および状態が解消されたあと5年程度は保存され続けるため、最悪の場合は5年以上新しい契約が結べなくなってしまうこともあります。

当然ですが、クレジットカードも同様なのでカードローン・クレジットカードの申込みができなくなると考えておきましょう。

第三銀行カードローン【サン】の限度額が減らされる可能性

返済の遅延が度々繰り返された場合、利用できる限度額が引き下げられてしまう可能性があります。

契約時の審査によって限度額が決まりますが、遅延や延滞が起こる=限度額が返済能力に見合っていないと判断されることがあります。

たとえば、50万円まで利用できたものが10万円までという具合で一気に下がってしまうことが多いです。

こうなってくると、使い勝手が変わってくるのが想像できますね。

借りられる金額が減って不便を感じることはあると思います。

第三銀行カードローン【サン】の利用停止

遅延や延滞が多い利用者は、完済するまで追加の借り入れができない状態になることがあります。

完済することでこの状態は解消できる場合もあります。

しかし、あまりに著しく返済の問題が起こる場合は強制解約となり、債務の一括清算を求められることがあります。

他のカードローン、クレジットカード、第三銀行カードローン【サン】の利用ができなくなると今後は急な出費、事故、病気、冠婚葬祭などの状況で自身の預貯金から支払うしか選択肢がないわけです。

非常に不便な状況が容易に想像できますね。

絶対にカードローンの返済日は厳守しなければなりません。

「それは分かっていても、どうしてもお金がなくて返済が厳しい」

そんな方のために今すぐできる対策をご紹介します。

返済延滞対策はコレ!今すぐにやるべき事まとめ

返済を延滞しそうな状況になってしまう前に対策を講じることが必要ですが、延滞してしまってからでもできることはあります。

ポイントは「返済するための現金を手に入れること」ですが、それに加えて「継続的に返済ができる状態にすること」も必要です。

対策1:財産を処分する

財産といっても不動産などを指しているわけではありません。

たとえば

  • 「ゲーム」
  • 「スマートフォン」
  • 「商品券」
  • 「パソコン」
  • 「衣類」

など必須ではなくある程度お金になりそうなものを売却して現金を作ります。

リサイクルショップやオークション(メルカリやヤフオクなど)、質店などが選択できます。

状況次第ですが、それこそ自動車や土地などが売却できるのであれば、それをして一気に債務を軽減してしまっても良いでしょう。

対策2:家族や友人などから借りる

金額にもよりますが、「個人から借りる」ことで対応できるのであれば非常におすすめです。

たとえ親族でも「お金を貸して欲しい」と言うことは抵抗を感じるかもしれませんが、そうすれば金利や遅延損害金が発生しないうえ、信用情報機関にネガティブな情報が登録され続けることもなくなります。

ただ、人間関係が壊れる可能性がありますし、周りの人間にお金の貸し借りの事実をバラされる可能性が常に付きまといます。

覚悟が必要です。

対策3:追加で借り入れを希望する

第三銀行カードローン【サン】から、さらに返済するためのお金を借りるということです。

一応はその時点で遅延や延滞の状態を解消できます。

ただ、その時点で返済を遅延または延滞しているところで追加借り入れができる可能性は低く、別のカードローン業者なども信用情報機関の情報から敬遠される可能性が高いので簡単ではありません。

もしも返済できなくなってしまいそうだと感じるならば、なるべく早めに契約してプールしておいた方が賢明です。

対策4:おまとめローンなどを含めて「借り換え」なら状況を改善しやすい

「プロミス」のおまとめローンならば、その時点で負っている債務をすべてリセットできる可能性があります。

銀行系カードローンと比べると金利は高くなってしまう可能性もありますが、おまとめローンは複数あるローンをプロミスにまとめて、あなたの不安や負担を軽減させてくれます。

月々の返済計画の見直しをして、今のあなたに最適な返済プランを提案してもらえます。

返済が滞っている状態をいったんリセットし、再び返済プランを構築しなおすことができますよ。

プロミスのおまとめローンならば総量規制の影響もなく、即日融資の可能性もあるので即効性にも期待できるおすすめの選択肢です。

プロミスのおまとめローンのポイントは3つあります。

プロミスのおまとめローン3つのポイント

  1. 現在借入ているローンよりも低金利での借入で毎月の返済額・金利負担が減らせる
  2. 返済日は毎月1回なので返済の管理が簡単。もちろん追加の返済も可能
  3. 段階的に借入残高が減少していく

しかもプロミスは新規申込の方なら30日間無利息サービスもあります。

今の状況をプロミスに相談すれば、どの商品・サービスを利用するのが最適なのかオペレーターが親切に対応してくれますよ。

プロミスに相談して不安な日々を終わりにできます。

■プロミスカードローンをおすすめする理由

  • 30日間無利息サービスあり(申込時にメールアドレスとWeb明細登録必須)
  • 50万円以下なら収入証明書不要で手間が少ない
  • 3項目入力で3秒お借入診断可能
  • Web契約なら最短即日融資可能

※ お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス