千葉銀行カードローン返済延滞は絶対にしてはいけません。その理由と返済遅延対策を分かりやすくまとめました。

詳しくは本文にて解説しているので、より詳しく知りたい方はこの記事をしっかりと読んで対策してください。

遅延と延滞の違いは何ですか?
どちらも返済が予定より遅れた場合を指します。遅延は新たに再設定した返済日を守れた場合、遅延は再設定した返済日を守れなかった場合です。
千葉銀行カードローンの返済遅延をするとどのようなデメリットがありますか?
遅延損害金の支払いが発生し、信用情報に金融事故の記録が残ります。信用情報は全国の金融機関で情報共有されますので、最低5年間は他のカードローンやクレジットカードの審査に通らなくなります。
信用情報に傷が付くとどうなりますか?
他のカードローンやクレジットカードの新規審査が通らなくなります。千葉銀行カードローンの限度額を減らされたり、最悪の場合は千葉銀行カードローンの利用を停止されます。
返済延滞しないためにどうすればいいですか?
延滞しないように他のカードローンから一時的にお金を借りる対策があります。無利息期間サービスを利用すれば利息の支払いが発生しないので効率的です。

千葉銀行カードローンの返済延滞は1日でも危険です。

今すぐすべきことことを当記事で解説していきます。

遅延と延滞は大きな違いがある

銀行カードローンなどを利用していると、返済日までに口座へ入金するのをうっかり忘れてしまったり、予定外の急な出費で返済日にお金が足りず返済できなかったりという状況に出くわすことがあると思います。

そういったときに気になるのが、「返済が遅れたことでブラックリスト入りしてしまうのか?」ということではないでしょうか。

実は返済の遅れには大きく分けて「遅延」と「延滞」2種類があり、そのどちらなのかによってブラックリストになってしまうかどうかが変わってきます。

そこで、まずは遅延と延滞の違いについて説明していきます。

遅延と延滞は、両者とも返済の遅れを意味しているのは同じですが、返済が「どれくらいの期間遅れたのか」によって使い分けられています。

遅延とは

まずは「遅延」についてです。

カードローンの返済日に返済がされなかった場合、通常はカードローン事業者から利用者へ連絡が入り、新たな返済期日や再引き落とし日などが設定されるという流れになります。

この新たに設定された返済日までに返済をした場合、「遅延」という扱いになります。

「本来の返済日から数日遅れてしまったけれど、業者に指定された新たな返済日を守って返済した」という状態です。

延滞とは

それに対して「延滞」とは、事業者から指定された新たな返済日にも間に合わず、それ以降も返済が遅れた状態のことを指します。

ただしどの段階から「延滞」とするかは事業者によって定義が異なり、返済日から61日以上または3ヶ月の遅れが延滞として扱われる場合もあれば、2ヶ月以内の遅れであっても延滞とされる場合もあります。

利用する側にとっては、遅延と延滞はどちらも返済が遅れた状態として映り、違いが無いように思われるかもしれませんが信用情報機関ではこの二つのうちどちらなのかによってその後の対応が変わってきます

「遅延」のような少しの遅れであれば、カードローン事業者から信用情報機関へ報告されないことも多いです。

しかし返済の遅れが2ヶ月以上にも渡り「延滞」として分類された場合は、その情報が信用情報機関にも「金融事故情報」として報告され、しっかりと信用情報に記録されることになります。

利用者側としては仮にうっかり返済日に遅れてしまったら、すぐに対応をして延滞にならないようにすることが大事です。

千葉銀行カードローン返済延滞は1日でも危険?

上で遅延と延滞の違いについて紹介しましたが、そのどちらなのかに関わらず、千葉銀行カードローンで返済が1日でも遅れると利用者にとってはデメリットにしかなりません。

まず、返済が1日でも遅れると、遅延損害金が発生する可能性があります。

遅延損害金とは、レンタルCDショップでいう延滞料のようなもので、一言で言うと返済の遅延に対する罰金です。

カードローン事業者によって、延滞利息・損害遅延金・延滞損害金など呼び方は様々ですが、同じことを指しています。

この遅延損害金は、返済の遅れが長引けば長引くほど支払額が増えていきます。

カードローン自体で利息を支払っているのに、さらに遅延損害金も払うのは、利用者にとっては負担が増えるだけでメリットは一切ありません。

さらに、前項で「延滞になってしまうと信用情報機関に金融事故の記録が残る」と紹介しましたが、数日の遅延の場合も絶対大丈夫とは言い切れません。

利用者の利用状況によっては、ほんの少しの遅れであってもブラックリスト入りしてしまう可能性はゼロとは限らないのです。

一例ですが、返済が常習的に数日遅れているような人の場合は、何処かのタイミングで信用情報に記録されてしまう可能性は十分にあります。

信用情報機関に記録が残るかどうかはローン事業者の判断によるものなので、利用者としてはとにかく返済日をしっかりと守るようにすること、そして万が一遅れてしまった場合はすぐにカード会社に連絡を入れることが大事です。

なぜここまで気にする必要があるかというと、「信用情報に傷がついた」と言われる状態になってしまうとさまざまなデメリットがあるからです。

信用情報に傷が付くと起こる事

1度でも信用情報に傷が付くと、その後カードローンなどを利用する上で大変不利な状況になってしまいます。

そもそも信用情報とは何かというと、あなたが利用したローンやクレジットカード、カードローンなどにまつわる全ての情報をデータベース化したものです。

このデータベースには、利用者がカード会社と交わした契約や借入額、返済などに関する情報が細かく記録されています。

そしてローン事業者などの金融業者は、このデータベースの情報に基づいて申込者の状況を審査の判断をおこなっています。

もしこのデータベースに「延滞」などの情報が乗っていたとき、つまり「信用情報に傷が付いている」状態だった場合、ローン事業者にとってはお金を貸すことの不安材料にしかなりません。

このことから、信用情報に傷が付くと利用者はローンの利用を制限されることになります。

具体的には、信用情報に傷が付いたときにまず起こり得るのが他のローンの審査への悪影響です。

つまり、ローンを申し込んでも申請が通らない、ローンが全く利用できない状態になってしまうのです。

これはカードローンの申し込みに限らず車や家を購入するときのローンなどにも同様に影響するため、その後の生活において多大な不便を強いられることになってしまいます。

またそれ以外にも、信用情報に傷が付くことで使用中のカードローンの限度額が減らされたり、最悪の場合カードの利用が停止されたりする可能性もあります。

しかも一度でも信用情報に延滞の記録が載りブラックリストに入ってしまうと、該当の延滞を返済した後も最長5年間はその記録は消えず、悪影響が続くことになってしまいます。

以上のことから、信用情報に傷がつく事態はなんとしても避けるのが重要です。

返済延滞しないための対策

しかしそうは言っても「予定外の急な出費により一時的にお金が足りず、今月分の返済に間に合わない」というようなことは起こりえます。

そんなときの対策としておすすめなのが、「プロミスから一時的に借入して返済に充てる」という方法です。

何故かというと、プロミスでは初めての利用者の場合に30日間の無利息期間があるためです。

カードローンの返済で一時的に足りなくなった額をプロミスからの借入で返済し、その後30日間以内に給料日などの収入分からプロミスへ返済を行えば無駄な利息を払わず且つ一切の遅延をすることなく返済を行うことができるのです。

すでに複数社から借入している場合などは、さらに追加でプロミスを利用できるのか不安に思う方もいるかもしれません。

そういった場合でも総量規制に引っかかっていなければ問題ありません。

総量規制とは2010年の貸金業法の更新とともに設定された規制で、その内容は「金融業者からの貸付を利用者の年収の1/3までに制限する」というものです。

例えば年収が300万円の人の場合は、総額100万円までであれば借り入れることができるということになります。

複数社から借入れている場合も、現在借入している金額とプロミスからの借入額の合計が年収の1/3までであれば、問題なく借り入れることができます。

またプロミスならweb申し込みにより最短一時間で融資も可能なため(利用者の状況によって融資までにかかる時間は異なります)、カードローン返済日の直前に気づいた場合でも対応できる可能性が高いです。

ただし当然ながらこの方法の場合も、それまでにしっかりとした返済をしていることが重要です。

一度信用情報に傷がついてからでは審査が通らなくなってしまうため、この「一時的にプロミスを利用する」という方法も使えなくなってしまうからです。

これまで月々の返済をしっかりしてきた人であれば問題なく借入できるので、安心して利用することができます。

■プロミスカードローンをおすすめする理由

  • 30日間無利息サービスあり(申込時にメールアドレスとWeb明細登録必須)
  • 50万円以下なら収入証明書不要で手間が少ない
  • 3項目入力で3秒お借入診断可能
  • Web契約なら最短即日融資可能

※ お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 遅延と延滞には大きな違いがあります
  • 遅延は新たに設定した返済日までに返済をした場合を意味します
  • 延滞は新たに設定した返済日までに返済ができなかった場合を意味します
  • 返済ができない場合はすぐに相談をするなどして対応し、延滞にならないようにすることが重要
  • 千葉銀行カードローンで返済延滞を1日でもすると以下のペナルティがあります
    • 遅延損害金の支払い
    • 信用情報に記録される
  • 信用情報に記録されると起こる事は以下の通りです
    • 他のカードローンの審査に通らなくなる
    • 千葉銀行カードローンの限度額を減らされる
    • 千葉銀行カードローンの利用が停止される
  • 返済延滞しないための対策として他のカードローンから一時的に借入をする方法がある
  • プロミスなら30日間無利息で申込みから最短1時間で融資を受けることが可能です

カードローンでは月々の返済額をしっかりと確認・計画を立て、危ない場合は早め早めに対応することが大事です。

信用情報を傷つけることなく、賢く千葉銀行カードローンを活用しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。