• 自動車税が支払えない
  • 自動車税を滞納してしまった
  • 延滞金がかかるって本当?
  • 納税期日後ならお金が入って納税できるのに
  • 自動車税を滞納すると差し押さえされるの?
  • 相談すれば免除されるの?
  • 車検に影響があるの?

様々な出費が重なり、自動車税の支払いが難しいという方は少なくありません。

当記事では、そのような時の対処法やNG行動、相談先などを詳しく解説していきます。

自動車税をどうしても支払えないです。どれくらい滞納できますか?
滞納は1日でも短い方がいいです。まず、納税しないと車検ができません。そして延滞金が発生します。滞納するくらいなら、お金を借りてでも支払いをすることを強くおすすめします。最悪の場合、車や銀行預金を差し押さえされます。
どうしても自動車税の支払いができません。誰に相談すればいいですか?
管轄の税務署や自動車税コールセンターに相談できます。ただ、支払いは絶対にしなければいけません。
自動車税を支払うためにどこでお金を借りればいいですか?
親戚か友人、大手カードローンが安全です。

自動車税とは?

自動者税とは自動車の所有者にかかる税金のことです自動車の所有者に対してかかるものなのでレンタカーやカーシェアの利用者にはかかりません

自動車税のかかる時期は毎年4月1日ですその時点で車検証上自動車を所有していれば自動車税が発生します

このように自動車税は所有期間ではなくて車検証上の自動車所有時期に対して発生するものなので自動車の購入を23月で検討している場合4月1日以降とすれば節税につながります

支払いの期限は5月末日決まっているので対称となった場合は忘れたままにしないように早めに対応することが大切です

自動車を所有すれば自宅からの移動が基本となるので道路の使用は欠かせないですよね自動車税はそういった道路の使用や整備費としての税金となります

滞納は可能?

結論から言いますと、滞納しても納税は可能です。

しかし、滞納するデメリットはありますので自動車税は4月5月の間に納税して納税通知書をきちんと保管しておくのが理想的です

ただし、滞納してしまうと車検に影響が出る可能性がありますので、期限内に支払いのが効率的です。

※車検に必要な書類の一つに納税通知書(自動車税を納めて発行される)があるからです

しかし仕事が忙しいまたはまとまった現金の用意が難しいなどの理由で期間内に納税できない場合もあるでしょうそういった場合滞納しても納税は可能です

ただ収める税額が増えてしまうなどデメリットがあるので注意が必要です

自動車税を延滞するとどうなる?

自動車税を延滞すると以下のようになります。

自動車税を延滞した時に起こること

  1. 車検に影響がでる
  2. 延滞金が発生する

それぞれについて解説していきます。

1.車検に影響がでる

車検に必要な書類の一つに納税通知書(自動車税を納めて発行される)があります。

なので納税しないと車検ができないという事態が起こります。

自動車税を延滞している上に車検も受けられない・・・・そんな状況は避けたいですね。

車検を受けないと起こることはこちらで確認できます。

2.延滞料が発生する

自動車税を滞納すると延滞金が発生します

つまり、通常納める自動車税以上の納税必要となってまいすまたその延滞金は延滞した期間に応じて増えることが決まっています

延滞金の額や詳細は年度ごとや都道府県によって異なる場合があるので詳細の確認は各都道府県で行うことをおすすめします

では、どうしても自動車税を支払えない場合の相談先と絶対NGな行動を解説していきます。

どうしても支払えない場合の絶対NGな行動

絶対にNGな行動は、自動車税の通知や督促を無視し続けることです

何もアクションをしなければ悪質な滞納者と認識されてしまいかねませんさらに滞納が数年の長期に渡ると車や銀行預金が差し押さえられてしまうリスクがあります

銀行預金や自動車の差し押さえは生活そのものを脅かす可能性がありますよねではそういった事態を避けるためにはどのような行動を起こすべきなのでしょうか

どうしても支払えない場合の相談先

ここまでの内容で自動車税を滞納するデメリットをお伝えしましたが金銭的に余裕がなく自動車税が滞納となってしまうケースは珍しい話ではありません

では自動車税を支払えない場合はどうすればいいのでしょうか?

当サイトでは、以下に相談することをおすすめします。

自動車税を支払えない場合の相談先

  1. 管轄の税務署
  2. 自動車税コールセンター

それぞれについて解説していきます。

1.管轄の税務署に相談する

対処方法の一つは管轄の税務署に相談することです

相談の結果どうなるのかは個々の状況や地域によって異なる可能性があります。

まとめての支払いが難しいという状況なら、分割払い応じてもらえる可能性があります

例えば3000CCを越える車両であれば支払い金額は6万円を上回りますこの金額を毎月の家賃や光熱費の支払いがある同時に支払うとなればその月の出費はかなり大きくなってしまいます

これはあくまでも一例ですがこのような事情をきちんと説明して支払いの意思を伝えておくことが大切です

そうすれば分割払いなど現実的に対応可能な対処方法を提示してもらえる可能性があるからです

しかし税務署に相談すれば何もかもが思い通りになるわけではありません

例えば滞納金を支払いたくない相談に行ったとしてもそれを受け入れてもらえる可能性はほぼゼロです

5月末日までに自動車税を支払えないのであれば滞納金が発生することをまずは受け入れてその上で相談することをおすすめします

もちろん分割払いに応じてもらえることができればその金額を支払い期間に応じて支払うことも大切です

分割払いに応じてもらってその支払いも滞納してしまうと差し押さえのリスクがまた出てきてしまうからです

2.自動車税コールセンター

納税期日前に支払いが難しいと判断した場合は税務署以外にも自動車税コールセンターに相談するのもいいでしょう

自動車税コールセンターは都道府県によって設置の有無が異なりますが東京都や埼玉県など比較的人口が多い都道府県には設置されている傾向があります

滞納前に自動車税コールセンターに相談すれば分割を含めた何かしらの対応方法が明確になる可能性があります自動車税を滞納しそうになった時は、各都道府県の自動車税コールセンターへの相談もおすすめです

1と2のデメリット

ただしこのような相談をすることにはデメリットがあることも理解しておくことが大切です

それは相談によって分割支払いが決まった後で臨時収入などで支払い目処がたった場合です

そうなった場合分割のままで支払うのかまたは一括払いに戻してもらえるかなど再度相談が必要となる可能性がでてきてしまいます

そのようなデメリットを避けたい方は以下の方法で自動車税を工面するおとをおすすめします。

自動車税を工面する方法

  • 管轄の税務署や自動車税コールセンターに相談しに行くのは避けたい方
  • もう少ししたらお金が入る方
  • あと少しお金があれば納税できる

これらに当てはまる方には、以下の方法でお金を工面しましょう。

自動車税を工面する方法

  1. メルカリやヤフオクなどのオークションで自宅の物を販売する
  2. 親や親せき、友人からお金を借りる
  3. 単発アルバイトをする
  4. カードローンから一時的にお金を借りる

それぞれ解説していきます。

1.メルカリやヤフオクなどのオークションで自宅の物を販売する

プレミアのあるグッズや人気の商品、または手作りが得意な方はこの方法でお金を稼ぐことが可能です。

しかし、思っていたより売れない場合もありますし、登録や発送など面倒に感じる方はいるでしょう。

運が悪いと取引相手の悪質な行為によって面倒な事態に巻き込まれる可能性もゼロではありません。

2.親や友達にお金を借りる

当サイトで一番おすすめできない方法です。

お金の貸し借りで人間関係は簡単に壊れます。厳密に誓約書を作成しても人間関係が壊れることは珍しくありません。しかもお金を借りている事実を周りに話される可能性が付きまといます。

この方法は最終手段にしましょう。

ただ、利息や支払期限については融通がきくのはメリットと言えます。

3.短発アルバイトをする

人間関係を壊さずに、堂々とお金を稼ぐことができるのは短発アルバイトです。

しかし、本業が既にある方は副業をするということになるので業務規則を確認し違反にならない働き方をする必要があります。

また、短期アルバイトは当日払いの場合やお給料日が設定されている場合など現場によって異なります。

特に業務規則に違反して職場に居られなくなるような事態は絶対に避けましょう。職場によっては非常に厳しいので甘く見てはいけません。

4.カードローンを一時的に利用する

誰にも迷惑をかけず、誰にも知られずにまとまったお金を手に入れる方法が”カードローンを一時的に利用する”です。

大手カードローンなら30日間、利息なしでお金を借りられるサービスがあります。利息なしとは、無駄なお金を支払わずにお金を借りることができるということです。

借入も銀行振込やコンビニのATMで気軽に行えるので周りの人にバレずにスムーズです。

カードローンを利用し、速やかに自動車税を支払えれば差し押さえや車検を受けられなくなる心配もありませんね。

カードローンの返済は自分のペースが可能です。

プロミスの30日間無利息サービスがおすすめ

テレビCMでお馴染みのプロミスなら有名です。多くの初心者が最初に利用するカードローンと言えばプロミスです。

プロミスには30日間無利息でお金を借りることができるサービスがあります。

(申込時にメールアドレスの登録とWEB明細の利用をすることが条件ですが簡単なのでご安心ください。)

一時的にプロミスを利用して税金の支払いを済ませ、30日の期間内に返済を済ませれば利息を支払わずに借りた分だけの返済で済みます。

30日間で返済ができなくても、少しずつ返済を行えば問題ありません。税金を支払えないで不安な気持ちでいるより、堂々とカードローンを利用する方が気持ちが楽な方は多いと思います。

■プロミスカードローンをおすすめする理由

  • 30日間無利息サービスあり(申込時にメールアドレスとWeb明細登録必須)
  • 50万円以下なら収入証明書不要で手間が少ない
  • 3項目入力で3秒お借入診断可能
  • Web契約なら最短即日融資可能

※ お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 自動車税とは、自動車の所有者にかかる税金のことです
  • 支払いの期限は5月末日です
  • 自動車税の滞納は可能です
  • 滞納すると以下のデメリットがあります
    • 車検に影響がある
    • 延滞金が発生する
  • どうしても支払えない場合も通知や催促を無視するのはおすすめしません
  • 支払いをしないと差し押さえされる可能性があります
  • 自動車税を支払えない場合は以下に相談しましょう
    • 管轄の税務署
    • 自動車税コールセンター
  • しかし相談すると、臨時収入などがあった場合もその都度相談する必要があります
  • 自動車税を工面する方法は以下です
    • オークションに出品する
    • 親や親せきに借りる
    • 単発アルバイトをする
    • カードローンでお金を借りる

差し押さえは絶対に避けましょう。

そして滞納も延滞金が発生するので期限内に支払いましょう。

自動車税は毎年支払わなければいけません。

どうしても支払いが厳しい方は、今年は当サイトでおすすめの方法で工面して、自動車税が減らせるように車を変えるなどをして来年に備えましょう。

今の生活を守るために、誠実な対応をしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。