「今借入している銀行とは別の銀行のカードローンを申し込みたい」

「複数のカードローンを契約しているために、別銀行・別口座の資金をすべて把握するのに限界を感じる」

このような悩みを抱えている方は少なくありません。

当記事では、複数の銀行・カードローン会社から借入をしたい場合、逆に複数の借り入れをまとめたい方が気を付けることをまとめました。

別の銀行から融資を受けている場合の審査は厳しい?

結論から言いますと、この場合カードローン審査は非常に厳しいです

一般的に現時点で別の銀行から融資を受けている方が、新規にカードローン審査に通過するのは難しいです。

全く不可能ということではありませんが、もしこの状況下でカードローンに申し込みをしたとしても審査に通過できないか、あるいは希望していた金額よりもかなり低い金額での契約になることが予想されます。

不可能と断言できないのは、総量規制というルールに理由があります。

総量規制は国が定めたルールで、年収の1/3を超えるカードローンなどでの借り入れを制限するというルールです。

ちなみにこのルールはカードローンなど、いわゆる銀行以外の無担保融資業者からの借入のみでカウントすることになっています。

例えば年収が300万円の場合、総量規制で借りられる金額は上限100万円となります。

消費者金融のAで20万円を借り、消費者金融のBで50万円を借り、さらに信販会社のCで30万円を借りている場合は合計100万円となりますので総量規制に引っかかる状況であるというわけです。

しかし、貸主が銀行である場合や一部の有担保ローン・目的ローン・おまとめローンなどは総量規制の対象外・あるいは例外規定とされているケースがあります。

この場合、A銀行から仮に100万円をすでに借りていたとしても制度上はカードローン会社からさらに融資を受けることが可能です。

ただし、カードローン会社側は銀行からすでに融資を受けていることを個人信用情報機関に問い合わせた上で把握しています。

そうなるとカードローン会社側としては、相手が銀行であっても総量規制の基準に達するレベルで借入を行っている人に新規の貸付を行うのは避けたいという心理が働きます。

そこで「総量規制の関係でお断りします」というよりは「総合的な判断で今回は融資を見送ります」といった回答をすることになるのです。

  • 別の銀行から融資を受けている場合、審査は厳しくなります
  • 審査に通った場合は、かなり低い限度額になることが多いです

他社からの借り入れの嘘はバレる?

結論から言いますとバレます。

そしてバレると、ほぼ確実に審査に落ちます

カードローンや借金の申し込みをする際、よく他社借入に関して何件の借入があり、合計いくら借りているのかと申告する欄があります。

この申告欄に、何らかの見栄・あるいは審査に通りたい一心で借入の件数や金額をサバ読んでしまうケースが後を絶ちません。

このようにして他社からの借り入れについて虚偽の申告をするとどうなるかというと、100%バレます。

例え、申し込みの銀行と別の銀行の別口座で契約していてもバレます。

というのも貸付審査にあたっては、どの業者も個人信用情報機関に申込者の借入状況や返済状況について確認を行うことが義務付けられているからです。

個人信用情報機関には今までの借入やローン契約、あるいは分割契約など全ての支払い状況や契約状況が記載されており、ここに問い合わせを送ることで本人の申告よりもある意味正確に借金状況が分かるようになっています。

信用情報機関に保存されている情報と本人の申告に食い違いがある場合、例えば借入件数があっていて借入金額が20-30万円程度の食い違いであれば、個人信用情報機関に情報が更新されるタイムラグの間に一部返済をしているなどの理由も考えられるため問題にならないことがほとんどです。

しかしこれ以上の範囲で食い違いが出てきたり、そもそも借入件数自体に大きな食い違いがあると虚偽申告をする申込者に対してお金を貸付けることはできない、ということで審査否決になります。

場合によっては、審査担当が申込者に対してもう一度だけチャンスを与えるというような感じで借り入れの件数またはその金額について問い合わせを行うことがあります。

この時にきちんと修正申告を行うことができれば、この場合は通常通り審査が進むケースもあります。

  • 虚偽の申告はバレます
  • そして審査に落ちます
  • 借入件数や金額をサバ読んでしまうと虚偽の申告としてとらえられます
  • カードローン会社は個人情報機関の情報をチェックして審査をします

複数の借り入れを1社にまとめるメリット

すでに複数のカードローン会社から借り入れがありこれ以上の借り入れができそうにないという場合や、なんとか借金を一本化してしまいたいという場合に使えるのがおまとめローンです。

おまとめローンは文字通り借金をおまとめ、つまり一本化するために設けられている制度です。

先ほどから登場している総量規制についても、おまとめローンはこの規制を受けないという例外規定がなされています。

つまり年収の1/3以上の借り入れを、おまとめローンであれば行うことができるというわけです。

これはきちんと法令で「借り手側が一方的に有利になるような借り入れの場合は総量規制の例外とする」というルールがあることで実現しています。

おまとめローンを使うことにより、今まで毎月10日と20日と末日に返済をしていたようなケースでも毎月一回の返済でOKとなります。

このため資金繰りや返済の管理が非常に楽になるという特徴があります。

毎月何度も返済日がやってきていてはスケジュールの管理は精神的な負担もかなり大きなものになりますが、これが月一回の返済だけでよいとなると大変楽になるものです。

またおまとめローンの場合は利息が今までの借入よりも低くなるケースが往々にしてあることから、毎月の支払額も物理的に抑えることが可能となるケースがほとんどです。

債務整理などを行う前に一度、このおまとめローンなどに申し込みをして借金を一本化することで、家計の見直しや返済総額の見直しなどを図ることができるケースもあります。

特に100万円を超える借入を行っている場合は、おまとめローンを使うことにより毎月の返済総額を数千円から1万円単位で削減することができるケースもあります。

現時点である程度の借り入れがある方については往々ローンを検討していきたいところです。

  • 複数のカードローンを1本化できるのがおまとめローンです
  • これまで毎月何度も返済を行っていたのが、月に1度の返済で済むので管理が楽になります
  • 利息も低くなるケースが多いので毎月の支払額も抑えることが可能になってきます

おまとめローンがあるカードローンはココ

おまとめローンを取り扱う業者は様々は存在しますが、一番代表的な商品がアイフルのおまとめローン「おまとめMAX」です。

こちらの商品は過去にアイフルの利用がある人などが主な対象で、返済期間を最大10年と余裕を持って設定することができるようになっています。

また連帯保証人や担保なども不要で申し込むことができ、 何より大手カードローン会社だからこその柔軟な審査対応力とブランド力があります。

その他様々な業者でおまとめローンを展開していますが、申し込みに先立って必ず確認しておきたいのはきちんと「貸金業法に基づくおまとめローンであることが明記されているかどうか」というポイントです。

ごくまれにおまとめローンあるいは「おまとめ」などとうたっておきながら、実際には単純な貸金契約であることがあります。

この場合は総量規制の上限以上に貸し付けることができない契約であり、さらに場合によってはいわゆる闇金などの可能性もありますので注意が必要です。

またおまとめローンといえども審査が全くないということではありませんので、審査なしで貸し付けますとしている業者についてはほぼ100%闇金と疑って間違いありません。

絶対に手を出さないように気をつけましょう。

なお、おまとめローンにあたってはほとんどの場合担保の提供は必要ないとされています。

担保の提供が必要な場合でも、貸付の前に担保の引き渡しをするように要求したり、あるいは持ち家の登記を変更するように持ちかけるケースはまずありません。

特に不動産登記などのキーワードが出てきた場合には、きちんとどういった業者に申し込みをしているのかを確認したり、相手の業者が貸金業登録を持っているかどうかなどについても確認しておくようにしましょう。

  • 代表的な商品がアイフルの「おまとめMAX」です
  • 「おまとめMAX」は返済期間が最大10年に設定されています
  • 連帯保証人や担保も不要です
  • おまとめローンを探すときに「貸金業法に基づくおまとめローンであることが明記されているか」必ず確認しましょう
  • くれぐれも闇金に頼らないようにしましょう
  • 審査なしの業者は疑いましょう

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 既に別の銀行から融資を受けている場合、審査は厳しくなります
  • もし審査に通っても限度額は低めになる可能性が高いです
  • 虚偽の申告はバレます
  • 借入件数や金額は正確に入力しましょう
  • カードローン会社は個人情報機関で他社での借入などもチェックできます
  • 複数のカードローンを1本化できるのがおまとめローンです
  • お金の管理も返済も楽になります
  • 利息が低くなるケースが多いので毎月の支払額も抑えられます
  • おまとめローンは大手の安心商品を選びましょう

複数の借り入れを抱えていると、別の銀行・別口座の残高や返済すべてを把握しなければなりません。

それは非常に大変なことです。

借入はなるべく1社に絞り、管理や返済を楽にして遅延などをしないようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。