<青森銀行>あおぎんカードローンの返済延滞時の対処方法まとめ

「返済日の直後の給料日なら返済できるんだけどな…」

「急なトラブルで返済を忘れていた!」

カードローンの返済期日はどのような事態でも厳守すべきです。

もし、返済が遅延してしまった場合は遅延損害金を支払う義務が発生し、他にも様々な不便が生じてくる可能性があるあります。

「少しくらい大丈夫」と思っていたら、大変なことになります。

当記事では返済期日が守れない、そんなピンチにどうすればいいのかを解説していきます。

遅延損害金とは?

遅延損害金とは、利用者が返済期日までに、お金を返さなかった時に発生する損害賠償金のことです。

つまり、返済期限内に返済ができない場合は借りた金額+利息+遅延損害金を請求されます。

例え、利用者があおぎんに返済期日前に返済が出来ないという相談をしていても遅延損害金はきっちり発生します。

あおぎん銀行カードローンの遅延損害金計算方法

あおぎん銀行カードローン遅延損害金の利率は14.5%で加算されます。14.5%という利率は他の銀行系カードローンと比較しても、決して高くはない数字と言えます。

しかし、本来払う必要がなかった支出です。しかも遅延損害金というのは、「油断して気付いた時には高額に」という場合が少なくありません。遅延損害金の支払はなんとしても避けたいですね。

次に、遅延損害金の計算方法は以下の通りです。

遅延損害金の計算方法

[借入金額]×[遅延損害金年率14.5%]÷[365日]×[各回の返済期日後の経過日数※]

※返済期日の翌日より遅延が解消した日までの日数

計算式だけでは、イメージしにくいので具体例で説明していきます。

具体例①

  • 借入金額30万円
  • 遅延損害金年率14.5%
  • 遅延日数10日

この場合の遅延損害金は以下のように算出します。

30万円×14.5%÷365×10日 = 約1,191円

具体例②

  • 借入金額100万円
  • 遅延損害金年率14.5%
  • 遅延日数20日

この場合の遅延損害金は以下のように算出します。

100万円×14.5%÷365×20日 = 約7,945円

借入金額が多いほど、遅延損害金は高くなり、返済が遅れるほど遅延損害金は高くなっていくことがわかります。

遅延損害金は支払えばで解決できるので良いのですが、返済を延滞する代償は他にもあるので注意が必要です。

返済を延滞すると、非常に不便な思いをすることになる可能性があります。その内容について解説していきます。

銀行系カードローンを延滞する大きなデメリット

「まぁ、あおぎんが利用できなくなっても、他の銀行があるし…」と軽く考えていては、痛い目に遭います。

実は銀行系カードローンは総量規制の対象に入らない非常に貴重なお金を借りる手段です。

コラム 総量規制とは量規制とは

総量規制とは、借りているお金の合計が、年収の3分の1までに制限されるルールのことです。

つまり、アコムやプロミスなど複数のカードローン会社から総量規制限度額までお金を借りていて、もう後がないピンチでもあおぎんなどの銀行系カードローンからならお金を借りることができるわけです。

銀行系カードローンが利用できなくなるということは、今後の生活を不便で不安にすることが予想できます。

さらに悪い状況になる可能性も

銀行系カードローンであるあおぎんカードローンが利用できなくなると、非常に不便になることを述べてきました。

しかし、もっと不便な事態になる可能性もあります。

返済を遅延し、信頼を失うとクレジットカードの更新ができなかったり、ローンが組めなかったり、最悪の場合にはどのカードローン会社からもお金を借りることができないという状況になる可能性があります。そうなると必然的に不便な思い、恥ずかしい思いをすることが多くなります。遅延などの記録は最低でも5年間は記録が残ります。

返済の遅延は絶対に避けるべき行為です

では、どうすればいいのでしょうか?

どうしても返済が難しい場合

返済の遅延を避けるために、多くの方が選んでいる方法は、他キャッシング会社から少しの間お金を借りて、あおぎん銀行カードローンの返済を行うという方法です。

キャッシング会社によっては無利息サービスが用意されています。その無利息期間に返済を行えば利息を払う必要がありません。

よく考えてみてください。

あおぎん銀行だけでなく、世の中の全ての金融機関からの信頼を失い、どこからもお金を借りることができなくなるなんて不安です。そんな不安な生活を送らないためにも、少しの間他社を利用してピンチを乗り切りましょう。

時間が過ぎれば過ぎるほど、この手段も取れなくなります。最悪の事態を免れるために、今すぐ行動に移しましょう。

まとめ

当記事の内容をは以下の通りです。

当記事の内容まとめ

  • 遅延損害金とは、返済を遅延した場合に発生する罰金のことを指す
  • あおぎんの場合
    遅延損害金 = [借入金額]×[遅延損害金年率14.5%]÷[365日]×[各回の返済期日後の経過日数]
  • あおぎんカードローンのような銀行系カードローンは総量規制の対象外である
  • 返済を遅延した行為は記録され、最悪の場合はどこからもお金を借りることができない
  • どうしても返済ができない場合は他社カードローンを利用するなどして、最悪の事態を避ける
    • おすすめは無利息期間のあるカードローン(プロミスやアコム)です。>>詳細はこちら

何もせずにいるのでは解決しません。取り返しのつかない状況になる前に、早めに行動に移して解決に向かいましょう。

借金を経験した時にお世話になったからこそおすすめできるカードローン2017年版

プロミスカードローン

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
プロミスカードローンの特徴
  • 50万円以下なら原則収入証明書不要
  • 3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス有り(メアド登録とWeb明細利用登録必須)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 土日祝でも新規即日借り入れも可能
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから借入可能
page
promise
※30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります。

1万円など少額借りたいのであればこのカードローン

アコム

実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 1万円~800万円
融資時間 非常に早い
アコムの特徴
  • 初契約なら「30日間金利0円」※1
  • カンタンにできる3秒お借入診断あり
  • CMでもお馴染みの有名なカードローンなので安心
  • 1万円から千円単位でお金を借りれる!

アコムでお金を借りるにはこちら
※スマホだけでも申込可能です。
※1 申込時に返済期日を「35日ごと」に設定するだけでOKです。
サブコンテンツ

このページの先頭へ